子育て|乳幼児の病気>嘔吐・下痢:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て|赤ちゃんの嘔吐

赤ちゃんの嘔吐から考えられる病気と対応


赤ちゃんの嘔吐は、いろいろな病気ではないかと考えられるので、ただの風邪だとの判断は危険です。

大人でも吐き気を催すときは、身体のどこかに異常を思うものです。
赤ちゃんの嘔吐にもいろいろな症状が見られます。

赤ちゃんが授乳直後にミルクを吐くなどの症状。
赤ちゃんの誕生後2〜3カ月頃までは、ミルクを飲みすぎて吐いたり、空気もいっしょに飲んでしまい、嘔吐する場合があります。

げっぷと共にミルクを吐く状態は病気ではないと思われます。

赤ちゃんがミルクを吐くのを避けるのには、授乳後立て抱きにして、背中をトントンと軽く叩いてあげます。

赤ちゃんはミルクを飲んだ後、げっぷをするので、げっぷを見届けて寝かせてあげましょう。

赤ちゃんは元気なのに飲んだものを嘔吐の症状。

赤ちゃんの胃は縦長になっています。胃の上部にある噴門部の筋肉がまだ発達していないので、大人に比べて吐きやすく、ミルクなどをすぐに戻してしまうことがあります。

噴門部の筋肉とは食べ物や飲み物の逆流を防ぐ部分のことです。

赤ちゃんの誕生後すぐからこの症状が見られます。

このようなときは、1回の授乳量を減らして、授乳の回数を増やし、赤ちゃんが吐かない様に調整します。

それでも赤ちゃんの体重があまり増えないようであれば、医者に診てもらうとよいjでしょう。

赤ちゃんが授乳のたびに激しく吐く症状。

誕生後2〜3週間以降の赤ちゃんで、胃の内容物が逆流し、内容物が十二指腸に送られない状態になって嘔吐します。

肥厚性幽門狭窄症といわれます。

授乳のたびに吐いて、それも激しく吐き出します。赤ちゃんの体重が増えず、栄養不良になることもあります。

当然、医者に診てもらわなければならないです。

●赤ちゃんが嘔吐をした時、「吐いていない時は元気がある」「軽い吐き気はあるが、他に変わった様子はなく、機嫌もいい。」

という状態では、まだ自宅で少し様子を見ているといいでしょう。

●「赤ちゃんがひんぱんに吐く。」「ミルクを飲ませた後に勢いよく吐く。」「吐くことを繰り返すが、食欲もあり、水分もとれる。」

このような赤ちゃんの状態では、平常の診察時間に医者に診てもらう症状でしょう。

●「ぐったりしていて元気がなく、立て続けに吐く。」「赤ちゃんの顔が青ざめている。」

このような赤ちゃんは、直ぐに、診察時間外でも、医者に診てもらうないといけない症状だと思います。

●「赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返す。」「高熱や下痢を起こし、激しく吐く。」「水分がとれない。」

大至急、赤ちゃんを急患で病院に連れて行く症状です。

赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処して、どんな症状であっても早めに医者に診てもらうい、相談するようにしてください。

赤ちゃんの嘔吐から、ウイルス性胃腸炎、腸重積症、脳炎、食中毒などの病気が考えられます。

赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと感じたら、迷わず病院に行くようにしてください。

■赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処するためのホームケアについてです。

★赤ちゃんが吐いたとき

医師との相談が必要ですが、赤ちゃんが具合が悪いときの離乳食は、消化の良いものや、喉ごしの良いものを食べさせてあげてください。

例えば、

◎赤ちゃんに熱があるときの離乳食は小松菜と大根のおかゆ。

◎下痢のときは、林檎、パンのおかゆ。

◎口内炎のときは、豆腐とオニオンのスープなどがいいでしょう。

吐き気が治まらないうちは無理に食事を与えずに、水分補給を心がけてください。

★赤ちゃんが繰り返して吐きそうなとき

あお向けに赤ちゃんを寝かせていると、吐いたものが気管につまり危険です。

吐き気が治まらない時は、顔を横に向けて寝かせます。丸めたハンドタオルや、クッションを使って体を横に向ける工夫をして下さい。

首がすわっていれば、お座りの姿勢にしてあげると、赤ちゃんも楽になります。

★吐いたあと

吐いたものが赤ちゃんの口の中に残っていると、次の吐き気を誘発することがあるので、ガーゼなどで吐いた後の口を綺麗にふき取ってあげてください。

赤ちゃんの汚れた衣服もすぐに着替えさてください。

赤ちゃんが吐いた後は飲み物を必ず飲ませてあげてください。

赤ちゃんの水分補給のためですが、一度に大量に飲ませると水分補給ではなく、吐き気をもよおすことがあるので、回数を多くして少しずつ与えてください。

赤ちゃんの水分補給に麦茶や白湯、イオン飲料などを飲ませてあげてください。

水分補給として母乳やミルクは、赤ちゃんが元気で食欲があり、吐く回数が少なければ問題はないでしょうが、ミルクや母乳は胃に負担をかけるので、吐き気が強いときは中断してください。

赤ちゃんの症状が治まり、吐く回数が少なければ、ミルクや母乳はいつもどおりに与えて大丈夫です。

心配なときは主治医の先生に確認するようにしてください。

離乳食も、食欲があれば、いつもどおり与えても構いませんが、酸味の強いものは避けてください。

吐き気を誘発することがあります。

赤ちゃんの吐き気が強いときは、水分補給だけにし、離乳食はやめてください。

症状が治まった時は、柔らかめで消化の良いものから食事を始めてください。

赤ちゃんは吐くと水分が失われ、体が危険な状態になることがあります。

嘔吐が激しいときは、脱水症状が起こる危険があるので、十分に水分補給を念頭においてください。

赤ちゃんの機嫌が良ければ入浴はいいのですが、 長時間の入浴は体に負担がかかりますので、避けてください。

赤ちゃんの発熱や下痢、嘔吐が激しい時は、入浴をしないようにして下さい。
a_btn099.gif

子供の習い事|早期教育



子育て|赤ちゃんの下痢と下痢から考えられる病気

赤ちゃんの下痢

子育てで識っておかなければならないことです。

毎日オムツを取り替えている母親が、赤ちゃんの便の状態を見て、赤ちゃんの健康状態を判断してあげなければなりません。

赤ちゃんの便は健康状態を示してくれるサインだと思って下さい。

赤ちゃんがよく下痢をするのは、胃腸の粘膜が弱く、消化器が短いのです。
ちょっとした刺激にも反応して下痢をします。

●母親が自宅で赤ちゃんの様子を見る下痢の症状

・いつもより多少ゆるいうんちがでている。
・便の回数が、1〜2回いつもより多い。

●赤ちゃんを病院で診てもらう下痢の症状

・1週間以上下痢が続いている。
・水のような便が1日に5〜6回出る。
・水分はとれているが下痢と嘔吐が続く。
・下痢の回数が最近増えた。
・食欲がなく、機嫌が悪い。
・下痢だけでなく、発熱と嘔吐を伴っている。
・便がすっぱい臭いで、少量の血が混じっている。

●赤ちゃんを病院で診察時間外でも診てもらう下痢の症状

・赤ちゃんの水分補給ができない。吐いてしまう。
・便が普通の便ではなく、白っぽい。
・粘血便が大量に出る。
・鮮血が混じっているうんちをする。
・熱があり、ウンチのにおいが異臭や悪臭でいつもと違う。

●赤ちゃんを大至急、緊急に病院で診てもらう下痢の症状

・下痢と嘔吐が激しく、大泉門がへこんでいる。

赤ちゃんの下痢は様々な病気の兆候であると考えなければならないと思います。

お腹を壊す下痢の症状だけでないし、風邪だけではないのです。

赤ちゃんの下痢から考えられる心配な病気

■乳糖不耐性下痢

乳糖不耐性下痢の症状は、下痢が長く続いて、赤ちゃんの体重が増えないなどの症状があります。

赤ちゃんは消化がうまく出来なくなって下痢を起こします。

下痢の原因は何らかの理由でラクターゼという酵素が不足していることが考えられます。

ラクターゼとは母乳やミルクなどの乳製品に含まれる乳糖を、分解したり消化したりする働きをもっています。

この病気のかかりやすい年齢は、生後すぐからで、赤ちゃんのお腹が張ってゴロゴロし、時に嘔吐を伴うこともあります。

多くは下痢の症状が長引いて、腸の一部に炎症が起きた後天的なものとかんがえられますが、下痢をしたら気をつけなければなりません。

まず赤ちゃんを医師に診てもらう必要があります。

治療用の乳糖が含まれていないミルクや、乳糖分解酵素の薬を投与して状態を見ていきます。

後天的なものなら短期間で治ります。治療用のミルクは、赤ちゃんの成長に影響はなく、きちんと栄養素が含まれています。

また、予防や悪化させないための方法の指示をもらうことが大事です。
ミルクは市販もされているようですが、必ず医師の指示に従って飲ませ、勝手な判断をしてはならないす。

■ロタウイルス腸炎

この病気の症状は、激しい嘔吐のあとに、水様便が大量にでます。
すっぱいにおいの水のような白い便が大量に出ます。

赤ちゃんは激しい嘔吐と下痢をします。そして発熱も伴います。


この病気の原因はロタウイルスの感染です。ロタウイルスは冬に活発化しやすいウィルスで、冬にかかりやすくなります。

赤ちゃんの誕生から6カ月以降に、かかりやすくなります。

ウィルスから感染するので、おむつ替えのあとはしっかり石けんで手を洗って下さい。

赤ちゃんが脱水症状を起こさないように、水分補給はきちんと行わなければなりません。

■キャンピロバクター腸炎
 
この病気の症状は、発熱と粘液の混じった下痢が特徴です。

■アレルギー性腸炎
 
この病気は赤ちゃんの離乳食が始まってから嘔吐や下痢の症状がでます。

■単一症候性下痢
 
この病気の症状は、黄色っぽい水の様な便が1日に何回も出ます。

■細菌性胃腸炎
 
この病気は夏にかかりやすく、下痢、嘔吐、発熱の症状がでます。

■急性胃腸炎
 
この病気は、下痢と嘔吐があり、1度排便を済ませても、すぐに赤ちゃんが排便をしたくなります。

このように赤ちゃんの下痢の症状は、様々な病気を示しているので、便の状態がおかしいと感じたら、すぐに病院で診てもらうことです。
a_btn099.gif
子供の習い事|早期教育



赤ちゃんが下痢をした時の家庭での対応

赤ちゃんが下痢をした時の家庭でしてあげること。

赤ちゃんの具合が悪いときの離乳食は、いつもよりも柔らかめに作ってあげるとよいでしょう。

下痢が続くと赤ちゃんのおしりが荒れやすくなり、赤くただれます。
赤ちゃんのおむつは小まめに替えてあげます。

◆赤ちゃんのうんちが出るたびにお母さんがすること

赤ちゃんの下痢のうんちは肌への刺激が強いので、おしりの肌のかぶれの原因になります。

便に気づいたらすぐにおむつを交換し、おしりを洗い流したり、おしりの汚れを綺麗にふき取ってやってください。

その後はよく乾燥させてください。

処方された薬がある場合は、薄くのばすようにつけます。この時、お母さんの手はきれいに洗って薬をつけてください。

ベビーパウダーをつける時の注意点は、水分がつくとベビーパウダーは汗腺をふさいでしまいます。

下痢のときはつけないほうがいいでしょう。

赤ちゃんのおしりは清潔と乾燥が家庭で出来る大切なことです。

おむつ替えのあとは、細菌やウイルスが含まれていることが多いので、必ず手を洗い、二次感染を防ぎましょう。

◆おっぱいや離乳食

赤ちゃんの体内の水分は、下痢をしていると、急激に失われます。

脱水症状の心配があるので、水分補給はしっかり行ってください。

果汁ですが、糖分は下痢を悪化させることがあります。

赤ちゃんに果汁を与えるのならりんご汁にしましょう。

赤ちゃんの胃に負担をかけるミルクや離乳食は、量を加減し、赤ちゃんの様子を見ながら与えなければならないでしょう。

症状がひどいときには離乳食を中断する必要があります。

◆赤ちゃんの下痢のときに与えてはいけない飲み物や食べ物

・赤ちゃんの胃腸に負担がかかる物………ミルクや母乳

・飲み物で水分補給をする場合に与える物………イオン飲料や白湯など

・下痢を悪化させるもの………果汁や糖分、かんきつ類

・下痢の時に赤ちゃんに与える物……りんご

・胃腸への負担を少なくする………ミルクを薄めて飲ませる

・脂肪分を多く含むもの………肉や魚など

消化しにくいものは避けましょう。

これらのことを覚えておくと、赤ちゃんの急な下痢にも慌てずに対処できますが、必ず医師の指示に従ってください。

◆食中毒の予防

湿度や温度で細菌が繁殖しやすい季節、梅雨時から夏にかけて食中毒は起こりやすいです。

この時期に赤ちゃんに離乳食を与えるのであれば、食材にはしっかり火を通すようにしなければなりません。

食材の保存にも気をつけ、調理器具も清潔に保つことが大切です。

ペットを飼われている家庭では、ペットからの感染に気をつけなければいけません。

ペットのふんから感染する食中毒の一種でキャンピロバクター腸炎などがあります。

ペットに触ったら石けんで手を洗う習慣が必要です。

清潔感のある環境作りが最も大切なことです。
a_btn099.gif
子供の習い事|早期教育


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。