子育て|七五三:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の記念写真は子供専門写真館で撮ろう

七五三の記念写真を撮るというと以前は、自分で衣装を用意し、美容室で髪や着付けをしてもらってから写真館のスタジオで撮影をするのが普通でした。しかし、現在では子供専門の写真館が増え、七五三の記念写真を撮ろうとすれば、何も用意せずに子供専門の写真館に行けば、記念撮影ができるようになっています。子供専門の写真館での七五三の記念写真を撮るのが今ほどの人気があり、便利の良さに関心が高くなってきている現状を見てみます。

1つは、衣装は自分で用意する必要がなく、好きな衣装を何着でも選んで着られるということがあります。衣装を七五三のために購入するとなると、七五三の着物は高価で1着用意するのが限界でしょうし、レンタルをしても普通は1着だけになると思います。しかし、子供専門の写真館では洋装、和装いろいろ着て何枚でも撮影する事が可能です。
2つめは、着付けやヘアメイクもその場でしてもらえるという事です。七五三の記念写真をお参りとは別の日に撮る際、美容室で着付けやヘアメイクをしてもらうと、お参り当日と写真撮影日とで2回の料金が必要となってしまいますが、子供専門の写真館では特に着付けやヘアメイク代としては必要ありません。
3つめに、子供の専門の写真館ですから、子供の扱いに慣れており、子供の笑顔を上手に引き出してくれます。素敵な記念の七五三写真が撮れます。また、写真はその場でチェックする事ができ、気に入ったものだけを現像するため、ムダが無いように思います。

このようなシステムで運営する子供専門の写真館ですと、七五三のお参り当日の混雑を避けて、しかも納得の出来る記念写真だけを残せるとなると、ますます人気が上がってくるでしょう。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:07 | 子育て|七五三

七五三の写真を撮る時期

今や、殆どの人が、七五三の写真は写真館で撮って記念に残すようにしています。しかし、子供が七五三を迎えるとなると親はいつ記念写真を撮ろうかと悩んでいる人が結構多いのです。
七五三参りに出かける11月15日当日や、その前後の週末には、写真館もかなり早めに予約を入れないと空いていません。また、子供がお参りに続いて写真撮影をこなすのには、時間がかかり、子供自身が疲れてしまいます。できることなら、記念写真を撮る日は、七五三参りに行く日と別の日にするようにすると良さそうです。七五三参りのシーズンである11月中は平日でも写真館の予約は早めの方が良いようです。
それでは、七五三の記念写真を撮る時期はいつ頃が良いかとなると、大変込み合う人気の10月、11月を避け、前倒しするか遅らせて12月にすると楽に予約ができます。
実際に、多くの写真館ですでに7月ごろから七五三写真を撮るキャンペーンをしています。そのキャンペーンも早割で30%OFFとか、撮影料無料とかいった様々な特典があります。早ければ早いほど割引率が高い傾向にあります。
どうしても、七五三の行事を11月と考えるので、七五三の写真を撮るのは前倒しして撮ると、多くの人が考えます。ところが、七五三写真を後ろにずらして12月以降に撮るということをあまりみんなが考えてないようです。12月以降に七五三の写真を撮るのは予約も取りやすく撮影料などで割引特典もあります。また、最近では一年を通して子供の誕生月に七五三写真を写そうと勧めるキャンペーンをしている写真館もあり、調べて利用するのが良いでしょうね。
a_btn099.gif

posted by white33 at 08:43 | 子育て|七五三

七五三でもらう千歳飴

七五三の思い出といえば、千歳飴のことが思い浮かぶ人も多いと思います。七五三で千歳飴がもらえたり、千歳飴を食べたりしてのお祝いとは何なのでしょうか。
千歳飴は、1000歳という名前になっているように、親が子供の長寿を願う思いが込められており、紅白で細く長くなっています。
千歳飴の作り方は地方によって異なりますが、関東では水あめと砂糖を煮詰め、手や機械で細長く伸ばし、転がして成形します。老舗の菓子業者は、七五三用の千歳飴を神社に納めてお祓いを受けてから販売しているそうです。
七五三は、「7歳になるまでよくぞ生きて成長してくれた。これからも長生きして欲しい」とお祝いし、お願いする行事ですので、千歳飴は七五三の意味合いに沿っています。千歳飴の入った袋は松竹梅や鶴亀といった縁起のいい絵が描かれています。七五三を迎えた子供が神社で記念撮影写真する時は千歳飴の袋を持たせた写真になります。
千歳飴は江戸時代に浅草で飴売りが販売したのが始まりだといわれており、七五三のお土産となったのは東京の風習から流行するようになったようです。
今では全国的に七五三のお土産に千歳飴が広がっていますが、最近では昔ながらの紅白ではなくキャラクターの千歳飴もあり、子供には気にいった飴であるようです。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:09 | 子育て|七五三

七五三の写真の撮り方

七五三ではお参りするのに、子供は着物を着ていますので、普段とは違ったシチュエーションの写真が撮れます。また、家族も子供と一緒に七五三にお参りに行くのに、着飾って出かけていますので、家族の集合写真を撮るにも良い機会になります。
七五三では、たくさんの写真を撮ってアルバムに残したいものです。

子供を主体に撮影する時に一番大切なことは、着物を綺麗に整えてから撮るという事です。女の子は着物のはだけを直し、振袖を整え、髪の乱れもチェックしてあげます。男の子の場合は、袴の折り目をまっすぐにします。
七五三写真では普段と違って、着物や袴を着ているため、それが綺麗に整うだけでもかなり良い写真になります。

また、七五三ですから絵柄として、千歳飴を持たせて撮る事もあります。その際は両手で体の中央に飴を持たせ、地面につかないようにします。体をカメラに向かって少し斜めに立たせ、顔は前を向かせます。表情は、すました顔だけでなく笑顔を引き出して撮ってあげます。また、子供が七五三でお参りするまでの過程でいい表情があれば、スナップで、シャッターを押すと自然な表情の写真が撮れます。

七五三での家族の集合写真では、立ち位置の中央は主役の子供にしてください。七五三を迎えた子供を中央にし、後ろに両親や祖父母といった家族が並ぶと綺麗にまとまります。全員が立っている集合写真も良いですが、七五三の主役の子供を中心に、大人はしゃがんで子供目線の写真も案外、良いのではと思います。

a_btn099.gif

posted by white33 at 08:34 | 子育て|七五三

七五三の祈祷料

七五三で神社へ参拝して、お祓いしてもらう場合には事前に社務所へ予約をしておきます。そして当日は、七五三のご祈祷のお礼にいくらか祈祷料として包むようになっています。
最近では神社で一人当たり祈祷料がいくらと決まっている場合が多いので、七五三の祈祷を予約する際に聞いておくと良いでしょう。
祈祷料の相場としては、3,000円〜10,000円ぐらいまでの範囲です。
七五三の祈祷料は紅白蝶結びの祝儀袋を用意し、「御初穂料」や「御玉串料」と表書きします。
名前は、七五三を迎えた子供の名前を書き、年齢も書き添えましょう。

そもそも「御初穂」とは、その年の豊作を感謝してに、その年に初めて収穫された稲穂を、神社に奉納されたものです。この豊作のお礼のお供え物が時代とともに、稲穂からお金に置き代わってきたものです。
ですから、本来は七五三のご祈祷のお礼にお金がいくらですよと料金設定されているのはおかしい話しではあります。
お参りする人の神様へのお礼の気持ちが「御初穂」であったので、その人の価値観によって奉納する量も違っていたようです。

そうなると七五三を含めて神社へ支払う「御初穂料」「御玉串料」もお礼の気持ちによって金額が異なってくるのが本来です。しかしながら、現在では多くの神社が事務的に一人いくらと祈祷料を設定して七五三の祈祷をするようになりました。
これも神社に祈祷料がいくらですかと、聞く人が多くて、そのため、事務的に神社がわから、祈祷料の金額が提示されるようになったのでしょうか?これはこれで、金額が決まっていた方があれこれ悩まなくて良いという人もたくさんいるようにも思います。
a_btn099.gif

posted by white33 at 10:15 | 子育て|七五三

七五三のお祝い料理

七五三は子供が主役の行事です。最近では、七五三にお参りに行った後、おじいちゃんおばあちゃんを招いて外食をしたり、家でパーティを開いたりしてお祝いをしているようです。
いずれにしても、七五三のお祝いですから、料理は主役の子供が好きなものが用意されています。
外食でお祝いをする場合なら、七五三祝い用の懐石や、コースが用意されている店が結構あります。事前に予約しておけばお母さんは手間がかからずに簡単です。七五三のお祝いメニューには和洋中様々で、お店や料理する人によっていろいろありますが、食材にはおめでたい食材の鯛や鮑、海老、昆布などが使われたり、色鮮やかな野菜や果物を用いたりして、見た目にも喜ばれるように工夫されています。

七五三のお祝いを家庭でするなら、ケーキ風のちらし寿司が子供も喜びそうです。見た目が豪華でかつかわいらしく、ケーキに見立てた彩り豊なお寿司になります。おめでたい日の定番である赤飯も、最近は家庭で作る人が少なくなりましたが、思ったほど難しいものではないのでトライしてみてください。七五三のお祝いを頂いた方があれば、千歳飴と一緒にお返しに配っても喜ばれる事でしょう。
七五三のお祝いで一番大切なことは、家族そろってお料理を囲む事ですので、みんなが笑顔で食事できるよう、メニューを工夫してみると良いですね。
a_btn099.gif

posted by white33 at 21:06 | 子育て|七五三

七五三のお祝いと返し

七五三は我が子の成長をお祝いする日ですから、ごくごく内輪のお祝いになります。七五三でお祝いを贈る場合は、祖父母などの近親者や特に親しい間柄の時ぐらいにしておきます。それですから、七五三のお祝いには、両親の希望を聞いてプレゼントするのが一番良いでしょう。お祝いを贈るなら、10月中旬までには届くように早めに手配しておきます。
また、七五三のお祝いは年齢によって表書きが異なります。3歳は「御髪置祝」、5歳は「御袴着祝」、7歳は「御帯解祝」となります。
年齢がよく分からないときには、「祝七五三」としておいても間違いではないようです。

一方、七五三でお祝いを頂いた場合のお返しについてですが、基本的にはお返しは不要と考えます。神社への七五三参りの後に、千歳飴や赤飯、祝い菓子などを子供に持たせて挨拶に行く程度で良いとされます。
しかし、高価なものや過分なお祝いを頂いたときには半返しをすれば良いでしょう。
表書きは「内祝」とし、子供の名前と年齢を書きます。
このとき、七五三での子供の写真を添えると、お祝いを贈ってくれた方も喜んでくれるはずです。七五三のお返しは、11月の終わりまでにはするようにしましょう。

最近の七五三のお祝いの傾向としては、内々のお祝いとして大げさに御祝いはせず、身内だけで済ませる傾向が普通になっています。
a_btn099.gif
posted by white33 at 21:04 | 子育て|七五三

七五三で付き添う両親の服装

七五三の主役は七五三を迎える子供本人ですが、一緒にお祝いをする両親の適切な服装は礼装する方が良いでしょう。
七五三での子供の服装に合わせて、両親は和装、洋装どちらでも構わないと思います。
七五三を迎える子供が着物や袴姿の日本古来の伝統を守った服装なら、両親も和装の方がバランスとして良いのではないでしょうか。七五三に付き添う母親は、色留袖や訪問着、付け下げ、色無地といった落ち着いた色の着物に品のある袋帯などを合わせるのが良いと思います。父親は、紬地の無地に羽織を合わせると良いでしょう。

また、七五三を迎える子供が洋服の場合は、母親はフォーマルスーツやワンピース、父親もダークスーツなどの改まった服装を選ぶようにしてください。
七五三は、本来の意味からすると子供が無事成長した事を感謝してお祝いする行事ですから、服装よりもお祝いする気持ちが一番大切です。しかし、やはり七五三では神社へ詣でるのですから、いつもどおりの格好よりは少し気を遣いたいもので、記念の写真の撮影もあることですから・・・
近ごろの七五三では、お参りよりも写真撮影に気合が入りすぎ、実際に神社へ詣でる事をしない家庭もあるそうです。レンタル等を利用すれば良いので、気軽に礼装することができますので、神社への七五三参りはぜひ行っておきたいものです。
a_btn099.gif
posted by white33 at 21:01 | 子育て|七五三

七五三の衣装にレンタルの利用

子供の七五三をお祝いするのに、親はお参りや記念撮影での服装はどうしようかと悩むものです。七五三の祝いに合わせて衣装を新調するのも良いですが、一度か二度着るだけのためだけにという思いもあります。また、七五三を迎える本人だけの衣装以外に、付き添う両親もある程度の礼装が必要で、あわせて考えると大きな出費となります。
七五三の祝いにはレンタルの衣装を利用してはいかがでしょうか。レンタルなら子供の好みやサイズにピッタリの衣装を多くの種類の中から選ぶ事ができ、料金も安く済みます。
また、七五三が終わった後のクリーニングなどの手入れが不要なことも助かります。それに、当然ですが、七五三で必要な着物以外の草履やバッグ、髪飾り等の小物も一緒に借りる事ができます。
最近では、写真館で七五三写真の予約をすれば、その当日や別の日でも低料金で衣装を借りる事ができるプランがあったり、着付けやヘアメイクがパックになったプランもあるようです。
このようなセットのプランやレンタルを利用して、七五三参りや記念写真を撮ると良いのではないでしょうか。
また、おじいちゃんやおばあちゃんにきちんと着物を着たお孫さんの七五三写真をプレゼントすればきっと喜んでくれる思います。
a_btn099.gif

posted by white33 at 20:59 | 子育て|七五三

七五三の髪型

最近では七五三で神社へのお参りに行くこと以外に、記念写真を撮るのは当たり前となってきています。そこで重要なのが、七五三の衣装はもちろんですが、女の子の場合は髪型も大切なポイントです。せっかく着物を着たり、メイクをしたりするのですから髪型もかわいくアレンジしてあげると良いですね。

七五三の髪型で人気があるのは、やはり着物に似合うアップスタイルになってきます。七五三の3歳の女の子は、髪の毛は細くて柔らかく、長さもそんなに長くはないので、2つのお団子を作ってアップしてあげます。また、3歳らしくかわいく仕上がって一石二鳥です。七五三の3歳では髪にボリュームもないので、ウィッグでボリュームを出し、着物と同系色の大きめの髪飾りをつけるとまとまりが出ます。
七五三の7歳では、2つ結びは子供っぽくなるので一つにまとめます。お団子の位置や高さ、前髪を上げるか下ろすかなどで雰囲気がかなり変ってくるため、どのようなアレンジが子供に似合うのか事前に試しておくと良いですね。現代風にアレンジするならウィッグを付けて、髪飾りも左右に付けるのはどうでしょうか。純和風の髪型にするなら、お団子の上にかんざしなどの髪飾りを一つ付ければ正統派の日本髪が出来上がります。

七五三で初めての着物やメイクを体験する女の子も多いので、かわいく仕上げてあげて、何より七五三の主役である子供が喜んでくれるようにしてあげたいですね。
a_btn099.gif
posted by white33 at 20:55 | 子育て|七五三

七五三の神社でのお参りの仕方

最近では、七五三の写真だけを撮って神社へお参りに行かないという家庭も増えているようです。しかし、本来の七五三の意味を考えると、神社へのお参りはしておきたいものです。
神様に子供が七五三を迎えられるまで、無事成長した事を感謝する日なのですから、正式にお参りをしたいものです。
七五三の神社でのお参りの仕方を紹介します。
まず、神社で祝詞をあげてもらう場合には、前もってその神社の社務所に申し込みをしておきます。そして七五三参りの当日は、男の子は羽織袴姿、女の子は着物に祝い帯で正装します。
しかし、最近では洋服姿で気軽に七五三参りをする家庭も多く見られます。必ずしも着物でなければならないという事はないのですが・・・。最近では着物を着る機会も少なくなっていますので、七五三参りに着物を着せてあげると子供も喜ぶ事だろうと思います。

七五三参りのために神社へ着くと、初めに鳥居をくぐる事になります。鳥居では、「この先には神様がいらっしゃいます」という神社への入り口ですから、手前で軽くお辞儀をして鳥居をくぐってください。次に、手水の場所で手と口をすすぎます。手を洗い、口をすすぐのは身も心も清める意味を持っています。そして、社殿に向かいます。2礼2拍手1礼をして、子供の成長を感謝し、ご加護をお願いして、祝詞を奏上して、お祓いをしていただきます。
a_btn099.gif
posted by white33 at 20:53 | 子育て|七五三

七五三参りに行く神社

七五三 猿田神社


七五三は、子供が7、5、3歳という節目を迎えられる年齢まで、健やかに成長できた事を神様に感謝し、今後のご加護をお願いする日です。ですから、七五三の本来の意味を考えると、七五三のお参りに行くのは近くの氏神様へお参りに行くのが本当です。ところが、近くに神社がない場合があります。そのような時には、子供が生まれた土地の神社や、お宮参りに行った神社へ七五三参りに行くと良いでしょう。
七五三では、子供に綺麗な着物を着せ、髪をセットして、メイクもかわいらしく施し、神社へお参りをした後は記念写真を撮って、外食やご馳走で盛大にお祝いしたいと考えるのが親心です。
それに合わせて、七五三参りに行く神社も有名な由緒ある神社へ行きたいと考える人が増えてきています。例えば、東京なら明治神宮、名古屋なら熱田神宮、奈良なら春日大社という具合です。
大きくて有名な神社へ七五三参りに行くのも良いのですが、子供にとって堅苦しい着物姿や、履き慣れない草履で遠くの神社へ行くのはかなり辛いスケジュールになります。子供のことを考えると、できる事なら近くの神社で、七五三の本来の意味合いどおりに、氏神様に我が子のすこやかな成長を感謝し、祈願したいものです。
近くの神社で七五三の祝詞をあげてもらえば、神主さんが我が子のためだけに時間をかけて祈願してくれることもあります。すると、とてもありがたい気持ちになれ、子供にも負担が少ないので、あとでこの七五三のお参りが良かったねと得心すると、思いますよ。
a_btn099.gif

posted by white33 at 18:56 | 子育て|七五三

七五三の着物

七五三での子供の着物姿は、女の子はとてもかわいらしく、男の子は凛々しくて見ていて微笑ましいものです。

七五三のそれぞれの年齢での正式な衣装です。

まず、3歳の男の子の七五三では、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(もんつきにまいがさね)にへこ帯、袖なし羽織を着せてあげます。一般的に、この時には、お宮参りのときの「のしめ」を転用する場合がおおいです。一方、3歳の女の子も七五三の時にはお宮参りの着物を仕立て直して利用するのが多いです。晴れ着に帯を結ばずに苦しくないようにひもで軽く着せてあげ、被布を着せます。髪飾りをつけてかわいらしくしてあげると、七五三を迎える本人も喜ぶ事でしょう。

七五三の5歳をお祝いするのは男の子のみです。日本古来の風習で初めて袴を身につける儀式の日である七五三の5歳は、紋付羽織袴を身につけます。長着は、羽二重の五つ紋付熨斗目模様や色紋付で、揃いの羽織を合わせ、下着は白羽二重の比翼仕立てにします。袴をはかせ、畳表の草履と扇子を身につけると、男の子らしい姿となる事でしょう。

七五三の7歳は女の子のみで、帯解の祝いですから、大人の女性と同様に帯を締めて着物を着るようになります。友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様がお勧めです。襲は、縮緬や綸子の赤やピンクの紋織り無地か鹿の子絞りの無垢仕立てにしてそろえるのが正式です。帯は丸帯を用いてかわいらしく着付けてあげましょう。
草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のものになります。
a_btn099.gif
posted by white33 at 18:54 | 子育て|七五三

七五三の日程

七五三で神社へお参りに行く日といえば、一応11月15日を思い浮かべます。
七五三の風習は、鎌倉時代に公家や武家の子供がそれまで着物を紐で着付けていたものを、帯で着付けるようにする儀式があり、それが室町時代、江戸時代と時を経て大衆文化に広がって、お参りする日付が11月15日と定まったと言われています。
11月15日は、徳川5代将軍の綱吉の息子である徳松の袴着の祝いがこの日に行われたため、七五三が現在でもこの日になったと言われています。
また、七五三の11月15日のお参りの日にちについては、別の設もあります。15日は、28宿の鬼宿日に当たり、鬼が家にいて出歩かない日で何かをするには吉日とされていました。そして旧暦の11月は、穀物の収穫を終え、その実りを祝し、神様に感謝してお祭りする月でもあります。そこで、11月15日に、氏神様へ子供の成長の感謝も併せて、今後のご加護を祈るようになったと言われています。
最近では、七五三も特に11月15日にこだわらず、秋に入って家庭の都合の良い日を選んでお参りする人も多くなってきています。また、地方によっては旧暦の11月15日は今の10月15日に当たるため、1ヶ月早めて七五三参りをするところもあるようです。近ごろ一般的には、七五三参りに行く日付として、10月末から11月末ぐらいまでの土日祝日が最も多いようです。
a_btn099.gif
posted by white33 at 18:52 | 子育て|七五三

関東と関西で異なる七五三

関東地区と関西地区では様々な文化・行事に違いがあります。七五三においても関東と関西では赴きが違うようです。
七五三の行事は子供の成長の節目になる年齢にあわせての儀式を行っていたものです。もともと、平安期に公家の間で行われていた儀式が、時を経て、江戸期に庶民の間にも行われるようになったと言われています。
現代行われているような七五三は、江戸期後半に江戸(東京)で始まったとされています。関西には当初、このような行事はなかったようです。現在ほど貸衣装の利用が一般的でなく、七五三では着物を新調する必要があるため、江戸の呉服屋が商売繁盛のために七五三を宣伝し、広めていったという説もあるようです。
七五三が今のように全国的に広まり、関西でも行われるようになったのは、昭和期に入ってからと言われております。
実際に今でも関西より関東の方が、七五三には家族の行事として、力が入っているようです。

関東と関西での七五三参りの違いは、七五三のお参りの仕方にはっきりとした違いがあるようです。関東では七五三の参拝は子供のご祈祷をお願いする人が多いようです。ところが、関西ではお賽銭をいれてお参りして、千歳飴だけを買って帰る人が多いという話も聞きます。

他に関東と関西の違いは、関西では七五三の3歳は男女ともお祝いしますが、関東では女の子のみしかお祝いしないという地域もあるそうです。また、神社で七五三のご祈祷をしてもらう際にお礼を入れる祝儀袋ですが、一般的には蝶結びの水引を用いますが、関西では鮑結びにするそうです。

これ以外にも、七五三の儀式は、地域によってお祝いする年齢や日付などにも、様々な風習の違いがあるようです。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:24 | 子育て|七五三

七五三の7歳のお祝い

七五三の7歳のお祝いは「帯解のお祝い」と言います。女の子が7歳に成長したお祝いになります。7歳まで無事に成長してくれたお祝いを機会にこれまで付紐で着物を着ていたのを、帯を締めて着物を着るように変える儀式になります。
この「帯解のお祝い」の儀式を境に、女の子は一人前の女性として扱われるようになるという意味合いもあります。
昔は、七五三の7歳までは、子供に人格はなく神からの預かりものと考えられていました。7歳を迎えて初めて氏神様から氏子札をもらい、人格を認められるということになっていました。そのことから、七五三の7歳は大人として、住んでいる地域社会で、その子の存在を認められたものとして扱われる大きな節目の年になっていました。

七五三の7歳での衣装は、体に合わせて肩上げ、おはしょりをした友禅などの着物を用意します。帯も華やかにかわいらしく結びあげます。
足元はぽっくりまたは草履を履かせます。七五三では女の子はかわいらしく化粧をしてあげます。本人も七五三を迎えて、一歩大人に近づいた気持ちになって、喜ぶを表してくれる事と思います。

七五三のお参りまで、子供はいつもと違った服装をし、神社での祈祷や記念撮影といった行事をこなして行くのに、その日一日、子供は予想以上に疲れてしまいます。七五三の主役は子供ということを念頭において、七五三を迎えた子供本人が一番楽しめるスケジュールにしてあげることも大事だろうと思います。

相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策

おすすめサイト、リンク集71

自動メール配信,web予約システム,予約管理システム

紹介予定派遣 ランキング

カジノ

錦鯉総合情報サイト・Search錦鯉

キャッシング

消費者金融 消費者金融比較

仕事依頼ドットコム

広島 賃貸

広島市 賃貸

相互リンクふぉーらむ

レイキ、気功、気、奇跡、ヒ−リング、癒し、瞑想、幸せ

矯正歯科

矯正歯科

歯科 歯医者 武蔵野市 吉祥寺 八木歯科 審美歯科 予防歯科

移動動物園・ふれあい動物園

FX予想配信

廃車 廃車埼玉 廃車東京 廃車千葉 廃車買取

不動産担保ローン

不動産担保ローン

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

板金塗装,板金塗装 横浜,板金塗装 神奈川

過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 借金相談 サラ金問題

過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 破産手続 大阪

結婚相談所

副業

水 ダイエット

パチンコ冬のソナタ

カジノオンネット

インペリアルカジノ

審美歯科

矯正歯科

東淀川マップ

稼ぐ、儲かる

楽天市場のショッピングで通販

恋愛成功法則

ナンパスポットとは?

激安家電通販の【価格破壊】

RSS Keyword Blog

産業・木工機械の小川テクニクス

野菜、カット野菜のふぁいんふぁいん

ダホン自転車通販nav

緑のカーテン作り方で省エネ計画

マッチョ★のレシピ

自動車保険

れいんぼーびれっじ

ダイエットサプリ通販

ファイヤーキングはアンティク

がまかつの釣具で大物をゲット

ナンパ研究会の未来

炎の芸術 備前焼作家 花岡 勉

亜紀のパンスト日記

ホームページ作成 サーバーの選び方

歯列矯正

音楽情報館

個人旅行のお手伝い

黒兎音楽館

テレビや雑誌で話題の本

ゲームチャンネル24

悪質競馬情報会社にだまされるな!

RRS速読スクール

私的・・お気に入りgoods☆

Google Mapストリートビューを極める!

懐メロダウンロードDE懐メロ

PositiveMind

SEKENKOKE

sakurahana人気ブランド・スクウェア

神石高原町へようこそ

稼ぐマニュアル情報局

ガソリン200円時代の燃費対策

自転車キャンパーのセコロジーな生活

ペット用品ぐれーど わんわん

ハイアットリージェンシーグアム

那須ガーデンアウトレットとリゾレット

ハワイアンソング

dam採点と高得点獲得法

ヘ-ベルハウスと二世帯家族

ニッサンGTR

キャシング初めて講座

MIUMIU神戸

ダイエット方法いろいろ百科事典

再生倶楽部

名古屋市名東区の税理士寺西利夫

30箇所のバイト経験語ります

永作博美ブログ芸能ニュース

一過性脳虚血発作について

涼宮ハルヒぶろぐ


a_btn099.gif

posted by white33 at 09:41 | 子育て|七五三

七五三の5歳のお祝い

七五三の祝いで、5歳の時に祝うのは男の子だけになります。
七五三の5歳は「袴着の祝い」と言います。
昔、男の子が5歳になると初めて袴をつけることの祝いの儀式から来ています。
袴着の祝いの儀式は、5歳の男の子を基盤の上に立たせ、恵方を向いて袴を着ける儀式です。七五三が11月15日に行われるようになったのは、江戸時代の徳川5代将軍の綱吉(犬将軍)の息子である徳松の七五三の祝いを11月15日にした事によるとされています。
それまでは、吉日を選んで袴着の儀式を行っていたそうです。

現代でも宮中の儀式として「着袴の儀」が行われています。
七五三の5歳の正式の衣装は、袴を身につけるのはもちろんで、紋付羽織袴が正装になっています。羽二重の五つ紋付熨斗目模様や色紋付の表着とそろいの羽織を合わせます。下着は白羽二重の比翼仕立てで、袴は黒、紺、茶などの無地から選ぶのが良いでしょうね。

子供が羽織袴で正装すると、是非とも、白い扇子、懐剣を持たせて記念写真を撮っておきたいですね。子供の七五三の良い記念となる事でしょう。

最近の男の子の七五三では、3歳は神社へお参りせず、5歳の時だけお祝いをするという家庭も増えているようです。

男の子が晴れ着を着て、家族そろって神社へ行き、子供の成長の感謝と更に、健やかに育ってくれる祈願に、お参りをする七五三は、これからも大切にしたい日本古来の風習ではないでしょうか。
活発で遊びたい盛りの5歳の男の子も、七五三で袴を着けると誇らしく、りりしい顔になっています。

家族そろって神様に子供の成長を感謝し、ご加護をお祈りしましょう。
a_btn099.gif

posted by white33 at 10:05 | 子育て|七五三

七五三の3歳の祝い

七五三の着付け
七五三の三歳の祝いは「髪置きのお祝い」と言い、男女ともに祝います。 平安時代の風習では、誕生7日目に産毛を剃ってしまい、3歳までは男女とも坊主でおります。3歳から髪を伸ばし始めました。この儀式が「髪置きのお祝い」ということで、この儀式に因んで七五三の3歳のお祝いが行なわれます。 頭を剃髪するのは、昔は病気が髪の毛から入ってくると考えられており、若年での死亡率が高かったので、3歳まで坊主にしていて、3歳まで子供が病気にならず元気に育ったら、そこから髪を伸ばす事にしたそうです。そこで子供の3歳までの成長をみんなでお祝いする習わしが、七五三の3歳の「髪置きのお祝い」なのです。 3歳の七五三参りでは、子供の成長はまだ充分でないので、子供の様子によっては、体調や機嫌の良い日や時間帯を選んでお参りするのが無難でしょうね。無理のない日程で行くようにしないと、子供が愚図って大変になります。 七五三の衣装は、男の子は羽二重熨斗目模様の紋付二枚重ねに兵児帯と袖なし羽織が正式衣装になっています。 女の子は、手早く着せられる被布姿が良いようですね。 着物は綸子や縮緬の型友禅の小紋柄や縮緬の無地、綸子地の絞りなどが被布と合わせやすいでしょう。 七五三の3歳は数え年でお祝いする時や、子供が早生まれの場合は体が小さいため、無理せず楽に着られて、動きやすい服装でお祝いするのが良いと思います。また、写真撮影と七五三のお参りが同じ日だと子供は大変疲れてしまいますので、特に3歳の七五三の時はお参りと、写真撮影の日とを別々の日にすることも「有り」だと思います。 a_btn099.gif
posted by white33 at 11:36 | 子育て|七五三

七五三について

子育てでの行事に七五三があります。お彼岸過ぎから、七五三のことが気に懸かります。
七五三とは、元来、子供の成長を祝い、今後、子供が健やかに成長をしてくれることを祈願するために神社に詣でる行事のことを言います。

七五三というのは、言葉通りに子供が7,5,3歳にまで成長してくれたお祝いをします。
七五三の3歳の祝いは、「髪置のお祝い」と言います。昔の子供はは男女共に3歳までは髪の毛を伸ばさずに剃っていましたので、髪を伸ばし始めるお祝いになります。
七五三の5歳の祝いは、「袴着のお祝い」といいます。男の子が子供用の着物から初めて袴を着るためのお祝いになります。
そして、七五三の7歳の祝いは、女の子が今まで着物は紐で着ていたのですが、その時から帯を締めて着物を着るようになる「帯解きのお祝い」になります。
このように、七五三は子供が3,5,7歳の祝いをするまでに成長できたことを喜び、みんなでお祝いをする日なのです。
また、子供は7歳までは人間でなく神様からの預かり物だと考えられていたことから、七五三のお祝いをする行事が生まれたきたものとも考えられています。
現在と違って、日本も近世までは、貧困や栄養不足などが原因で子供が成人に達するまで生存している確率はかなり低いものでした。
それだけに、子供の成長は喜ばしいことだったのでしょう。

七五三は、昔は数え年の7,5,3歳の時に11月15日に神社へ行き祝詞をあげてもらっていましたが、現在では満年齢でお祝いをする人も増えているようです。
posted by white33 at 08:18 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。