子育て|乳幼児の病気>予防接種:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育てと予防接種の副反応

アメリカの予防接種3

子育てで大事な事柄の一つです。
予防接種後の副反応では、親が充分な注意を払って子供の様子を見守らなければいけません。

BCGの副反応は、接種日から3〜4週間後に接種した部分が赤くなり、膿が出たりする症状があります。
この赤くなったり、膿がでたりするのは、BCGをしたことによって免疫がつくられているためで、異常な状態ではありません。

時には、接種した部分の脇の下のリンパ節が腫れる子供もいますが、しばらく様子を見ていてもかまわないでしょう。

いつもと変わらない子育ての状況の中で、部位が赤くなったり、リンパ節の腫れが1ヶ月たっても治まらないようなら、医師の診断を受けなければいけないでしょう。


ポリオでの副反応は、ほとんどの子供に副反応は現れません。

しかし、約500万人に1人の割合で接種から15日後に体内で増えたウィルスが、脳や脊髄に達してしまう場合もあります。

接種後約3週間くらいは、ウィルスが便中に排出されます。オムツを変えた時には手をよく洗うようにするべきです。

子育ての仕事が多少増えますが、これも子供のためです。

DPTワクチンは、副反応の少ないワクチンです。
接種部位が赤くなり、しこりが出てきたり腫れたりしますが、免疫がつくられたために起こる現象です。

しこりは、特に何もしなくても小さくなっていくので放置してかまいません。

敏感な子供ですと、上腕が腫れることもありますが、湿布などで冷やしてやるのが良いのではないでしょうか。

接種後、機嫌が悪い状態が続いたり腫れが目立つときは、いずれにしろ医師の診断が欠かせません。

予防接種を受けた当日は、湯船には入らず、シャワーで済ませてください。

激しい運動もよくありませんから、接種した当日は家でゆっくり過ごすようにされた方が良いでしょう。

この子育ては子供の体調の変化に気をつけなければいけないのではと
思います。
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif



posted by white33 at 13:48 | 子育て|乳幼児の病気>予防接種

子育て・子供の予防接種を受ける時期

アメリカの予防接種2 大人でも痛いなぁ

子供の子育てで予防接種を受ける時期が決まっていることに気をつけなければいけません。

ジフテリア・百日咳・破傷風(3種混合ワクチン,DPT)、麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、日本脳炎、ポリオ(急性灰白髄炎)、結核(BCG)が予防接種法に基づいて接種が義務付けられています。

BCGは、接種回数は一回ですが、生後6ヶ月未満に受けなければなりません。
BCGとは空気感染が多く肺などの呼吸器官においての発症が目立ちます。
BCGは結核を予防する牛型結核菌を弱めたワクチンということです。

子供が結核に感染してしまうと、粟粒結核・結核性髄膜炎になり、重い後遺症を残してしまうことがあります。

予防策として日本ではBCGが行われていますが、アメリカでは行われていません。フランスなどのヨーロッパ諸国では継続して行われている国も、中止に到った国もあります。

子育ては難しいことで一杯で頭が悩んでしまいます。

ポリオは、生後3ヶ月〜18ヶ月までに、6週間以上の間隔で2回接種します。
集団接種で、春と秋の二回行う地域が多いです。
ポリオというのは、急性灰白髄炎で5歳以下の小児が罹ったのが多かったので小児マヒと呼ばれる病気であります。

ポリオウィルスというのは、人から人へ感染をします。

発病初期の症状は、発熱、頭や背中の痛み、発汗、倦怠感、嘔吐、下痢などであり、夏かぜに似た症状をあらわします。

ほとんどの子供は症状が出ませんが、症状が出た場合、ウィルスが血液を仲介して脳や脊髄へ感染し、麻痺を起こすことがあるのです。

子育て中の感染予防のためには、ワクチンで免疫をつくっておく必要があるのです。

DPTは、生後3ヶ月から90ヶ月未満、3〜8週間隔で3回接種します。3回接種を受けてから1年後に追加でもう一回接種をするので、計4回になります。

DPTとは、三種混合ワクチンのことをいいます。
ジフテリア・百日せき・破傷風の三種類をDPTと略したものです。
ジフテリアは感染すると、高熱・喉の痛み・犬が吠えるような咳などの症状が出ます。

百日せきは、咳がひどく、連続的にせき込むような症状が出ます。
破傷風は、軽い傷が感染の原因になる場合もあります。
痙攣や口があかなくなったりする症状があらわれ、処置が遅くなれば生命にかかわってしまうのです。

新三種混合ワクチンは麻疹、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、風疹
の三種の生ワクチンが混合されたワクチンです。

日本では、1988年から1993年まで実施されていましたが、しかし流行性耳下腺炎ワクチンによる無菌性髄膜炎発生率が高い事が問題となって中止となりました。現在では、個別接種が行なわれています。

病気に感染する前に、早い段階で予防接種することが子育てにとって大事なことです。
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif






posted by white33 at 10:13 | 子育て|乳幼児の病気>予防接種

子育て・子供の予防接種1

アメリカの予防接種1 容赦なく4本打たれる


子育て中の子供に、何種類もの予防接種をも受けなさせることになります。

予防接種とは、ワクチンを接種して、子供の体内に免疫を作ることによって病気に対する抵抗力をつけます。

発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法ですので、子育ての大事な作業になります。

子供は生後8〜12ヶ月ごろまでで、病気の抵抗力が自然と失われていきます。


予防接種の種類は、BCG・三種混合(DPTワクチン)・ポリオ・麻疹、風疹(MRワクチン)・インフルエンザなどがあります。

ワクチンについてです。

ワクチンとは、予防接種に使用する医薬品のことをいいます。

生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイドの3つの種類のワクチンがあります。

生ワクチンは、毒性を弱めた微生物やウイルスを使用して接種します。生ワクチンは液性、細胞免疫も獲得できるため、一般に不活化ワクチンに比べて獲得免疫力が強く免疫持続期間が長いとされています。しかし生きている病原体を使うため、ワクチン株の感染による副反応を発現する可能性もあります。


不活化ワクチンとは、免疫を作るのに必要な成分のみを病原体から取り出し、毒性をなくしたものを接種して免疫をつくります。
生ワクチンより副反応が少ないのですが、液性免疫しか獲得できずその分免疫の続く期間が短く、複数回接種が必要なものが多いです。(代表例は三種混合ワクチン)。



そしてトキソイドとは、細菌が産出する毒素だけを取り出し、毒性を弱めたものを接種して免疫をつくるものです。

BCG・ポリオ・麻疹、風疹・水痘(水ぼうそう)は生ワクチンを使用します。
そして、三種混合(DPTワクチン)・インフルエンザは、不活化ワクチンを使用するのです。



子供が大きくなるにつれ、外出する機会も増えてきます。それは病気の感染の機会も増えます。

接種する際は、ワクチンの副反応も考えられますので、注意事項などをよく読んでから接種しなければなりません。


予防接種には多くの種類があり、接種する時期など、わからないことが
たくさんあります。予防接種についての知識の取得は本当に子供を悪い病気から守るという意味で大事な子育てです。


子育てにかかせない作業のひとつです。

美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif



posted by white33 at 11:22 | 子育て|乳幼児の病気>予防接種
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。