子育ての毎日:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・薬の使用期限

薬にも必ず、使用期限があります。
子育てをしていて、子供の急な発熱に対応するのに、冷蔵庫にあった座薬を使おうとします。

が、しかし、何年も前の座薬を使うのは危険です。

子育ての知識として、座薬や飲み薬、注射薬にも使用期限があることを知っておいてください。

薬の使用期限は、保存の状態にもよりますが、未開封の場合、製造してから数年程度のものが多いようです。

座薬の場合、家庭で保管する期限は、約半年程度だと思ってください。
薬が処方される段階では、薬が残ることを意識していません。たまたま残った薬を処分せずに保管していたのですから、残りの有効期間がどれくらいかは、わからないことがあります。

はっきりと有効期間を確認するのなら、薬をもらうときに、薬局で確認して、もらうと良いですね。

錠剤や座薬は、家庭でも比較的長い間、保管しておくことができます。

目薬やシロップは、2〜4週間程度が期限だと認識しておいてください。

また、薬を保管する場所は、温度変化の少ない冷暗所が良いでしょう。
直射日光に当たったり、湿度が高い状態にあると、薬が変性してしまうことがあります。くれぐれも注意が必要です。

保管場所に最適なのは、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中などです。

薬自体はある程度保管ができますが、症状にあわせて薬を服用することことの方が一番大事なことで、処方された通りに薬を服用し、薬を残さないようにするのが本来です。

むしろ、薬が残ったら、その都度処分したほうが、間違えて服用することがなく安心、安全です、そのあたりからも子育てを考えたいですね。

特に子供の場合は、年齢や体重によって、処方する量が大きく変わってくるので、子育てで気を付けたいのですが、子供の薬の服用は、都度医師の処方によったほうが良いのではと思います。
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:18 | 子育ての毎日

父親の子育ての立場

あなたの旦那さんは、子育てにきちんと関わっていますか。
結構子育ては母親だけに、任せている家庭が多いと思います。
絶対に、子育ては、父親、母親の共同作業でなければなりません。

母親は毎日毎日、体調が悪くても、どんなに疲れていても、家事と子育てから離れることはできません。
お父さんは今よりも、もう少しだけでも家庭に目を向けて、一緒に子育てに関わってみてはどうでしょうか。

父親の子育ての役割はたくさんあります。

まずは、お母さんの子育ての悩みを、聴いてあげることです。それこそ聴いてあげるだけでもいいのです。

それによって、お母さんが、子育てでいろいろな悩みを抱えていることに気づいてあげてください。
お母さんにとっては、お父さんに悩みを聴いてもらうだけで、すっきりとした気分になれるでしょう。
そうすると、次の日からも頑張って子育てしようという意思が湧いてきます。

また、普段から、お母さんに子育てのしんどさを労ってあげてください。

父親は仕事から帰ってくると、「お疲れ様」「ごくろうさん」とか声をかけられることがあると思います。

それに比べて、母親は、家事や子育てが当たり前だと思われてしまって、そんな言葉をかけてもらうことは殆ど無いと思います。

父親から一言だけでも、声をかけてもらえるだけで、子育ての疲れも吹っ飛んでしまうでしょう。

お母さんの努力を本当に理解してあげることは大事です。

父親の子育ての役割として、子供と遊ぶ機会を持つことも大切です。
子供が成長してくるにつれて、体を使った遊びに興味をもち始めます。

そうなると、母親が相手をするのは大変です。父親が変わって相手をしてあげます。きっと子供は大喜びするはずです。

母親は、1日中子供の相手をしてクタクタになっています。
寝不足になることも度々です。母親の寝不足に「どうせ昼寝すればいいだろ」なんて、言ったことはありませんか?
そんな父親は、休みの日に「一日お母さんの代わり」をやってみるといいです。
そうすれば、母親の子育ての大変さが分かるはずです。

そのほかにも、子供と料理を作ったり、お風呂に入ったりと、簡単に父親にできる子育ては、たくさんあります。
1つずつやってみることで、家庭の中に、何らか変化が現れるでしょう。

a_btn099.gif
posted by white33 at 11:07 | 子育ての毎日

子育て中の子供の前での夫婦喧嘩

子育ての幼少期の子供の前で、夫婦喧嘩をしてしまうと、子供になんらかの影響を与えてしまいます。

もし、思わず喧嘩をしてしまったら、そのときは、子供のことが頭にはないでしょうから、あとで、しっかり子供を慰めてあげることが大切なことです。
喧嘩してすぐは、相手に対して怒りの気持ちでいっぱいでしょうから、気持ちが落ち着いてからでもいいと思います。

「ごめんね。怖かったね。」と子供を抱きしめながら、優しく慰めてあげます。
そして「お父さんとお母さん、仲良くするからね。」と、子供の心配を取り除くような言葉も忘れずに、話してあげておく方が良いと思います。

それから、子供によっては、夫婦喧嘩の原因が子供自身にあると、勘違いしてしまう子も多いようです。
「あなたは何も悪くないよ」と、ちゃんと説明を付け加えてください。
子育ては子供への気遣いが大事です。
「この子は平気そうだから大丈夫」と軽く判断をして、そのままにしてはいけません。
一見大丈夫そうな子は、自分の本当の気持ちを、外に現せなくて、しっかりと慰めてあげると、思いっきり泣き出してしまいます。

それによって、不安だった気持ちを、外に吐き出すことができるのです。

気が済むまで泣かせてあげてください。
子育ては子供への気遣いが大事です。

また、お父さんとお母さんが、冷静に考えられるようなったら、子供のまえでの喧嘩はしないように話し合うことが大切です。
そして、子供さんを慰める時、お父さんも一緒に手伝ってもらえれば、より子供さんも安心できるでしょう。
両親が子供に気遣いを見せると安心します。両親ともどもの子育てです。

また、子供の前で、お父さんとお母さんが仲良くしているところを、見せつけてあげると、子供さんの不安も吹っ飛んでしまうでしょう。
子供さんにとって、お父さんとお母さんがいつも笑顔でいることが、一番の幸せで、易しい子育てだと思います。
a_btn099.gif
posted by white33 at 09:54 | 子育ての毎日

父親の子育て

今の時代、核家族も一因でしょうか。子育てに積極的に協力をしている父親が多いように見受けます。

昔は、「子育ては女の仕事!」といって子育てを母親に預けっぱなしの父親が多かったです。

やはり、戦後から現在までの時代の変わりようを感じさせられます。

しかし、今の父親も果たしてどのように子供と接すれば良いのか、わかってない父親が多いようですね。

父親も子供が小さいときから、少しでも接していないと子供は父親に懐きません。

平日は、仕事をしていて朝早く、夜遅い父親が大半です。
そんな父親も仕事をしていて疲れているからといって、子供とまったく接していないのは子育てにとってよくありません。
母親に任せっきりでは、母親も子育てに疲れて鬱になってしまう可能性もあります。
父親としての子育ては、たとえ仕事で疲れていても10分〜30分だけでも良いので子供と接する時間を作ってあげてください。

そうは言っても、いきなり父親と二人で子供を遊ばせようとしても、普段父親が、子供とまったく接してなければ子供は泣いてしまいます。

父親も子供に泣かれてしまうと困ってしまい、子供と接するのに距離をおいてしまうでしょう。

そこで、どのように父親に子育てをさせるかということになります。

まずは、母親が子供を抱きながら、父親に近づいて母親も一緒にオモチャで遊んであげましょう。

まったく子育てに関わっていない父親でも、ママが傍にいてくれれば子供は泣きません。

また、父親には「ちょっと手が離せないからミルクあげてくれない?」という感じで子供に触れさせる機会を作ってあげるのも良い方法です。

少しずつ父親に子育てを協力してもらい、子供と接する機会を増やせば父親に対して子供も笑顔を向けてくれるようになります。

子供が笑ってくれた瞬間というのは、誰でも嬉しくなります。
きっと父親も、子供が笑ってくれると凄く嬉しいはずです。
子供と接する機会もどんどん増えるでしょう。

子供は、小さい時はママ命といっても良いくらいママっ子です。

しかし、自転車に乗り始めたりするほどに、子度が成長してくれば、父親の出番です。自然と父親も子供と遊んでくれるようになります。

まずは、小さなことから父親に子育てを協力してもらうようにすると良いですね。

a_btn099.gif
posted by white33 at 09:18 | 子育ての毎日

子育てママでこその在宅ワーク

子育て真っ最中のお母さんの一日は大変なスケジュールです。
一日中、子供の生活ペースに合わせて、ゆっくりできるのは昼寝や夜に子供がぐっすり寝ているときだけと言う子育ての生活。
それも、いつ泣いて目を覚ますかわからないという年齢の子供であれば、ゆっくり休んで気分にならないでしょう。
しかし、そんな子育ての生活の中でも、「もうちょっと副収入があれば、毎月ラクなのに!」とか「子育てのあいだも自分のキャリアを磨いていたい!」と願うお母さんたちは多いと思います。

そんな生活に積極的なお母さんたちにお勧めしたいのが「在宅ワーク」です。
「最近、子供は夜は少しまとめて寝るようになってきてくれたわ」
子供の成長がそんな頃になってくると、母親としてほっと一息という頃になってきました。
子育てと別枠の自分の時間が少しできるようになりましたということですね。
そんなときに、在宅ワークならすぐにはじめられます。
「最近子供のお昼寝の時間が決まってきたみたい」
そんなお母さんにも在宅ワークははじめられます。
万一、お子さんがすぐに目を覚ましてしまっても、在宅ワークな
らお仕事を即座に中断できます。そして子育ての方にに向けられます。
母親として子育てと併せての仕事のカタチは他にはありません。
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:22 | 子育ての毎日

夫婦共働きによる子育ての悩み

松嶋菜々子 子育て奮闘ぶり


夫婦共働きの生活であれば、子供は保育園か、幼稚園などへ預けなければなりません。母親は子供と接する時間が少なくなり、大事な成長期に
おける子育ては勿論のこと、必要なスキンシップの愛情を注ぐことが少なくなってしまいます。そのことで、子育てや、子供への情に対する不安や心配が生じてくるでしょう。

が、しかし、そんな悩みを抱える方がダメなんだろうと思います。
母親の考えるところで、母親のスタンスをきめればいいのではないでしょうか?

あなたが、仕事も家事も子育ても抱えきれない・・・ということでストレスが溜まってしまうお母さんであるなら、さっぱりと仕事をせずに子育てに専念すればよいのです。

ずっと家で子供と二人っきりでいるほうがストレスになる、というお母さんは、外で働いて気分転換した方がいいんで、むしろとそのほうが気持ちがすっきりして、気持ちに余裕が持てて、もっと子供にも優しく接することができると思います。穏やかな子育てになると思います。

実際には、共働きで子供との時間が減ってしまった場合、その時間の補い方のポイントはというと・・・
まずは、食事の時間を大切にすることだと思います。
お母さん自身ができるだけご飯を作って、子供と一緒に食べるようにします。
子供にとって、母親の作った料理からは、たっぷりの愛情を受け取ることができます。
そして、食事をしているときは、保育園や学校での出来事などを、しっかり聴いてあげるのが大事です。そしてなによりも、出来事などを、子供の頭の中を整理しながら、話しが出来る子供に教育できれば、素晴らしい子育てだと思います。

忙しいお母さんは、子供が話をしようとしても、なかなかゆっくりと聞いてあげられないことがあります。
たとえ忙しくても、少しだけ手を止めるか、それをやりながらでも構わないので、できるだけしっかりと話を聴いてあげましょう。

子供が母親になんでも話しが出来る環境を大切にすれば、子育ては次のステップに入るのではないでしょうか。

少しでもいいので子供と遊んであげたり、抱きしめたりスキンシップをたくさんとって、楽しい時間をつくってあげたいものです。

【つながってるよ!ブログ】
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif
posted by white33 at 17:51 | 子育ての毎日

子育て|子供の車酔いの対処法

子育ての課題は子供の体質にもあります。子供と一緒に車で出かける時に子供が車によく酔うということがあります。ここにも子育ての一つがあります。

子供の乗物酔いに対しての気づかい方があります。
車の運転で急な加速や減速のスピードの変動が、なるべく少ないほうが車酔いをしにくくなります。車の発進は、アクセルをゆっくりと踏みます。スピードを落とす時も急ブレーキをかけるのではなく、
早めに減速します。出来るだけ、一定のスピードで走行し、発進や停車をゆっくりとするという、安全運転を心がけることが、
車酔いがしにくいということです。

また、車に特有の臭いによって車酔いを引き起こします。
換気をこまめにしたり、子供が気に入った香りの芳香剤などを使って車内の臭いに気を配ります。車での道中は、気を紛らせるように、歌をうたったり、しりとり遊びなどをするといいかもしれません。
絵本や漫画など、絵や字を見るのは、酔いやすいので止めるのがいいでしょう。
炭酸飲料や飴、ガムなども、気分転換に役立つ場合もあります。
そのほかには、みかんなどの柑橘類も良いようです。

車酔いになってしまったら、車を停めて、車から降りて、新鮮な空気を吸うことで、気分転換になります。
このときも、炭酸飲料などを飲むと、すっきりとした気持ちになるでしょう。

車中の臭いなどで、以前に車酔いや嘔吐したことを思い出し、そのトラウマから再び車酔いを起こしてしまうこともあります。
何度か「車酔いしなかった」という回数を重ねてトラウマを払拭することも子育てだろうと思います。
事前に酔い止めの薬を使用する方法もあります。かかりつけの病院で相談してみると良いと思います。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 17:09 | 子育ての毎日

子育て|風呂が嫌いな子供

子育ての毎日でいろいろなことがあります。
子供がお風呂が嫌いで、湯船にちゃんと浸かっていられないということはありませんか。
子供がしかし、湯船にちゃんと浸かっていられなくても、無理やり湯船の中に入れる必要はないです。子供からすれば、湯船は深くて、熱過ぎるときもあって、怖いものと思っているのかもしれません。

ほかの国を見ても、湯船に入る習慣のある国は、あまり多くはありません。湯船に入らなければいけない、と決め付けることはないかもしれません。

洗い場で身体をよく洗って、その後はシャワーを浴びて出ても、全く問題はないと思います。
入浴とは、身体をきれいにすることと考えればいいと思います。
そうしているうちに、湯船に浸かることができるようになるかもしれません。

しかし、子育てとして子供の身体を考えて冬はやはり湯船に浸からないと、身体が温まらないんじゃないか、と心配に思うかもしれません。
そういうときは、冷たい水と温かいお湯とを、別々に洗面器に入れて用意してください。

そして、足をお湯と水を交互に繰り返し入れてあげます。
このような冷水浴と温水浴を何度も繰り返すことで、自律神経の機能を活発にします。
そして、血行がとても良くなり、湯船に入ったときと同じような効果があります。これによって湯冷めすることもなく、よく眠れるでしょう。

子育てに関しては、どんなこともそうですが、強制することは必ずと言っていいほどうまくいきません。

だから、お風呂が好きになるのに時間がかかっても、決して怒らず長い目で見てあげるといいと思います。

お風呂が嫌いな子供の中には、頭を洗うのを嫌がる子も多いようです。

これは、目にシャンプーが入って痛い経験をした、頭から湯をかけられて圧迫感を感じたという場合が多いようです。

こういう子の場合は、頭を洗うことが必要だということを、まず理解してもらうことが必要で、シャワーでゆっくりシャンプーを洗い流すことだと思います。

特に小さい子供にとって理解し納得することは、重要なプロセスです。
そうすることで、嫌だと思ったことでも、納得してできるもので、子育てのポイントになると思います。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 11:28 | 子育ての毎日

子育て|食べ物の好き嫌い

子育てで気にかかるのが子供の偏食です。

子供はなぜ食べ物の好き嫌いができるのでしょうか。

子供の偏食の原因は、噛むことに関連しているようです。

ハンバーグやミートボールなど、ひき肉を使った料理ならあまり噛まなくても食べられます。しかし、魚や野菜はパサパサしていて、子供にとって食べづらいのです。

上手にしっかり噛んで飲み込むことがあまり出来ないようです。また、味つけにも難色を示すことがあると思います。

一般的に、子供は甘辛いものが好きでよく食べる場合が多く、薄い味つけのものや香辛料の強いものは好みません。

ですから、お肉や魚を子供向けに味つけする場合は、香辛料はできるだけ使わず、しゅうゆ、砂糖、みりんなどで甘辛く味つけするのも一方法です。

子育てで子供の好き嫌いに困ると言っても、にんじんは嫌いだけど、他の野菜は食べられるといった場合は、あまり気にすることはありません。

また、豚肉は好きだけれど、牛肉や魚は苦手というのも、あまり気にしなくていいです。

問題なのは野菜を全く食べず、お肉だけは食べられるというように、ひとつの食品群を全然食べられないという子の子育てです。

子育てで苦手を克服する方法のひとつとして、自然なものを食べさせてあげることです。

たとえば、もぎたてのトマトやキュウリを、丸かじりするような体験をさせてあげる方法があります。

自然にできたものの味が、どんなにおいしいのかを肌で感じると、新たな発見があり、好きになってくれる場合が多いのです。

自分の手で取った物を、自分で洗ってかぶりついて食べるというのは、本当においしいものです。

また、トウモロコシを採ってきて、自分たちで皮をむき茹でると、子供たちはとても喜んでたくさん食べます。

そういう意味では、子育てとして4歳くらいになったら、台所でお母さんと一緒に料理の手伝いをさせてみるのも、好き嫌い解消に効果的だと思います。

「食べなさい!」と一方的に声を荒げる親もみかけます。怒るのではなく、ちょっとの工夫で、知らないうちに好き嫌いはなくなるものです。
子育てとはそうしたものだと思います。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 16:43 | 子育ての毎日

赤ちゃんからの子育てをどんな風に考えてる?

子育てとは?

「子育てとは」と聞かれると、いろいろな意見で答えられると思います。

一般的に「子育てとは」に対して単純に、「子供を育てること」または、「夫婦協力し合い、子供を育てていくこと」と答えがかえってきます。

確かに、子供を育てる事は最もな答えなのですが、「子供と一緒に、自分自身も成長していく。自分自身も育てる」という事にまで答えていただければと思います。

子供が産まれてから、やりたい事もできず、子供がいるから行けない場所も増えていったり・・・。

などと自分が我慢をする事も多くなったのはないでしょうか。

しかしその我慢が、「自分自身の成長」になっているのではと思います。

子供にとって、親は大きな存在ですが、親にとっても子供の存在は大きいものです。

その大きな存在が中心となって生活していくのですから、当然、子育ての疲れと悩み、不安やイライラも出てくるものでしょう。

泣きたくなる時もあるでしょうけれど、そんな時は、気持ちを切り替えて、気を楽にして子育てをしてみてはどうでしょうか?

不安になったりイライラしている顔は、かえって子供にも不安を与えてしまいます。

子供は敏感ですから、親の状態を感じます。ここは親としては気を楽にして、接しなければいけないところではないでしょうか。

きっとそんな親に対して、子供も笑顔で答えてくれることでしょう。

子供に対してイライラしてしまった時は、一度ゆっくり深呼吸してみたり・・・も大事です。

不思議と気持ちも落ち着いて楽になりますよ。

あまり深く考えずに、子供を育てていく中で、自分も育てていくという考え方でどうでしょう。

子供が育ち、親が育つということ、それが理想の子育てに思ってもいいのではないでしょうか。

子育てで無理をする事は、よくありませんから、うまく、身近な人に手助けしてもらう事も考えるといいですね。

a_btn099.gif
子供の習い事|早期教育




posted by white33 at 18:00 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。