子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんの鼻血

子育てをしていて赤ちゃんが、急に鼻血を出すと、吃驚して、心配してしまいます。
赤ちゃんが急に鼻血をだしたときには、やわらかいティッシュか、或いは綿などを詰め、鼻の中央に向かってギュッと鼻翼を指で圧迫してあげてください。通常2〜3分程度(小さい赤ちゃんなら1分半〜2分)で止まります。

鼻の中央手前の部分は、血管がたくさんあって、少しの刺激でも出血しやすい場所になっています。子どもの場合は、鼻の奥のほうから出るような鼻血はまずありませんので、ほとんどの場合心配はないかと思われます。

鼻血の時に赤ちゃんの姿勢は
・座らせて、鼻を押さえて、顔をうつむかせる
・あお向けに寝かせない
(※あお向けに寝かせると、血がのどのほうへ入ってしまい、喉を詰まらせる危険があります。)
頭を高くしておくほうが早く血が止まります。

鼻血が頻繁にでるときには薬に気をつけてください。

鼻血が頻繁にでるときにはお母さんは、まず、アレルギー性鼻炎を疑ってください。
アレルギーがあると、鼻がむずむずして子供が指で鼻を触ってしまうので、鼻いじりのための出血(指性鼻出血といいます)が起きやすくなります。
アレルギー性鼻炎は、発症がどんどん低年齢化しています。花粉症などがそうですが、早い子供ですと2歳ぐらいでも大人とほぼ同じ症状がみられます。
目がかゆいなど、アレルギー特有の症状をともなうので、風邪と見分けることができます。

子育てでお母さんがこのときに注意したいのが薬です。子供に市販の鼻炎薬を使うことは絶対に避けてください。医師の診断のうえできちんと処方されたお薬を使うようにしてください。
posted by white33 at 09:25 | 子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭

子育て赤ちゃんも耳鼻咽喉科へ

子育てしているお母さんは、乳幼児の耳や鼻のトラブルの場合、まず小児科を受診することが多いと思います。でも、耳や鼻の中、のどの奥や口の中の病気は耳鼻咽喉科専門医でないと処置がむずかしい場合もあります。お母さんが相談できるかかりつけの耳鼻咽喉科の先生を独自に見つけることをおすすめします。耳鼻のトラブルは子育て中の子供に付き添って何度も長期に通院するのは大変です。しかし、医師の指示を守って、根気よく治療をつづけてあげてください。
こんなときは耳鼻咽喉科で診てもらってください。

《耳のトラブル》
●耳を痛がる、耳から膿や汁がでてきた
 ⇒急性中耳炎・外耳炎
●原因不明で機嫌が悪い、熱が3日以上つづく
 ⇒急性中耳炎
●耳が聞こえにくい、耳を気にする、呼んでも振り向かない、テレビの音を大きくする
 ⇒滲出性中耳炎
●あきらかに耳垢がたまっている
 ⇒耳垢栓塞(耳垢が硬く固まって栓のようになり、器具や薬を使って処置しないととれない状態。)

《鼻のトラブル》
●透明な鼻水が続く、くしゃみをよくする  ⇒アレルギー性鼻炎
●ネバネバした鼻水が3日以上続く  ⇒鼻炎・副鼻腔炎
●たんがからんだ咳が続く  ⇒副鼻腔炎(鼻水がのどにまわっている)
●鼻血を繰り返す  ⇒鼻出血症
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:07 | 子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭

子育て・子供と赤ちゃんのいびき

子育てのお母さんが子供の「喉の悩み」は「いびき」が多いようです。
「赤ちゃんや子供のいびきは良くない」とよく言われます。
子育てでは子供のいびきも気にはなりますが、特に赤ちゃんがいびきを掻いて寝ている場合には、お母さんは注意をしなければなりません。
幼い子供がいびきを掻いて寝ている場合は、大体が先天性疾患や障害が原因となっていることが多いようです。
いびきは睡眠中に下あごが下がり、舌が上気道を塞いでしまうことによって起こっています。このことから、いびきの根本的な原因は喉にあることが分かります。
喉の問題は他の器官に比較して治療が難しいと言われていますが、赤ちゃんの場合は身体が成長していく過程で喉も変わり、喉の問題は自然と治癒してしまう場合があります。
喉の位置は大人と赤ちゃんで大きく異なり、幼い頃は高い位置にあり、舌も上の方にありますので呼吸をするのが難しくなります。

赤ちゃんの呼吸は基本的に「鼻呼吸」ですから、風邪などで鼻が詰まると苦しくて泣き、いびきを掻いたり不機嫌になったりします。鼻づまりを取り除いてあげます。
さらに「アデノイド肥大(咽頭扁桃が腫れ)」がいびきの原因である場合には医師の診断を受けてください。アデノイド(咽頭扁桃 いんとうへんとう)とは、リンパ組織で、免疫をつかさどる役割があり、鼻やのど周辺からの細菌進入に対して発達したものです。子どもは体(頭)が小さいこともあり、アデノイドが大きい割合をしめます。赤ちゃんの時から徐々に大きくなって、ピークは6歳くらいで、その後はだんだん小さくなっていきます。
これが通常より大きくなりすぎた状態が「アデノイド肥大」です。
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:08 | 子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭

子育て・子供の中耳炎(ミルクの飲ませ方でも中耳炎になる)

子育てで気をつけてあげなければいけないのは、子供の耳の構造上非常に中耳炎なりやすいことです。
急性中耳炎は子どもにいちばん多い風邪にともなった感染症です。
よっぽどの重症でない限り、治療を受ければ通常1〜2週間程度で治ります。しかし「反復性(慢性)中耳炎」のように何度も同じ症状を繰りかえす場合もあります。
それでも、3歳近くになると、子どもの体の中での免疫力がグンと高くなって、不思議なぐらい治ります。
何度も通院を繰り返し、悩まれるお母さんも多いようですが、辛抱強く見守ってあげる子育てが要ります。

中耳炎の代表的な症状は子供の「耳が痛い」という訴えで、「耳だれ」
が出てきていたら、すでに重症です。「耳だれ」は溜まった滲出液(しんしゅつえき)が鼓膜を破って出てきているのです。熱はあまりなく、出ても37度台が多いようです。

子育てでの小さい赤ちゃんの場合の「中耳炎」の見分け方ですが、
・夜泣きがひどい ・耳をしきりとおさえる ・吐きっぽい ・機嫌が悪い ・首を振る
赤ちゃんにこんな様子が見られたら、一応中耳炎を疑って、医師の診断を受けてください。子育てで大事なのが、お母さんが手遅れにならないうちに、早めに赤ちゃんの様子に気付いてあげることです。

子育てで気をつけなければいけないのが、赤ちゃんにミルクの飲ませ方でも中耳炎の原因になります。
赤ちゃんをあお向けに寝かせた状態で哺乳瓶からミルクを飲ませると、簡単に口から耳のほうへミルクが垂れて、耳に入ってしまいます。これによってなる中耳炎を『ミルク性中耳炎』といいます。
母乳の場合も、「添い寝しながら」の授乳などはよくありません。
母乳をあげるにもも哺乳瓶でミルクをあげるにも、必ず抱きあげて、頭を立たせた状態で飲ませるようにしてください。

中耳炎の予防のためには、鼻の中のばい菌を減らして、鼻をきれいにしてあげることも大切です。
a_btn099.gif
posted by white33 at 09:34 | 子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭

子育て・赤ちゃんが耳を痛めずに鼻をかむ方法

子育てで子供が鼻水を出している時の対処です。
子供が耳を痛めずに鼻をかむ方法は、一方の鼻の穴を押さえてから、片方ずつかむように仕向けてあげます。

子供が自分で上手に鼻をかめない場合は、お母さんが鼻吸い器で吸ってあげる子育てが要ります。「耳鼻科で鼻の掃除をしてもらわなくてはならないほどではないと思います。それよりも、鼻水が鼻の中に溜まったままにしておかないことの方が大事です。
鼻水が出ているなら、きれいになるまで頻繁に吸ってあげます。「鼻水を取りすぎると鼻の粘膜を痛めてしまうのでは?」と心配される方もいるようですが、そんなことはありません。

子供の鼻水の吸引のコツは、蒸しタオルで鼻を温めて、鼻を少し弛緩させてから吸ってあげるとよいようです。風呂あがりにやってあげるのも温もっていていいでしょうね。
吸引は鼻をかむ時と同様、片方ずつ行なってあげます。

また、子どもには風呂の中で、鼻水とばす練習をさせたそうです。いわゆる“手鼻をかむ”というやり方をさせたそうです。お風呂の蒸気で鼻をかみやすく、子供はおもしろがってやっていたそうです。子育てにあそび心があって、楽しい方法だと思います。しかし、子供が大きくなって、鼻が詰まると、手鼻をかんでいたらどうするんでしょう。
a_btn099.gif
posted by white33 at 13:12 | 子育て|乳幼児の病気>耳鼻咽頭
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。