子育て|乳幼児の病気>ひきつけ:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんのひきつけ(2)

子育てで赤ちゃんのひきつけについて知っておきたいこと。

赤ちゃんは、発熱に伴ってひきつけを起こしやすくなります。
熱があってひきつけを起こした場合は、大概、2〜3分で治まります。

赤ちゃんのひきつけの症状が、ひどく泣いて手足が震える状態であれば、すこし様子を見てください。

病院で受診するひきつけの症状は、ひきつけが2回目で、以前に「熱性けいれん」と診断されたことがある。
5分以内でひきつけが治まり、元気があるなどです。

子育てで赤ちゃんがひきつけを起こすと母親としては心配です。
診察外でも受診して欲しい、ひきつけの症状は、ひきつけが初めてで、1日に2回以上ひきつけを起こしている状態のときですが、気に懸かれば
受診してください。

ひきつけの症状が、平熱なのにひきつけを起こしたり、5分以上ひきつけが続くなどの時は大至急診察を受けなければなりません。

左右に差があるけいれんを起こしたり、治まった後でも赤ちゃんの手足がまひしていたり、意識がもうろうとしていたら一刻もはやく、受診するようにしてください。


@熱性けいれん

このけいれんの症状は、高熱のときに起こります。

かかりやすい年齢は6カ月ごろ〜4才ぐらいで、38度以上の熱が出たときに、けいれんが起こります。
2〜3分間、両手が突っ張った状態になって意識がなくなります。

これは発熱したことで、脳の神経細胞が一度に活動するのが原因です。

後遺症はありません。
繰り返す体質の子どもは、発熱のたびにけいれんを起こします。
子育てをしていれば、けいれんだけでなく、発熱にも気がかりです。
初めてのけいれんの時は、診療時間外でも必ず受診するようにしてください。

A憤怒けいれん
 
憤怒けいれんは、激しく泣いた時に呼吸が止まって突然けいれんを起こします。
かかりやすい年齢は3カ月〜3才に多く見られ、顔や唇が青くなったりします。
ほとんどが1〜2分で治まりますが、手足が震えたりすることもあります。

このけいれんは、成長とともに起こらなくなります。
薬による治療は必要ありません。
後遺症の心配もないでしょう。


Bてんかん 

てんかんは、けいれんを起こしたり突然意識を失ったりします。

かかりやすい年齢は6カ月以降で、脳の一部に異常が発生して起きます。
何度も繰り返すため、後遺症が心配です。
てんかんはテレビの画面の閃光や点滅が原因とも言われています。

脳に特別な異常がない時は、薬で症状を抑えます。
子育てはわからないことが多いことだろうと思います。
気に懸かることは専門の医師に相談するようにしてください。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:44 | 子育て|乳幼児の病気>ひきつけ

子育て|子供がひきつけを起こした時

子育てをしていて、赤ちゃんが突然のけいれんやひきつけを起こした時には、不安な思いがします。

でも、母親はそんな時こそ、慌てずに赤ちゃんの様子を見守ることが大切です。子育ての対応です・

対処は赤ちゃんの顔を横に向けて寝かせ、吐いたものが気道をふさがないようにします。
そのときは、刺激を与えないようにやさしくそっと赤ちゃんの体勢を変えてあげます。

■赤ちゃんが吐きそうな時の対処

赤ちゃんに吐き気がある時は、顔を横に向けて吐いたものが喉につまらないように寝かせます。

首の後ろにタオルを入れて、顔を横に向けたり、服のえりもとを緩めたりして、お母さんはすばやく赤ちゃんが喉を詰まらせないよう気道を確保します。

この時、体を揺さぶったりして赤ちゃんに刺激を与えないように気をつけます。

赤ちゃんが吐いたときは汚れたものを綺麗にし、次の吐き気を誘ってしまわないようにふき取ってあげることが大切です。

けいれんが治まって、吐き気がある程度治まって、落ち着いたら、医師に受診する手はずを取って下さい。


■けいれんが始まった時の対処

熱によるひきつけは、大体5分以内に治まるものなので、慌てずに対処してください。

ほとんどが熱性けいれんなので心配はないでしょう。

熱性けいれんであれば、けいれんの時間を計ります。病院での受診のときに参考になります。

また、けいれんが左右対称であるかも観察してください。

治まったときにまひや、意識障害がないかも冷静に見てください。

大声で赤ちゃんの名前を呼ぶなどして慌てないでください。

刺激を与えないように、体を揺さぶったりしないように気をつけてください。

けいれんが治まり、赤ちゃんが落ち着いたら病院でで受診してください。

夜間なら救急車を呼んで早く病院で診てもらいます。

症状が深刻なときは後遺症の危険性も高くなるので、急がなければなりません。

もし赤ちゃんが意識を失っていてもそのまま連れて行きます。

病院についたら発熱や嘔吐、けいれんの様子などを伝えます。


急なひきつけは、親にとっても吃驚で、慌てますが、大声をかけたり、体を揺すったりしてはだめです。
落ち着いて行動するようにしてください。
体を揺すったり刺激を与えることは、けいれんを長引かせることもあります。

けいれんしている最中には病院に連れて行くのも、避けます。
赤ちゃんを安静にさせてけいれんが治まるのを待ちます。
母親もこの時こそ冷静になって対処しなければなりません。

舌をかまないように、ハンカチや割りばしを口にはさんだりすることもしないように気をつけてください。

子供の体調の急変に落ち着いて対処するのも子育てです。

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:25 | 子育て|乳幼児の病気>ひきつけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。