子育て|乳幼児の病気>せき:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て中の赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

子育て中のお母さんの悩みは、秋口から冬にかけて、赤ちゃんの咳、や熱です。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、せきも激しいのが特徴になっています。子育て中の赤ちゃんが咳こんだりすると、赤ちゃんがインフルエンザに罹ったのかなと心配になります。

赤ちゃんがインフルエンザにかかりやすい年齢は誕生後6カ月以降です。罹ると病気は長引きます。季節は大方、冬にかかりやすく、インフルエンザの原因はウイルスの感染です。
インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、ウイルスの種類もいくつかに分かれます。風邪に似た症状が強く出て、ひと冬に何度もかかるということもあります。子育てには赤ちゃんのまわりの感染環境に気にかけないといけません。

インフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重くなって、肺炎や脳症などの合併症を起こす危険性もあるので子育てでも、最も注意してあげないといけません。

インフルエンザ予防としては、予防接種が有効だと言えるでしょう。
インフルエンザの予防接種は、誕生後6カ月から受けることができます。
赤ちゃんに感染させないためには、子育てのためにも。赤ちゃんだけでなく、父親、母親も揃って一緒に接種するのがいいと思います。

急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと3日以上の発熱です。
かかりやすい赤ちゃんの年齢はやはり、誕生後6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。原因は、風邪の延長上で始まることが多く、気管支にウイルスが感染します。
原因の大半はインフルエンザウィルスや、RSウイルスと言われています。肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので、充分に気をつけてあげてください。

風邪をこじらす子育てではいけません。早め、早目の手立てが子育てです。
赤ちゃんに食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給が必要です。
子育てに大事なのは、いつも、注意深く赤ちゃんの状態を見守ってあげることだと思います。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:08 | 子育て|乳幼児の病気>せき

子育てで赤ちゃんの鼻づまりにしてあげること

子育て中のお母さんが赤ちゃんの鼻つまりに家でしてあげること。

赤ちゃんの鼻づまりのケアでは、まず部屋の乾燥を防ぐことと、鼻の下の肌荒れをケアしてあげることが大切です。赤ちゃんの周りの状態によってケアすることは大事な子育てです。

赤ちゃんの鼻がすっきりしないときは、蒸しタオルを鼻の下に当ててください。タオルが熱すぎるとやけどをしてしまうので、タオルの温度には気をつけてください。
赤ちゃんの鼻に、鼻くそがつまって指ではなかなか取れないときは、綿棒などを使います。無理に取ると鼻の中に怪我をさせることもあり、赤ちゃんもいやがります。そこで、綿棒や、こよりで鼻の入口を刺激させることで、くしゃみを出させます赤ちゃんは動くので、綿棒やこよりを鼻の奥に入らないように気をつけ、特に、目などに入らないように注意してください。赤ちゃんへの気配りが大切な子育てです。

赤ちゃんの鼻水が治まらないときは鼻吸い器を使います。
鼻の中にたまった鼻水は、きれいに取れるので赤ちゃんもすっきりしますね。鼻吸い器は、急に吸うのではなく、少しずつ加減して吸いましょう。

もう一つ、赤ちゃんの鼻の下はこすりすぎないように注意して下さい。
鼻水は、赤ちゃんの敏感な肌がかぶれる原因になるので、こまめにふき取って子育てに手を尽くしてあげてください。
柔らかい布やガーゼをぬるま湯でぬらし、そっとふき取ります。その後乾いた布などで拭いてあげてください。
最後に保湿クリームで肌を保護し、乾燥から守ってあげてください。

子育て中のお母さんが自宅で出来るホームケアを知っておけば、赤ちゃんの鼻が詰まって苦しい状態の時でも、楽にしてあげられます。子育てにはケアのこころでしょうね。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif
posted by white33 at 08:54 | 子育て|乳幼児の病気>せき

子育て赤ちゃんの鼻水や鼻づまり

子育て中の赤ちゃんが鼻水や鼻づまりになっている時の対処です。
大体は赤ちゃんは、気管が狭いのが原因で、鼻水がつまりやすいものです。鼻がつまっていると呼吸だけでなく、ミルクが飲みづらいので、子育てのお母さんも気がかりです。お母さんは鼻づまりをこまめに取り除いてあげる必要があります。

赤ちゃんが鼻水・鼻づまりがあっても機嫌がよくて、よく眠るような症状の場合は、家で様子を見守っていて大丈夫です。

でも、赤ちゃんが呼吸するのがつらそうだったり、鼻水が緑色や黄色の場合には医師に診察を受けて欲しい症状です。
そして鼻がつまってなかなか眠れなかったり、おっぱいが飲みにくそうな場合も、受診してもらってください。

赤ちゃんに発熱があったり、せき、呼吸が荒いときなどの症状の場合は、診察時間外でも医師の診断を受けるようにしてください。

赤ちゃんの急性鼻炎の主な症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどです。

子育てで気をつけたいのは、かかりやすい年齢の誕生6カ月以降です。冬にかかりやすい傾向にあります。

子育てで病気の予防としては、 部屋の空気を乾燥させないことです。
空気が乾燥している場所は、ウイルスや細菌が粘膜で繁殖しやすい環境になってしまいます。

赤ちゃんの副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は、黄色く粘り気のある鼻水と鼻づまりです。

子育てで気をつけたいのは、かかりやすい年齢の6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。

この副鼻腔炎の原因は、鼻の奥の空洞が細菌感染し、かぜなどの感染症のあとに起こります。
鼻水、鼻づまりだけでなく、頭痛もあります。抗生物質で治りますが、髄膜炎、中耳炎に発展することもあるので子育てのお母さんの注意が必要になります。

子育て中の赤ちゃんに風邪をひかせないことが1番の予防になりますが、お母さんとしては赤ちゃんの鼻の中を清潔に保ち、たまった鼻水や鼻くそを、綺麗に、こまめに掃除してあげる子育てが要ります。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif



posted by white33 at 09:57 | 子育て|乳幼児の病気>せき

赤ちゃんの咳と出来るホームケア

赤ちゃんが咳をしたときに家庭で出来る子育てケアは何があるでしょう。赤ちゃんの咳が出る状態のときは、食欲が落ちたり、睡眠が浅くなったりします。
まず家庭で出来るケアは、室内を加湿し、赤ちゃんの呼吸を楽にしてあげることです。

咳をしている赤ちゃんを抱きあげて、立てに抱いて、背中をトントンしてあげましょう。これだけでも結構、赤ちゃんは呼吸が楽になります。

赤ちゃんがせきで寝つけない時の子育てケアは、上半身の下に座布団などを入れて、寝かせた姿勢から少し背中を立てるようにします。

赤ちゃんの咳が、コンコンと乾いたような咳の場合は、洗濯物を室内に干して、部屋に湿気を与えることもいいでしょう。
子育ての知識として、部屋の湿度の目安は50〜60%と覚えておいてください。お湯を張った洗面器を置いたりして、室内の空気の状態を変えてください。子育てには湿度計や加湿器があれば都合がいいのですが・・・
それでも、一向に赤ちゃんの咳が治まらない時は、赤ちゃんに水分を補給してください。炎症を起こしているのどが楽になります。脱水症状を防ぐためにも水分補給はまめにしてあげてください。

赤ちゃんが咳をしたときの子育てのケアを知っておくことで、自宅でも慌てずに赤ちゃんの子育てケアが出来ます。
私たち大人が咳をしたら苦しいように、赤ちゃんも同じように苦しいのです。

まだ体が充分に発達してない、小さい赤ちゃんの咳は、赤ちゃんの体にも大きな負担がかかります。
子育てとして、当然、自宅で出来ることはしてあげるのですが、それでも、早めに医師に診てもらうことも大事です。

赤ちゃんの咳が風邪だとして、風邪をこじらせると、さらに大きな病気に発展することも考えられます。咳を安易に考えず、赤ちゃんの子育てでの健康管理をしっかりとしてあげてください。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif


posted by white33 at 09:47 | 子育て|乳幼児の病気>せき

赤ちゃんの気になるせき

子育てをしていて、赤ちゃんがよくせき込むことに気がかりです。赤ちゃんは呼吸器官が未発達なので、これは体の反応で、肺や気管に入った異物を排出しようとするためのせきです。

子育てをしていて、赤ちゃんのせきの症状によって病院に行く、行かないかをお母さんが判断する目安です。

■そのまま自宅で赤ちゃんの様態を見守るせきの症状
軽いせきが続く程度の状態。

■診察時間内に受診する段階のせきの症状
時間と共にせきをする状態がひどくなってきている。
コンコンと乾いた音の咳から、ゴホゴホと湿った音の咳に変わった。
呼吸が速くなってきて、発熱がある。

普段から、体重の増えが少なく、生まれたときから呼吸が速めの場合も医師に相談しておくと良いですね。

■診察時間外でも、受診をしなければならないせきの症状
赤ちゃんがぐったりとし、小鼻を動かすようにあえぐ状態。
せきが治まっているのに、肩で息をしている。
呼吸したときに胸がへこんでいて苦しそう。
ミルクを吐いてぐったりしている。
ヒューヒュー、ゼーゼー、というせきをする。
夜中に犬の鳴き声のようなせきをしている。
激しくせき込んでいる。

■救急車を呼ぶ咳の症状
顔や唇の色が変わってきて紫色になってきた。呼吸困難になっているなど。

赤ちゃんのせきの仕方でも、様々な症状があります。
軽いせき程度であっても、赤ちゃんの様態の変化には注意深く見守っていて、異変に気がついたら、早めに医師に見てもらうようにしてください。

赤ちゃんの風邪の症状としては、発熱、鼻水、鼻づまり、せきなどの症状が見られます。

風邪にかかりやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、季節を問わず風邪にかかることを子育てをする上で知っておいてください。
風邪の原因の多くはウイルスで、その種類は200とも言われています。

子育てで赤ちゃんの風邪からの予防は、風邪がはやっているときの外出を避けることです。
ウイルスに対する抗体が一度感染して出来ても、別のウイルスに感染することがあるので子育てをする上で認識しておかなければなりません。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:48 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。