子育て|子供の歯:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・子供の虫歯予防

子育てで子供の虫歯が気に懸かります。虫歯になりやすい子は、歯磨きが充分でないことも原因のひとつですが、いつも柔らかい食べ物ばかりを食べていることも原因のひとつにあげられます。
まず、虫歯の予防には噛むということに重視してください。繊維質の多い食べ物をどれだけ噛んでいるかということが虫歯とも関係しています。
子供にジュースやパン、お菓子まどのそんなに噛まなくて食べられる食べ物をいつも与えていると虫歯になりやすくなります。どれだけ歯磨きをしても噛まない生活をしていれば歯磨きをしてもその効果を期待できません。
また、子供は歯を磨くことが好きではない子が多いようです。
子育てでどうすれば子供に歯磨きの習慣をつけるのかは、お父さんやお母さんが歯磨きをしている姿を毎日子供に見せることが効果的なのです。
子育てに、虫歯の予防のために嫌がる子供に無理に歯磨きをさせてもそれは逆効果になります。歯磨きの強制は逆に子供が反発してしまうことも考えられます。
子育ては、親が正しい歯磨きを見せてあげて子供がまねしたがるような環境を作ることが大切です。
親が歯磨きしているのを見て興味がわいてきたら子供に歯ブラシを与えてみて磨き方を少しづつ教えてあげてみてください。歯磨きをしようとする姿勢をたくさん褒めてあげます。そのあと、特に奥歯などはもう一度見てチエックしてあげてください。
a_btn099.gif
posted by white33 at 08:23 | 子育て|子供の歯

子育てでこどもに歯みがきの仕方を教えるのに・・・

テレビのCMで歯みがきをしているシーンをよくみかけますが、あの歯磨きの様子は歯みがき粉のつけ過ぎだそうです。
歯みがき粉をたくさんつけても清涼感が増すだけで、歯磨きの効果は変わらないそうです。
歯みがき粉は「ゴマ3粒くらい」で十分なんだとか。子供なら殆どいらないぐらいです。 
 
歯磨きのブラッシングは、上手に磨かないと逆に歯を痛める原因になります。子供に正しい歯磨きの仕方を教えてください。歯医者さんで、はの治療に行った時に、歯がみがけてない!と良く指摘されます。毎日は磨きをしているのですが、磨き方が間違っているのでしょうね。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているので口の中を清潔にするには有効ですが、子育ての子供の歯茎を丈夫にしたいなら歯磨き粉はつけない方がいいそうです。 
子育ての子供には、絶対にゴシゴシこすったりはさせないで歯ブラシは軽くソフトに握り、みがきにくい下の歯の裏側は歯ブラシを立てて磨くように教えてください。
歯肉が三角形になっているところを鏡を見ながら重点的にみがくようにおしえてあげるとよいでしょう。

1日3回の歯みがきが理想ですが、1日2回という人が圧倒的に多いようで、1日1回だけという方もいるそうです。お母さんも子育てで子供の歯磨きの回数が多いと大変です。

問題は歯磨きの回数ではなくて、磨き方にあるんだと言われます。
「みがいている」けど「みがけていない」あるいは 「みがいたつもり」になっている人があまりに多いらしいのです。子育てには、歯の磨きかたを子供にきっちり、教えたいものです。

子供には毎日きれいにやさしく歯を磨く癖をつけてあげてください。

静岡のお茶農家では虫歯が少ないそうです。
お茶に含まれるタンニンの成分は虫歯を 防ぐ役割があるそうで、お茶でうがいをすると効果があるとも言われています。
a_btn099.gif
posted by white33 at 12:06 | 子育て|子供の歯

子育てでする子供の歯のチエック

子供の虫歯は早期に発見して治療してあげることが大切で、大事な子育てです。特に乳歯の虫歯はとても進行が早く、気づいた時には歯の神経近くまで進行していることが多くあって、お母さんもショックを受けます。歯磨きの仕上げは子育てするお母さんが子供の歯を必ずチェックしてください。
★歯の表面が白っぽくなっていないか、★歯の溝が黄色くなっていないか、★黒いシミはないかをチェックするポイントです。
もし、これらの現象が見られたら、これらは虫歯の痛みのでる一歩手前の症状です。この段階で見つけることが出来れば治療も簡単で歯を削ったりしなくて済みます。

子育て・子供の虫歯対策には出来るだけおやつは砂糖の多いものは控え、寝る前に食べさすようなことは絶対にやめて、しっかり歯磨きの習慣を付けることがで大事なことです。

お母さんの子育てに子供の乳歯の歯磨きをしてあげるのに適している歯磨き方法は横磨きでしてあげます。
ブラシを子供の歯面に平行にして、鉛筆を持つように持って、ほんの少し力を入れて小刻みに動かします。
あまり大きく動かしすぎたり、早く磨いても、逆に歯垢が落ちにくい上に歯茎に傷がついてしまいます。

歯磨き粉は付けすぎず、歯ブラシは子供の歯にあった小さいものを選び、特に奥歯や歯の隙間は念入りにおかあさんが磨いてあげるようにしましょう。
a_btn099.gif
posted by white33 at 11:46 | 子育て|子供の歯

子育て・乳児期の食事とあごの退化

子供のあごの成長が順調でないと、歯並びにも大きな影響を及ぼします。 近年、子供たちのあごが小さくて、歯並びが悪くなっていることが報告されています。 このあごの退化には様々な原因が考えられます。

まず、第一に赤ちゃんの子育ての時に哺乳瓶を多用してしまうこと。 第二に食生活の変化が大きな原因になっていることで、最近は硬い食物が減り、軟らかい食べ物が増えている現状があります。

あごの骨・関節・筋肉などが健全に成長していくためには、噛むという動作が重要で欠かすことが出来ません。 子供の骨も筋肉も使うことによって訓練されて、その結果、発達するのですから、子育てとしてこの時期に適度な負荷を与える必要があるのです。
ところが現代では食生活の変化から、口に入れた後、ほとんど噛まなくても飲み込めてしまう料理が多く、噛む動作が減っています。
食事は毎日行ないますから、少し噛む動作が減るとしても、何年も積み重なって大きな影響になります。 これがあごの退化、ひいては歯並びの悪さに繋がっていくのです。

小さい頃に離乳食を与えることは当然ですが、本来は子育てとして、歯が生えてきたら、徐々に噛む動作を意識しての食事を準備することが大事になってきます。 とくに子育ての幼児期にお菓子を与えすぎることはあごの発達や歯並び、全体の健康にも悪影響が出ます。 気をつけておきたい点です。

a_btn099.gif


  




posted by white33 at 09:41 | 子育て|子供の歯

子育て・歯磨きをはじめる

子育てで子供に歯磨きを始めさせる時期は、1歳前後が良いでしょう。
歯が生え始めた子供には、ガーゼや、市販で売っている歯磨きガーゼなどを利用して子供の歯を拭いてあげてください。
1歳前後の子供は、ほとんどの子供は歯磨きを嫌がって、大人しく歯を磨かせてはくれません。子育ても大変で、頭を悩ませるお母さんも多いのすよね。

子供は、無理矢理磨かれると、歯磨きが嫌いになってしまいますから、まず、先に子供に歯ブラシを持たせてあげます。子供に歯ブラシを持たせて、自由にさせてあげてから、最後にお母さんが仕上げの磨きをしてください。
仕上げ磨きの時は、水で歯ブラシを濡らして優しく、柔らかく力を入れずに磨くだけで良いと思います。

歯磨きの子育ては、お母さんの膝の上に子供の頭をのせてあげて、「お口の中がさっぱりして、綺麗になるよー」などと話しかけながら磨いてあげてください。「こうして、ちゃんと歯磨きをしないと、虫歯になっちゃうよ!」と脅すような事は言わないでください。余計に子供が歯磨きを嫌がってしまいますでしょう。

歯磨きのポイントとしては、歯と歯の間、歯と歯茎の間、かみ合わせ部分を細かいストロークで1ヶ所あたり、10回を目安にして磨いてあげてください。強くブラシをあててしまうと、子供は痛がります。
特に、上の歯の付け根の歯茎は、一番子供が痛がる部分なので注意して磨いてあげてください。歯と歯ぐきの間には歯垢がたまりやすく、歯の内側は、カスがたまりやすいので、歯ブラシの先でかき出すようにしましょう。
また、子供が眠くなくて機嫌の良い時に歯磨きをするのも子育て上手だと思います。
回数は、一日一回の寝る前で十分です。
長い時間仕上げ磨きをしていると、子供も嫌がりますから、1分程度が目安になります。お母さんが歯磨きをしているところを、子供に見せてあげると、子供は、親の真似をしますから、一緒に歯ブラシを持って磨くことをしてもいいですね。
子育てもコツを掴めばきっと子育てがどんどん楽しくなることでしょう。
a_btn099.gif
posted by white33 at 14:15 | 子育て|子供の歯

子育て・3歳過ぎてもおしゃぶりは要注意!

まだ歯が生えていない赤ちゃんの頃でしたら、子育てにとって、指しゃぶりは赤ちゃんがする自然な行為なので、問題はないようです。
ですが、3〜4歳になっても止める気配がないならば、子育ての要注意です。
その時期になっても指しゃぶりをしていることは歯の噛み合せに不都合が出てきます。指しゃぶり(ぬいぐるみ・おもちゃなどをしゃぶることも同じです)をすると、歯が生えている時や生えた後に色んな方向からの力が加わることになります。
幼児期の骨はまだ比較的軟らかいですから、歯もすぐに方向が曲がってしまいます。

子供の歯並びに影響することは、噛み合わせにも良くないし、あごの発達具合にも影響が大きく子育てでは気に懸かります。

歯が生えているのに指しゃぶりの癖をまだ持っているならば、歯が曲がり始めてからでは遅いですから、少しずつ止めさせるような子育てをしていきます。 2歳を過ぎた辺りから子供の様子に注意していることが子育てとして賢明です。

ただ、小児科医の立場からすると指しゃぶりは、生理的な人間の行為で、子供の不安や緊張を解消する効果を重視するとして、子育てでは特に幼児期の指しゃぶりについては無理に止めさせないほうが良いとしています。歯科医ほど口や歯への影響について心配していないようです。

a_btn099.gif


  







posted by white33 at 11:45 | 子育て|子供の歯

子育て・子供の虫歯予防

シングルマザーの子育て岡村孝子...

子育ての一つに子供の歯磨きを躾けることがあります。多くの子供は歯磨きが苦手です。しかし、虫歯になりやすい子は、歯磨きをしない子ではなく、いつも柔らかい食べ物を食べている子のようです。でも、口の中を清潔にする習慣を付ける子育ては大事です。

離乳食が始まると乳歯が出現してきます。母親は専用のブラシを用いて口中を清潔にするだけでなく、ジュースや離乳食のように柔らかく、噛まなくても食べられるものを、常に与えていることに注目しなければならないと思います。
繊維質の多い食べ物を、どれだけ噛んで食べているかに拘わっていて、
噛むという動作が、虫歯の予防になるようです。
歯磨きをしっかりやっていても、噛むことをしていないのなら、その歯磨きの効果などほとんど期待できないようです。

子供は歯磨きをするのを嫌いますが、常日ごろから、両親が歯磨きしているところを、毎日毎日見せてあげることが効果があるようで、これこそ、子育て機能に他ならないことのようです。

「歯を磨かないとバイキンが出るぞ。」と言って子供を脅しても、子供はいう事を聞かず、無理やりに歯磨をやらせて、子供は嫌がって反発し、結局、歯磨きをやらせてもらえず、しばらくして虫歯になってしまうという話があります。
それよりも、親が正しい磨き方を見せて、子供にまねをさせる気持ちを起こさせるほうがよいようです。親の姿勢で子供を教育するのが子育てだと思います。

親が歯を磨いているのを見て、子供に興味を抱かせてから、子供に歯ブラシを与えてみます。きっと歯磨きのまねごとをすると思います。
歯磨きが無事できれば、「すごくきれいになったね、上手だったね」と褒めてあげます。
そうすれば、自信が出てきて、歯磨きをするのが楽しみになるでしょう。子育ての成功です。
【つながってるよ!ブログ】
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif
posted by white33 at 15:08 | 子育て|子供の歯
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。