子育て|学資保険:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・学資保険の特徴

学資保険は子供の教育費のためのもので、子育てでは一度は検討しておきたいです。教育費をためる目的ならば、別に学資保険に加入しなくても、通常の積立でも十分対応できるはずです。しかし、それでも学資保険に加入する人が多いのは、何か魅力があるはずです。

学資保険の特徴は、まず何と言っても、子育てをして行く中で、子供の成長に合せて、それぞれの進学時期に教育資金をためることができるという点にあります。
子育てですから、子供のことを考えて、貯金でお金を貯めることは出来ますが、ついつい別のことに貯金を崩して使ってしまうということが起こりやすくなっていることが多いようです。
それに比べて、学資保険は加入当初の子育ての教育計画の通り教育資金をためていくことができます。
もし計画通りに実施できない状況になってきても、保険の解約をするのですが、実際のところ、よほどの理由がない限りは子供のためにということで、学資保険を最後まで継続している人が多いようです。

また、学資保険はこの他に、本来の保険の性格で、保護者に万が一のことが起こっても、満期のお金が保障されていて、教育資金の確保ができるということが特徴です。

学資保険の商品によっては、育英年金という保障がついているものもあります。
学資保険は、単なる貯蓄性を重視した保険だけではなく、子供の病気やけがに備えた医療保障や、子供がなくなった場合の死亡給付金などといった保障部分も充実した商品もあります。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif
posted by white33 at 10:44 | 子育て|学資保険

子育てでの学資保険の必要性

子育てで子供の教育費のために学資保険加入する人が多いようです。この学資保険jがいかに役立つかですが・・・。


子育てで子供の教育費は、小学校・中学校・高校そして大学までを考えた場合、実に1000万を超えるほどの大金となってきます。それも自宅から通えない学校となるとさらに、負担が増します。

一度にポンと出せるくらいの収入があるなら、それほど考えなくてもいいのですが、多くの家庭においてはそうは出来ません。
学資保険、あるいは子供の小さい頃から計画的にコツコツお金を貯めて、子育てのために子供の教育資金を作っていかなければなりません。
単に教育資金を貯めるだけなら学資保険でなくても、定期積金などを利用して貯金していくことで大丈夫なはずです。

しかし、学資保険の保険要素に定期積金との違いがあります。

その中でも一番大きな違いの保険の要素は、万が一の保障です。
学資保険では、保険契約者に万が一の場合が起こったとしても、その時点で契約が終了ということはほとんどありません。
契約者に万が一のことが起こった場合、保険料の支払いは免除となり、満期金あるいは御祝い金などを受け取ることができるといった商品が多くなっています。

何があっても子供の教育資金の確保を考えるという主旨からすると、
学資保険の必要性が出てきますし、定期積金の利息と保険の金額メリットをチエックしておきたいです。


最近のサイトを見る「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif


posted by white33 at 10:30 | 子育て|学資保険

学資保険の加入目的

子育てで子供の教育資金を賄うために、学資保険への加入があります。学資保険にはさまざまな保障があるため、教育資金をまかなうだけでなく、万が一のときの安心保障があるところに魅力があります。
しかし、学資保険を単に将来の教育資金の積立てだけを目的にしているのであれば、親の万が一のことがあった場合を考えての保障などは、親が生命保険に加入していれば、特に考える必要がありません。
学資保険の中には、育英年金といった名前で保障が付いているものがたくさんあります。
子育てで子供の将来のことを考えて、親の生命保険の加入条件をもう一度見直してから、この育英年金について考えたほうが得策です。
また、この他、子供に万が一のことが起こった場合なども、同じことが言えます。掛け金の安い共済などに加入したほうが、金銭面で助かる場合もあります。
学資保険は、子育てとしての子供の将来の教育資金作りの一つの方法です。

学資保険の加入目的をこの教育資金を貯めることとした場合、ソニーの学資保険がおススメです。
ソニーの学資保険は、保障内容を単純にして、その分貯蓄性を重視しているところに人気が集まっています。払い込んだ保険料より11・8%多くの学資金を受け取ることができます。
このソニーの学資保険はインターネット上で、月々にかかる保険料を目安に設計すること、あるいは満期学資金を基準に設計することができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」

a_btn099.gif
posted by white33 at 10:37 | 子育て|学資保険

子育てとしての学資保険の加入

子育ての中で学資保険は、子供の教育資金をためるためには、大変ありがたく感じます。
子供の教育資金をこの学資保険に頼らず、自分の意思だけで貯めていこうとするのは、なかなか難しいものがあります。
その点、学資保険は、その目的が教育資金ということなので、子育ての思いから、途中で解約することなく、ほとんど計画通りに貯めることが出来ます。
その上、子供あるいは保険契約者に万が一のことがあっても、安心してお金を受け取ることが出来る保証がありますので、安心できる教育資金作りの手段になります。

学資保険の加入は0歳から加入可能となっています。また、逆に、0歳でなくても加入することが出来ると言うより、いつからでも加入が出来るということなのです。
ただ、加入するのが、子供の年齢が上がるにつれてというと、その分加入年数が減ってしまうことになって、月々の掛け金は高くなってしまいます。理想は子供の誕生とともに子育てと一緒にスタートすれば、掛け金は少なくてすみます。
学資保険には、注意するポイントがあります。
加入年数によって左右されてくる問題で、加入年数が少ないと、月々の保険料が高くなるだけでなく、元本割れあるいは低金利しかつかないといった事態が生じてきてしまうことがあります。
それと、学資保険を簡単に考えて加入してしまっても、途中で解約することになってしまっては、加入年数の少なさのデメリットで、せっかくの積み立てが何もなりません。
加入年数を長くしようとあせって加入することがないように注意が必要でもあります。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:49 | 子育て|学資保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。