子育て|乳幼児の病気>麻疹・おたふくかぜ:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・麻疹(麻しん)

麻疹(ましん)は「はしか」のことで、近年大学生の発病が話題になりました。麻疹(ましん)は例年春から夏にかけて流行するといわれています。

子育てでの関心の強い病気です。
麻疹というのは、麻疹ウィルスの空気感染によって起こる病気です。
麻疹の感染力はとても強く、子育て中の子供が感染してしまったら大変です。
症状は、熱・咳・鼻汁・発疹・目やになどの症状が出ます。

感染してから4日間くらいまでは、38度以上の高熱が出ますが一時的に下がります。
しかし、口の中に口腔内粘膜疹というものが出て、翌日くらいから39度〜40度以上の高熱が出るのです。
そして高熱とともに、発疹が出てきます。発疹は鮮紅色で、やや隆起しています。感染力が最も強い時期です。

高熱は、だいたい5日間ほどで下がります。

しかし、子育て中麻疹に感染することで1番怖いのが合併症です。

主な合併症は、気管支炎・肺炎・中耳炎・脳炎・亜急性硬化性全脳炎という感染後数年してから発症し、ゆっくりと進行する遅発性の脳炎があります。

麻疹に感染し、肺炎の合併症になる子供は100人中約6人。
中耳炎は100人中15人ほど。
脳炎は3000人に1人というデーターが出ています。
また、麻疹に感染した子供の1万人に1人の割合で死亡者も出るとのことです。
特異的治療法はなく、幼児期の予防接種が麻疹排除の上で欠かせないとされています。
また、麻疹の予防接種を受ければ、合併症はほとんど起こりません。

予防接種を受けられる年齢は、1歳からです。
1歳になったら必ず子供に麻疹の予防接種を受けることも子育てとして考えてください。

麻疹の予防接種を受けた際の副反応もあります。
子育ての知識として役立ててください。
接種当日から5人に1人の割合で麻疹に似た副反応が出る場合があります。
熱が出ても子供の食欲があり、普段と変わらない様子でしたら病院へ行く必要はありません。
明らかに子供の様子が普段と違っていたり、高熱が続くようですと、すぐに医師の診察を受けてください。

ワクチン未接種の女性が妊娠中に麻疹にかかると子宮収縮による流産を起こすことがあります。
妊娠初期での感染では31%が流産し、妊娠中期以降でも9%が流産または死産、24%は早産との報告があるそうです。
第2子、3子を妊娠して、さらに子育てをしているお母さんは、子供の病気だけでなく、母体にも気を配らなければいけないので、大変です。早目の予防を心がけておかなければならないですね。
a_btn099.gif




子育て・おたふくかぜから髄膜炎

子育てで赤ちゃんが熱を出した時には疑ってみる病気があります。

熱が出たときは単純に風邪だ簡単に考えずに、医師の診断を受けることが大事です。

熱が出たときに気になる病気

@ 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
 
症状は、発熱と患部の腫れや痛みがでます。

かかりやすい年齢は誕生6カ月以降で、季節を問わずおたふく風邪にかかります。子育てには気に懸かる病気です。

おたふく風邪の原因は、耳の下にある耳下腺がウイルスによって腫れ、発熱します。熱だけではなく、痛みも伴います。

1週間ほど腫れが続き、赤ちゃんのあごの下や舌に広がることもあります。

まれに髄膜脳炎や髄膜炎を併発することもあるので、医師の診断を受けて、赤ちゃんを見守る子育てでなければいけません。

予防としては、任意で1才以降に予防接種を受けることができます。
接種しても赤ちゃんがおたふく風邪にかかることがありますが、予防接種を受けていることで、症状は軽く済むでしょう。

このおたふく風邪は、年齢が高くなると症状が重くなりますので、いつまでも子育てに気を抜けません。


A髄膜炎

髄膜炎の症状は、発熱や嘔吐、ひどくなると、ひきつけや意識の低下も見られます。

かかりやすい年齢は誕生後6カ月以降で、季節を問わず髄膜炎にかかります。
原因として考えられることは、おたふくかぜ、中耳炎などの感染症の細菌やウイルスが原因となります。

子育てで髄膜炎は、早期発見がとても大事です。
赤ちゃんに後遺症が残る場合もあるのでに注意が必要です。

予防と悪化させないケアは、中耳炎やおたふくかぜなどにかかった時、後遺症として現れることがあります。
赤ちゃんの体調の変化を見逃さない子育てです。
充分に赤ちゃんの様子を観察してください。
表情がとろんとし、ひきつけを起こしたりした場合は早く医師の診断を受けてください。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。