子育て|トイレトレーニング:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・トイレトレーニングの時期

子育てで気にかかるのはトイレトレーニングを始める時期についてです。2歳前にオムツがはずれる子もいれば、3歳になってもまだオムツははずれない子もいます。わが子と同じくらいの子とどうしても比べてしまったりしてしまいます。それだけに早く、オムツがとれてくれないかなーという子育て中のお母さんの願望も強いのでしょう。ママ友同士でも話題の多いトイレトレーニングですが、トイレトレーニングには決まった年齢はありません。

大事な子育てですから、やはり、子供の体の成長に合わせて行うことが大切です。一般的には2歳を過ぎると膀胱におしっこを溜められるようになるので、始めるのがいいと言われています。
しかし、トイレトレーニングを始める時期を見極めるのは、大人の言葉の意味が子供に理解出来ていることと、それに対して言葉や身振りで受け答えできることが大切です。また排尿の間隔が2〜3時間くらい間隔があいていることがトイレトレーニングの開始の条件になります。

2歳を過ぎたからといっても成長や発達の度合は個人差があります。
膀胱におしっこをためる量やおしっこの間隔にも差があるので、子育てですから、子供の様子をじっくり見守りながら、生活リズムに合わせてトイレトレーニングの開始の時期を検討してください。
トイレトレーニングを行うには、夏場がいいと言われていますが、今は冬でも暖房で暖かいのであまり季節は気にせずに、あくまで子供の成長や発達の度合で決めることが一番良い子育てだと思います。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif


posted by white33 at 10:35 | 子育て|トイレトレーニング

子育て・子供のトイレの使い方

子育てで自分の子がなかなか、一人でトイレに行けなくて、何時までもオムツがとれないのが気に懸かります。
同じぐらいの年の子が、トイレに自分でいけるようになった話を聞くと、焦ったり落ち込んだりしてしまいます。でも決して焦らないことです。どんな子でも、いつか必ずオムツが取れる時期が来るものだと思って、日常にトイレをする練習を積み重ねる子育てが大事です。

子供がトイレを使うことにうまくいかなくて、親はイライラしてしまいがちです。しかし、その親の気持ちを子どもが気づくと、怖がって黙ってしまったり、不安になって逆に尿をもらす失敗をしてしまうことも多いと思います。
時には、子供の体調が悪かったり、外出したりしてトイレの躾を中断しなければならないこともあると思います。
そんなときには、その日だけは割り切ってオムツを使った方がいい場合もあります。

子供のトイレのしつけ方の方法ですが、やり方は簡単だと思います。
子供の日常のリズムを作ってやり、そして子供のトイレに行く時間がだいたい決まってきたら、そのタイミングを計って「トイレに行こうね」と誘ってやることです。
もし、その間に失敗をしてしまっても、怒らずにただ拭いてあげてください。そして「次はトイレに行ってしようね」と優しく言ってあげる子育てをしてください。
これを繰り返すだけで、トイレの習慣は自然と身に付くでしょう。
もちろん、順調にトイレに行けないこともよくあります。
いずれにしろ、強く叱らずに諦めないで、根気強く繰り返しトイレに行くことを誘ってあげる子育てが良いのではないでしょうか。

たとえば、子供用の補助便座を用意するなり、子供が好きなキャラクターのものや、シールなどを貼って飾り付けしてみて、子供がトイレに行くのが楽しくなるように、工夫してみるのも一つの方法かもしれません。
また、トイレに行くことができたら、ご褒美シールを1枚貼ったり、人形を使って見本を見せてあげたり、と子供がより楽しみながらトイレができるようにしてあげればいいのではと思います。
子供が楽しくトイレのしつけ方を乗り超えれるように、ちょっとの工夫も子育てですね。
【つながってるよ!ブログ】
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif
posted by white33 at 11:47 | 子育て|トイレトレーニング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。