子育て|子供の習いごと>インドア:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て〜習い事・そろばん塾

東大一直線!頭のそろばん塾 10 [動画制作 映伝]

『読み・書き・そろばん』と昔から手習いごとの基本でした。
ながらく、そろばんは書道・習字に並び人気の習い事です。

今は電卓やコンピュータが普及して、計算は殆ど、全て機械任せとなっています。しかし、そろばんをやることで暗算が得意になったり、中枢神経を刺激するため脳の働きを活性させます。
子供の成長の過程で役に立つことが多く、子育てには有効な習い事です。

子育てでそろばんを習うことで子供の身に付くことはとてもたくさんあります。当然ながら、計算能力の向上や頭の回転が良くなったり、記憶力も良くなります。
集中力も付きますし、大人になって仕事の内容によってはとても役に立ちます。

大体が子育てで、子供にそろばんを習わせたいと思う親が思う理由には2つあるようです。
1つはおとなしくじっと座っていることが苦手で、数字もあまり好きではない子であり、もう1つは小さい頃からなぜか数字に興味を持っていた子です。

どちらの子もそろばんを習うことでそれぞれに思いが合った、良いほうへとすすんでいるようです。子育ての効果があります。
1つめを理由にしてそろばんを習い始めた子は、やはり、落ち着きが出て、数字に興味を示すようになっていきます。
2つめを理由にしてそろばんを習い始めた子はどんどん数字に対する興味が増し、暗算が得意になっていくようです。

私たちの小学生の頃はそろばんを授業で使ったことがありました。
しかし、最近、テレビでのクイズ番組で、簡単な計算問題に手こずっているタレントを見ます。そろばんを習熟するにつれて、算式がイメージで浮かぶようになるんですが、テレビのタレントも当然そろばんなど、触れたことも無いようですね。本来、そろばんを習うことで算数も好きになり、勉強も自らすすんでするようになるのですが・・・・。

「読み、書き、そろばん」は子育ての基本でしょうか・・・

関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif


バイオリン

子供 4歳 バイオリン 4ヶ月

バイオリンは弦楽器の仲間で、4本の弦を弓でこすることで音を出します。
バイオリンは実際のところはわかっていませんが16世紀中頃、ポルトガルからの修道士によって日本に伝えられたといわれているようです。

しかし、日本人は明治以降になりようやく本格的にバイオリンを扱うようになりました。

子育てにバイオリンを習わせる人も多く、バイオリンの人気はピアノの次に高く、世界で活躍する日本人も多くいます。

子育てとしてバイオリンを習うなかで身に付くことはいろいろあります。
子育てで音楽の才能を伸ばせることはもちろんのこと、ピアノとはまた違う音感を養います。
また集中力がつき、豊かな創造性・感受性を育むことができます。

目標を持ち、練習をつみ満足感・充実感を積み重ねることにより、自信もついてくるので、理想的な子育てになるのではないでしょうか。

またあるバイオリン教室では、環境づくりは生まれる前から、受けることよりも与えることを喜びとする子になるようにと言う教え方をしています。

その主旨に基づいて、その活動はバイオリンの発表会としてではなく、音楽の喜びを分かち合い、与えたいという態度を養うために老人ホームや病院などでの奉仕としての演奏会が行なわれます。

心の柔らかい子供の頃から音楽を通して人間性を養い、子供たちの人格形成に音楽を役立てることに最大の価値を置く教え方をしてくれるので子育てには有効です。

バイオリンだからこそ、子供の頃からバイオリンを始める場合は初めから繊細な配慮をもって正しい奏法を身につけることが大切なんでしょうね。

子育てとして小さなうちから習うことでたくさんのことを覚えることができます。

大人になっても趣味で続けている人はなんだか素敵ですよね。

バイオリンの音色は人の心を和ませる効果があるので子育てばかりでなく、情緒の安定やストレス解消にも効果を発揮してくれそうです。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。