子育て|中学受験:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・中学受験する学校の調べ方

子育て中の子供が中学受験をするのに、目標の受験校を与えないで、子供たちに、受験勉強を「頑張れ、頑張れ」と強いるのは酷な話です。
中学受験をすると決めたら、学校の情報収集が必要で情報をシッカリ掴んだ上で、「受験志望校」を決定する方がいいでしょう。

子育てで中学受験を子供にさせる親の中には、学校の情報収集もせずに、偏差値が上位の学校を無意識のうちに選んでいる場合が多いようですが、勉強をするのはあくまでも子供自身で、親の期待が先行するのは困ります。

受験する子供と十分相談してから受験校を決める作業を進めていかないといざという土壇場で子どもが駄々をこねる可能性は十分あります。子供の気持ちを酌んだ子育てとは、親子で納得した上で志望校を決めてあげることがいいのではないでしょうか。

受験する学校の調べ方、学校情報の集め方としては、次のような情報収集のポイントはどうでしょうか。

・学校説明会に参加することで直接、学校の状況を見ることができます。
・文化祭や、運動会に参加に参加してみて、学校の実状をみることができます。
次に、
・学校について知っている人、学校の在校生、卒業生にがっこうの状況を聞きます。
・塾の先生にその学校のことを聞きます。
情報収集のまとめとして、
・その学校のことを本で調べる
・インターネットで調べる
受験校の内容では次のようなことが判れば、受験校を決める資料になりますね。
    ・学校の特色や評判
    ・学校の難易度(偏差値)
    ・進学実績
    ・通学手段や時間
    ・授業料などの費用
学校の終了時間以降に学校から出てくる制服姿の生徒を見ると、学校のイメージが沸いてくるのではないでしょうか。


最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」「クレジットカードの用途とグレード」「育児と養育」「成人式のスーツと振袖」



btn115c.gif

posted by white33 at 10:27 | 子育て|中学受験

中学受験と親の心構え

子育てにおける中学受験は決して子供の頑張りだけに委ねるものでなく、ただ子供が難関を乗り越えればよいというものではありません。
中学受験においては、親の役割、親の責任親の存在は大きなものになってきます。そのことを中学受験はよく「親子と子の二人三脚」という言葉で表わされることがあります。

小学生である子どもが中学受験をするという大きな意思決定をすることができません。子供の中学受験の意志決定は当然、子育ての意識で親が主導権を握っています。従って、中学受験の親の心構えとして最も大切なことは、親の考えを押し付けないことです。

とかく目先のことにばかりに気がいって、ただただ受験にのめりこんでいき、子どもの将来のことに頭がまわらなくなる親が増えています。
親の希望、親の理想だけを押し付ける子育てでは、子供はいつかつぶれてしまいます。子供に中学受験を押し付けるのではなく、子供が自ら望むようにきちんとした説明をしてあげる子育てが大切です。

また、中学受験は親の見栄やプライドのためにするものではありません。子供のこと、子どのも将来のことをよく考えたうえで中学受験をするかどうかを決めるように心がけましょう。

そして、志望校を決めるにあたっても、お母さんのなかには、子どもの成功にのみ自分の存在意義を見出しているかのように、どんどんと受験にのめりこんで行き、より偏差値の高い学校に合格することだけが目的にしているようになってしまっています。

偏差値だけで学校を見ていたり、勉強の動機づけが"合格"だけになっていると、子供には、目的を持たないでつらく大変な中学受験になってしまいます。先々では、子供も目的意識を持てない大人になってしまう危険性さえもあります。

親の心構えとして、親のプライドや見栄のための中学受験ではなく子供の意思を尊重することを忘れないように心がけることが大切な子育てです。


最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」


btn115c.gif

posted by white33 at 10:35 | 子育て|中学受験

子育て・中学受験と面接のウエイト

中学受験は学力試験だけではなく、面接を実施する学校が減ってきてはいますが、未だ、大学附属校を中心に面接を試験に取り入れている学校も少なくはありません。

その場合、面接を子供だけで行うところもあれば、親が同伴する場合もあります。また、個別の面接の場合と3〜4人のグループによる面接があります。
中学受験で面接がある場合、受験対策で面接について情報を仕入れると共に面接の練習をしておくことが大切です。
できることなら、実際に面接を体験した卒業生や中学受験経験者に面接の様子を聞くことができればよいでしょう。
中学受験の面接対策は学校で行ってくれる場合もありますが、中学受験専門の学習塾などでは、面接対策、面接練習をしてくれるところもあります。
中学受験の面接でおさえておきたい点は、まず目的です。
学力試験に加えて面接を実施する学校の目的から考えて見ますと、当然のことながら、学力試験ではわからない情報を得るためだということです。そこで、学校が知りたい情報を大きく分けますと ・受験生の人柄
・合格したあとの進学の意思 の二つが主ではないでしょうか。

では、どんな質問をされるかで、人柄については
「入学後しっかり学業に励む心構えができている。」「学業以外でも目的をもっている。」「他人に迷惑をかけるようなことはしない。」「身だしなみがきちんとしている。」
このようなことが面接で伝えることができれば良いでしょう。
このことを判断するために「・得意な科目/不得意科目・好きな科目/嫌いな科目・特技・入学したらやってみたいこと・入りたいクラブ・長所/短所・家族関係 」を質問されるのではないでしょうか。

合格したあとの進学の意志は他校との併願で、すべり止めの状況把握になると考えられます。
「・志望動機/志望理由・その学校をどう思うか・学校を選んだのは誰か(父親・母親・本人・その他)・通学経路・併願校・併願校との志望順位・併願校とその学校の両方に合格したらどちらに行きたいか 」
などが、質問されるでしょう。

各学校別に面接での質問内容が書かれている本もありますので、それに対する答えを想定しながら面接の練習をするとよいのではないでしょうか。

グループ面接の場合には、大切なことは決して動ずることなく、自分の意見をはっきり、自信を持って言えることです。周りの他の人の意見を聞き、自分の意見をまとめ、考えを言えるかどうかは重要なポイントです。

大切なのは、あせらず、丁寧にはっきりと答えることです。
中学受験のための面接でもう一つ大切なことは、親子での面接です。
親の服装には注意が必要で、華美にならないのがいいようです。また、子供の話している時に割り込むようなことをしないように気をつけましょう。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」


btn115c.gif
posted by white33 at 09:03 | 子育て|中学受験

子育て・中学受験と通知表の視点

子育てで子供に中学受験をさせる人が増えてきました。首都圏や関西の中学受験の加熱ぶりさえうかがえるようです。
大学付属校や中高一貫校に入学できた場合、大学進学は割とスムーズにできると考えるからでしょう。中学受験が大変だと言われていても、大学進学までの過程を考慮すると、頑張ってこの時期を乗り越えたいものです。

中学受験の合否は当日の試験の点数だけですが、中学受験の際、多くの場合は報告書が受験校へ提出されます。一部の私立中学校では出願時に、報告書の代用として通知票のコピーを要求するところもあります。

この場合、中学校で重視するのは「成績」ではなく、「出席率」であることが多いようです。勉強がどんなにできたとしても、出席率が悪くてはいけません。不登校の問題にはどこの学校でも手を焼いていて、欠席日数が多いのは不登校予備軍と見られる傾向があります。

中学受験を狙おうと考えている人は、学校を休んでばかりいては不利ですので、出席率は悪くしないように注意が必要です。
このように中学受験においては学力試験、面接、そして通知表から合否の決定がされます。

しかし、通知表が悪いからと言って諦める必要はありません。
中学へ進学する際に通知表のコピーの提出を求める学校がすべてではないようです。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」


btn115c.gif
posted by white33 at 11:07 | 子育て|中学受験

中学受験と付属校・系列校

子育てで中学受験を考える際に必ず出てくる言葉に付属校・系列校という学校があり、通常付属校といったら大学を併設している学校で、その大学の付属校ということになります。

大学を併設する学校にもいくつかのタイプがあります。

中高大一貫校と呼ばれる学校では、ほぼ全員が卒業と同時に併設の大学に無試験あるいは有利な条件で進学します。このタイプの学校には、人気大学の付属中学校が多く、中学受験の時点で大学までの一貫教育を受けることを目的にする受験生がほとんどになります。

中学受験で人気のある付属校は難関大学付属校です。大学入試が難しくてなかなか大学に入れなくなってきているので、子育てでは、中学受験をして、内部進学率が高い中学校への入学を狙う子どもが多いようです。

早稲田大、慶応義塾大、明治大、青山学院大、中央大、立教大、法政大などの付属校は特に人気があります。

次に系列校です。これは大学の関連中学校を言います。

関連大学への無試験進学はありませんが、関連大学への推薦枠があります。
中学受験の準備として志望する系列校がどのくらいの推薦枠があるか、また、推薦の条件は何かを十分知っておく必要があります。

大学併設校でありながらほとんどの生徒が他大学へ進学する学校もあります。このタイプの学校は、中高の人気が大学の人気をはるかにしのぐ学校に多く見られます。

中学受験をする多くの理由が有名難関大学に入るためで、人気のある中高は、有名難関大学の入学実績によってきます。付属校・系列校の大学の学校名だけで判断ができません。

付属校・系列校には大学名が入っている場合もあれば、入っていない場合もあります。
子育ての子供が大変な中学受験に挑戦するのですから、単に学校名だけで決めるのではなく、付属校・系列校についてしっかり調べる必要があります。
せっかく子供が中学受験が受かって進学しても、目的の大学に行けそうにないなんてことにならないようにしましょう。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif
posted by white33 at 10:22 | 子育て|中学受験

子育て・中学受験は完全中高一貫校を受験する

子育てで、子供を中学受験に挑戦するのはそれなりの理由があります。
そのひとつに、最近増えてきた完全中高一貫校があげられます。
従来の中高一貫校とは完全中高一貫校とは明らかに教育課程の方針が違っています。


中高一貫校は中学・高校課程の無駄を省いたり、あるいは高校課程を前倒ししたりして、中高の6年間をゆとりある教育をしようという主旨のものです。


これに対して完全中高一貫校というのは高校からの募集を行わず、中学受験でしか、生徒を募集しない学校のことになります。つまり、中学受験で入学できなければ入学できない高校のことを言います。

そして、この完全中高一貫校になる学校が徐々に増えつつあります。

その背景として、高校からの入学生は入学時の学力は高いのですが、中高一貫のカリキュラムを受けてきた一貫校の進級組の生徒のカリキュラムの進捗が早く、高校からの入学生との差が大きいのです。
高校からの入学生がまだ習っていないカリキュラムを一貫校の進級組の生徒との進捗の度合いを合わすために、高校から入学した生徒への未履修分野の補講が必要となります。
中には、高校から入学した生徒を一貫校中学からの進級組のクラスに組み込まず、別クラスにする学校もあります。
それだけ、高校から入学組と、一貫校中学からの進級組との歩調を合わせるのには負担が大きいのでしょう。

完全中高一貫校の増加の現状に伴って、中学受験をする子供が増えてきたことは現実です。高校受験では入れなくなった高校が増えてきたため、中学受験から始めないと間に合わないということになってきているわけです。

でも、完全中高一貫校へ入るために小学校の時点で中学受験を迎え、以降大学受験に望むか、中学の時点で、高校受験を行なって、大学受験をするかの選択で受験機会は同じ受験回数になります。受験が早いか、遅いかの違いだと割り切りもできます。

ただ、子供の学習環境は、受験が早いか、遅いかの概念以上に違いが出てくるでしょう。完全中高一貫校での6年間、高校受験を考えることなく、ゆとり教育の中で大学受験に備えることができるわけですが、勉強そのものは大変厳しいものがあります。


子供が耐えて成長を見せてくれるのか、ついていけずに挫折してしまうのかの心配もあります。
中学受験で子供が岐路に立たされる現実に、親として子育ての一番の悩みを持つことになるのではないでしょうか。
しかし、反面、中学受験は、うまくいけば、その悩みに値するくらいの価値あるものであることは間違いと言えるでしょう。


最近のサイトを見る「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif


posted by white33 at 11:36 | 子育て|中学受験

中学受験と家庭教師

日本の各地で子育てに、私立中学・国立中学の受験が過熱しております。可愛いわが子を私立の中学に入学させ、質の良い教育を施したい子育ての気持ちが一心で中学受験をさせる訳ですが、かなりのお父さんお母さん達が考え違いをしているようです。


中学受験は高校や大学の受験とは全くことなり、「親や講師が子供に勉強させようとしたり、勉強を教えるだけでは足りません。」
「小学生の子供には、初めから学習意欲がある訳ではなく、勉強を教える前に、まず親や講師が、子供を学習に向かせる子育てからはじめなければなりません。」このため、ただ「勉強をさせようとするだけの親達」や「教えることだけしかしない親達」に失敗が多く見られます。


そのために中学受験を主のプロの家庭教師に依頼することになる訳ですが、中学受験のプロの家庭教師には、高校大学の受験指導とは違い「高い指導スキル」が求められるだけではなく、「子供と一緒に楽しく学習できる保父さん的要素」も要求されています。


中学受験のために家庭教師をつけようと考えているお父さんお母さんは結構たくさんいるのではないでしょうか。それだけに、家庭教師ならだれでもいいなどと考えるのではなく、できることならば、実際に中学受験を経験したことがある家庭教師を選ぶほうが良いでしょう。
こどもの子育てのためにも、勉強の面だけでなく、自分が実際に体験してきたこと、受験勉強でこうしたほうがいいところなどを教えてくれるので、それは生きた信憑性のある情報となります。


くれぐれも中学受験をあまり軽視することなどないようにしましょう。
中学入試は実際、なかなか突破することが難しいものです。
何らかの対策を取らないといけないと思い、手身近なところで家庭教師を決めてしまうことはしないようにしましょう。
中学受験対策の始まりは、慎重な家庭教師選びから始まります。



最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif



posted by white33 at 10:04 | 子育て|中学受験

中学受験と学習塾の選び方

中学受験を考えている親の子育ては、学習塾との関わりが重要になってきます。学習塾の選択はその後の子供の成長にも大きな影響を与えますから、大変重要なポイントとなってきます。


学習塾はたくさんありますが、子供が成功する道筋に導くことができる塾の選択の基準は、子供の成績、学習意欲と塾の教育状況で決まってくるようです。

子供を通わせる塾を選ぶ時は、まず最初に補習目的か、進学目的かを決めなくてはいけません。たとえば学校での成績が上位2〜3割に入っているかが、中学受験のために進学塾に進むのもいいでしょう。

しかし、成績が真ん中以下のレベルですと、塾は子どもを進学のための対象に教えることはほとんどありません。補習塾を選ばなければならないでしょう。


中学受験の場合は受験ノウハウが必要で、進学塾に行かないと進路指導が受けられないのが実情です。中学受験の場合は、教科書の問題が満点であっても、実際の入試問題では2割程度しか答えられません。
つまり、教科書以外の部分からたくさん出題されるわけで、そういったノウハウというものを身につけなければ合格は難しいでしょう。


塾を選ぶ基準は「 教育技術があるかどうか?」で見極めるのですが、
この教育技術は途中のプロセスには力点をおいて教えているかになります。
「どうしてこうなるか」を教えるよりも、ともかく受験のためのノウハウを身につけることを優先して、それを良しとする塾では困ります。
子供が、好奇心旺盛で「どうしてそうなるのか?」といったことに関心があるのに、ノウハウを詰め込もうとすると、子供にとっては、そういった塾では勉強がつまらなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。


補習塾、進学塾いずれにおいても、まずは体験入塾をしてから、決めるのが良いでしょう。無料体験を断るような塾は避けた方が無難です。



最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」



btn115c.gif

posted by white33 at 11:28 | 子育て|中学受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。