出産の知識>出産について:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

あなたが出産する地域の一時金

出産育児一時金は健康保険に加入していて保険料をきちんと払っている人なら、子供1人につき35万円が支給されます。
しかし、その他の助成金制度に関しては、出産・子育てを行なう地域によって違いがあります。

出産や子育てをする中、助成金制度が各地で違うのはその土地柄の生活環境によっても異なっています。東京都内だけで考えても、港区・千代田区・目黒区内は、出産育児一時金は同額であってもその後の、育児・医療に関わる助成制度が充実しています。
乳幼児の医療費の助成のほか、チャイルドシートの助成制度まであります。

また、出産後に離婚をしてシングルマザーとして子供を育てている家庭を中心に支援を強化している区もあります。

出産や子育てをするには、どこの地域が良いのか、どの様な支援があるのか等の簡単な知識でも得ておけば、子育ても充実した生活を築けるのではないでしょうか。調べればたくさんの助成制度があります。

また、出産から子供が3歳もしくは12歳になるまでの間、どの地域でも支給されるのが児童手当で、子供の年齢によって定められている金額は約1万円〜5千円のお金を受け取れます。

しかし、児童手当を受けるには所得制限が設けられていますので、出産を終えて体調が回復した頃に厚生年金・国民年金者は役所に行き、共済年金者の方は職場に問い合わせてみることです。大体年収500万円を超えると児童手当が支給されるかされないかの境に入りますので、確認してみることです。

a_btn099.gif


posted by white33 at 19:05 | 出産の知識>出産について

初めてする出産

初めて出産には痛い」「怖い]とかで不安や心配事がたくさんあると思います。
産院や総合病院では、出産の仕方でもいろいろと異なっています。
医師や助産士側からの出産方法の自然分娩・誘発分娩・無痛分娩とありますが、出産をするお母さんと産まれて来る赤ちゃんを中心に考えられた出産方法のアクティブバースというのがあります。
誘発分娩や自然分娩・無痛分娩については良く耳にしますが、アクティブバースについては聞き慣れない人もおられると思います。

アクティブバースは赤ちゃんが産まれて来る瞬間にお母さんがリラックス出来て、一番楽な体勢を取れる出産方法として注目を集めています。
アクティバースの出産では、出産時に四つんばいになる事も、立ったまま・左右横向きに寝る体勢等のポーズもいろいろあります。

出産の時のリラックスな方法としては、LDRも人気があります。
LDRとは、陣痛(L)・分娩(D)・回復(R)の各時期をずっと同じ部屋で過ごせる快適な部屋のことです。出産の時は体力が奪われる事になりますので、なるべく妊婦の移動も控えたいと考えます。そうしたところから、LDRの部屋はベットが分娩台にもなるように考案されています。このようなスタイルを妊娠中から希望される女性が増えています。

初めての出産では、分らない事が多くあります。いろいろ調べて自分に合ったスタイルを見つけられればいいでしょうね。
a_btn099.gif

posted by white33 at 08:45 | 出産の知識>出産について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。