子育て|乳幼児の病気>湿疹・発疹:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんの発疹

子育て中に赤ちゃんの発疹を見ます。
赤ちゃんはちょっとした刺激でも発疹が現れます。
肌がとても敏感なので、湿疹を発見したら、熱と湿疹の状態をチェックしてあげます。

家で様子を見る程度の湿疹については、別の病気症状で病院に行ったときに「いずれ発疹が出る」と予め医師に言われた時ぐらいです。

子育てとして、赤ちゃんの湿疹の症状で、高熱が続いたあとの発疹、熱は平熱なのに発疹がある、口内炎ができている、などの発疹の症状は必ず医師に診てもらうことです。

時間外でも救急で受診しなければ心配な発疹の症状は、

@舌に赤いプツプツが見られ、熱が5日以上続いている発疹。

A目が充血し、ぐったりしている。水分補給が出来ない。

Bけいれんが起き、赤ちゃんの意識がもうろうとしている。

このような赤ちゃんの症状は緊急状態です、すぐさま、医師に受診してもらってください。子育ては事態に吃驚して、慌ててはいけません。

・ 乳児湿疹
この病気の症状は、顔に赤いポツポツが出て、頭にも湿疹が出ます。

かかりやすい年齢は誕生後2〜3週間ごろから、2カ月ぐらいまでで、原因ははっきりわかっていません。
赤くポツポツした湿疹が、ジュクジュク、カサカサになり、赤ちゃんが痒がることもあります。

食べ物の汁や、よだれなどで症状が悪化するので、ぬらしたガーゼで顔まわりを綺麗にしてあげてください。


・ 脂漏性湿疹
この病気の症状は、1〜6カ月の赤ちゃんに見られ、頭や額などに、ふけ状の固まりができます。

新陳代謝が盛んな赤ちゃんは、皮脂が固まって湿疹ができやすく、皮脂の分泌が多い頭や額などに、湿疹ができます。

時間と共によくなり、黄色いかさぶた状に変化していきます。

皮脂が固まって出来た湿疹は、強くこすらず、ベビーオイルなどでふやかしてください。

石けんでよく洗らってあげます。

・ 突発性発疹
高い熱が3〜4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出ます。生後6〜12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子供も多いです。あわてずに経過観察が大事です。


・ おむつかぶれ 
この症状は、おむつの当たる部分の赤ちゃんの肌が荒れる状態をいいます。

・ 皮膚カンジダ症
この症状は、おしりが赤くなり、ただれます。
おむつかぶれと似ていますが、かぶれが悪化したように、赤い発疹がうみを持ったり、しわの奥までただれたり、周りの皮がむけたりすることもあります。

・ 麻疹
麻疹の症状は、口の中に白い斑点とせき、鼻水、高熱が特徴です。

・ 水痘(水ぼうそう)
水痘ウイルスの感染で起こります。潜伏期間が約2週間あり、その後、かゆみを伴う小さな赤い水ぶくれが全身にあらわれます。水ぶくれがかさぶたたになり、1〜2週間でかさぶたか取れ、完治します。発熱したり、かさぶたのあとが残ることもあります

・ 手足口病
この病気の症状は、高熱が出ることもあり、手のひらや足の裏、口の中に発疹がでます。

・ あせも
あせもは、汗をかきやすいところに発疹ができ、かゆみがあります。

・ アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、湿疹が顔からはじまり、赤く荒れてかゆみを伴います。

子育てには疑問や心配ごとがいっぱいあります! 手遅れにならない対応が大事な子育てです。
a_btn099.gif

子育てで経験する乳児の突発性発疹

子育てで生後5ヶ月〜1歳頃の時期に、突発性発疹を見ることがあります。初めてのにはきっと不安が一杯になると思います。

丁度乳児が1歳頃には、免疫がなくなっていく時期になってきていますので、ほとんどの乳児がなる初めての病気ではないでしょうか。

子育てで一番悩まされるのが、子供の病気です。

突発性発疹の症状としては、いきなりの高熱(39度以上)が出ます。
そして、突発性発疹は熱が上がったり下がったりの状態が、3〜4日くらい続きます。

熱が下がってから体に、赤く小さな発疹が出ますが、発疹は2,3日で消えてしまいます。

咳や鼻水が出るというよりは下痢をしてしまう子供もいるようです。

高熱が出てすぐさま病院に行かれて、処方される薬が解熱剤のみに訝るる母親もおられるでしょうが、突発性発疹の診断は高熱が下がり、赤く小さな発疹が出てから初めて突発性発疹と診断されます。
高熱だけでは突発性発疹との診断になりません。

発疹がなくなってきたら、突発性発疹が治ったと思っても良いですね。

大人が高熱を出した時は、熱を下げるために、汗を出そうと厚着をしたりしますが子供の場合は逆の対処が必要です。

子供の場合、高熱が出た時は衣類を着せすぎず、体を冷やしてあげなければなりません。

熱があるから厚着をさせたり、毛布でくるんだりしてしまうと、子供は熱が上がってしまいます。

高熱が出たら、脇の下や足の付け根・首回りやおでこを冷却シートなどで冷やしてあげる方が良いでしょう。

高熱が出た時、多くの子供が脱水症状を起こします。
お茶やイオン飲料、ミルクでも良いのでこまめに水分補給への気遣いが必要です。

高熱がある時の入浴は避けます。

突発性発疹は、誰でも起こることですがそれでも病気の一つです。

どうしても子供の身体を洗ってあげたい時は、清潔なタオルをぬるま湯で絞って体を拭いてあげる程度にするべきです。

入浴してしまうと、症状がさらに悪化してしまう場合もあります。

子育ては子供への気遣いが一層必要です。

a_btn099.gif

子育てで目に付く乳幼児の湿疹

子育てをしていれば、乳幼児湿疹がすぐに目にとまります。乳幼児湿疹るというのは、生後1ヶ月くらいの多くの赤ちゃんに現れる腫(は)れ物です。

おでこや頬、あごなどに赤く、少し小さなプツプツとしたニキビのようなものがでてきます。
乳幼児湿疹が、生後6ヶ月から10ヶ月になっても治らない場合はアトピーの可能性もあります。

乳幼児湿疹が出たとき、病院で処方される薬はステロイドや非ステロイド抗炎症剤が多いです。病院では「強い薬で一回で治しましょう」って言ってくれてますが心配です…。

薬を塗っているときは治りますが、薬を塗らなくなると湿疹は再び出てきてしまうのです。

乳幼児湿疹というのは、お母さんが食べたもので湿疹が出てきてしまったり、離乳食で軽度のアレルギーがあったりします。

新生児期は、お母さんの母乳から栄養を貰うわけですから、お母さんの食生活にも原因は出てきます。

油っこいものや、甘いものばかり食べていたら必ず乳幼児湿疹は出てしまいます。

卵白や大豆でのアレルギーもあるそうです。

お母さんが子育て中、食生活に気をつけてあげることで子供も湿疹が出にくくなるものなのです。

湿疹の原因は母乳といっても良いくらいですね。

病院で処方されたステロイドなどの薬を使いたくない方も多いと思います。

そのような場合は、清潔なガーゼハンカチやタオルなどをぬるま湯につけて絞って軽く拭いてあげてください。

軽く、トントンと叩くような感じですね。
強くやってしまうと、赤ちゃんの肌は敏感ですからすぐ傷ついてしまいます。
朝起きてから拭いてあげて、昼間にも1回、夜はお風呂に入った時と寝る前です。
お風呂に入った時は、薄い石けん水を作ってタオルを湿らせて拭いてあげましょう。
そして石けん水で拭いたあとに、ぬるま湯で拭いてあげてください。

お母さんの食生活と、毎日のぬるま湯で拭いてあげることによって湿疹もなくなるでしょう。

それでも乳幼児湿疹がなくならないようでしたら、乳児に「血液検査はまだ早いから」という小児科もありますが、1度アレルギー検査をしてみたらいかがですか?

ことによったら、アトピーの可能性もあるので病院で診察を受けることをお勧めします。

アトピーにも、色々な種類がありますから自己判断や本で調べただけのアトピーの子育ての仕方はしないほうがいいのは当然です。

お母さんが卵や乳製品などを食べた後に、子供が母乳を飲んで肌を掻いたりしたらアトピーの可能性があります。

まずは、病院と相談してからにしましょう。
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。