子育て|乳幼児の怪我:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

赤ちゃんの転倒や転落について

子育てでお母さんが一番辛いのは、赤ちゃんの事故です。
そして、赤ちゃんの転倒や転落の事故は命に関わる危険な事故に発展します。子育てであとから悔やまれるのは、きまって赤ちゃんの事故です。

赤ちゃんの頃に多い転落事故は、ベビーベッドやベビーカーから転落するのが多く見られます。

赤ちゃんの成長につれて、赤ちゃんの行動範囲が広がってきます。
すると、いすの上、階段、ベランダの柵など、どんどん危険度が高くなり、命に関わる事故に発展します。

赤ちゃんは、体に比べて頭が大きくて重いため、転びやすく、バランス感覚も十分に発達していません。

想定外の事故はともかくとして、事故が予測できそうな状況は、安全な対策を考えてください。ひょっとこんなところで、転んだりしたときに家具の角やガラスにぶつけるのでは、と思えるようなところには、赤ちゃんが独りで近づかないようにとかの工夫が必要です。

高いところからの転落・転倒

玄関のたたき、階段、ベビーカー、ベランダ、自転車の補助いす、出窓、ソファ、ベビーベッド、すべり台、ブランコなど、赤ちゃんにとっての高い所は私達の周りに沢山あります。そのため、赤ちゃんの転落事故があとを絶ちません。

赤ちゃんが這い出したら、危ない箇所にはゲートをつけて、赤ちゃんひとりで動く範囲を限定してください。

自転車の補助いすやベビーカーは、赤ちゃんが身を乗り出して頭から転倒する事故が起きます。
乗せたら必ずシートベルトをし、赤ちゃんから目を離さないように大人が見守るのが子育てです。

ベランダがある自宅は、ベランダに出ないように工夫をし、赤ちゃんがつかまり立ちをする頃になったら、ひとりで起きたときに転落しないように、ベビーベッドを使うのを止めたほうが良いでしょう。


すべりやすいところでの転倒

お風呂場の床や、キッチンの水はねなど、赤ちゃんにとって滑る場所はたくさんあります。
すべりにくい浴室用タイル、すべり止め用シートなどを利用して、赤ちゃんが転ばないように普段から工夫してあげてください。

床の上の新聞紙やビニール袋にも注意してください。

電気コードを足にひっかけたり、電気コードでつまずいたりします。
裾をひきずるようなズボンを着せるのも、危なっかしいものです。

赤ちゃんが箸や歯ブラシなどを口に入れている時、転倒するととても危険です。赤ちゃんが箸や歯ブラシを使う時は、傍に居て、赤ちゃんから目を離してはいけません。

赤ちゃんの危険を予め取り除くのも大切な子育てです。


段差のあるところの転倒

赤ちゃんはわずかの段差でも転倒してしまいます。カーペットの段差にも足を引っ掛けることがあるので、テープを張ったりして事故が起こらないように気配りをしておかなければいけません。


赤ちゃんが転倒や転落した時、様子がおかしければ、至急に病院に連れて行ってください。

赤ちゃんがぐったりしている。 赤ちゃんの意識がない。
反応が鈍くぼーっとしている。
すぐ眠りそうになったり、けいれんを起こしたりする。
嘔吐する。
打ったところに触れると泣いて痛がる。

このような症状は危険です。子育ては事故が起こる前から、起こってから大変です。「あの時こうしておれば」と後悔する子育てはしたくありません。
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:06 | 子育て|乳幼児の怪我

子育て・赤ちゃんの目や耳や鼻の事故

子育てで出会う、赤ちゃんの目や耳や鼻の事故が気にかかります。

赤ちゃんは生後10カ月ごろから手で小さなものを器用につまめるようになります。

その頃に目や耳、鼻に手でつまんだ異物を詰める事故が急増します。
親は赤ちゃんから目を話さないように子育てをしなければなりません。

おもちゃのピストルの弾が落ちていればそれだけでも危険です。

ビーズやボタン、紙切れ、豆類、などの小さなものには特に注意が必要です。赤ちゃんの周りから危険を取り去るのも子育てです。

赤ちゃんの状態が次のような時にはすぐに病院へ行ってください。

@赤ちゃんの目や耳や鼻に入った異物が取り出せない場合。

このような場合、慌てて取り出すと、異物を奥まで押し込んでしまったり、粘膜を傷つけたりしてしまいます。
すぐに病院で処置をしてもらいます。

苦しそうにヒューヒュー、ゼーゼーと息をしていたら、異物が鼻の奥まで入り込んでいるかもしれません。
このような状況は呼吸困難の危険があります。

痛がっていたり、取ったあとでも泣いていたりしたら、粘膜を傷付けているかも知れません。医師に診てもらうようにしてください。

A赤ちゃんの目に異物が入った場合。

まず、赤ちゃんの目に何が入ったのかを確認します。

ゴミが入っていた場合は、水を含ませた綿棒やガーゼなどで優しくふきとります。

あるいは、頭を少し高くした状態で寝かせ、コップに入れた水で洗い流してもいいでしょう。この場合は少しずつ洗い流してあげます。

異物を取り除いたあと、赤ちゃんの目が真っ赤に充血していたり、痛ががっているようであれば、すぐに眼科で受診するようにします。

赤ちゃんの目に洗剤や薬品が入ったときは、すぐに大量の水で洗い流します。

後遺症が残る危険があるので、急いで眼科へ行くようにしてください。


B赤ちゃんの耳に異物が入った場合

赤ちゃんの耳に虫が入ったときは、オリーブ油やベビーオイルやなどを数滴耳にたらします。

綿棒などで無理に取り出すと鼓膜を傷つけることがあるので、虫を殺したら耳鼻科へ行くようにしてください。

C赤ちゃんの鼻に異物が入った場合

鼻の入り口に異物がある場合は、もう片方の鼻を指でおさえて下さい。
息を「フンッ」と吐かせたり、こよりで鼻孔を刺激して、くしゃみを出させてください。
ピンセット類は赤ちゃんの粘膜を傷つける恐れがありますので、避けてください。

心配な時は耳鼻科へ行くようにしてください。

赤ちゃんのこのような事故は突然にきますが、母親の落ち着いた対応が
子育てでしょうね。

a_btn099.gif
posted by white33 at 10:48 | 子育て|乳幼児の怪我

子育て・赤ちゃんが頭やお腹を打った時

子育てで、赤ちゃんが頭やお腹を打った時の対応です。
まずは落ち着いて赤ちゃんの状態を見るようにしてください。

●赤ちゃんが大声で泣いているか。
●きちんと意識はあるか。
●嘔吐やけいれんはしていないか。
●打ったところはいつもどおりに動かせ、痛がらないか。
●怪我はどの程度なのか。
●出血はしていないか。

赤ちゃんのこのような状態をチエックします。


■赤ちゃんが頭を打った時の対応

すぐに赤ちゃんが大声で泣いてくれれば、ひと安心です。

赤ちゃんの頭のすみずみをチェックし、怪我をしていないか、怪我の状態がどうかを見てください。

打った部分にこぶが出来て、赤くなっていたら、冷たいタオルで冷やしてください。

打った直後に大声で泣いたり、こぶが出来る程度であれば大丈夫でしょう。

打ったことの症状は、何日かたってから出てくることもあります。

頭を打った日は安静にし、入浴を避けます。

2〜3日、赤ちゃんの様子を見たほうが安全です。
心配な時は、病院で受診してください。


■赤ちゃんが胸やおなかを打った時の対応

まずは赤ちゃんのお腹に触れ、痛がるところがあるかどうかを調べます。それから服をゆるめ安静にします。
大泣きしても時間が経過し落ち着いて、痛がる箇所がなければ大丈夫でしょう。

当日は安静に過ごし入浴を避けてください。

しばらくして、尿に血が混じっていたり、黒っぽい便が出たら、内臓に異常がある可能性があります。

すぐに病院で受診するようにしてください。

2〜3日はしっかりと赤ちゃんの様子を観察し異変に気がついたらすぐに病院へ行くようにしてください。

■赤ちゃんが腕や足をぶつけた時の対応

まずは、腕や足がいつもどおりに動かせるかどうかを診ます。
打ったところが赤くなっている程度なら、タオルなどで冷やします。
打った箇所を触った時に泣き叫ぶ場合は、骨折している可能性があります。すぐ病院で受診してください。

腫れがひどい、熱を持っているなどは、骨にひびが入っていることが考えられるます。
この場合は冷やしながら病院へ行ってください。
手足を動かすことができても、腫れや、熱を持っていれば、自己判断はせずに、きちんと病院で診察を受けてください。

■赤ちゃんが顔をぶつけた時の対応

赤ちゃんが鼻や口から出血していないかを診てください。
少し腫れているようであれば、冷やしてください。
軽いすり傷は、止血して消毒してください。
その後2〜3日ほど、赤ちゃんの様子を見てみます。

子育てはいつも落ち着いて赤ちゃんの状態をみます。そして、病院で受診の手筈を整えます。

a_btn099.gif
posted by white33 at 09:59 | 子育て|乳幼児の怪我

子育て|赤ちゃん・幼児のやけど

子育ての事故・赤ちゃんのやけど

赤ちゃんは、6カ月を過ぎると自分で動きだします。

子育ての仕事が一つ増えます。赤ちゃんの行動範囲が広がりますから、やけどの事故が起こりやすくなります。

赤ちゃんのやけどの事故の9割は家庭内で起きています。

私たちが赤ちゃん様子や動きをきちんと見ていなければならないのです。

赤ちゃんは、いろいろな物を無防備にさわります。この物が熱いんだということが分かっているわけではありません。

熱いものや、電気器具の置き場所には十分な配慮が必要です。

子育ての一環です。やけどの事故を起こさせない環境を作ることが大切です。

赤ちゃんのやけどは湯や蒸気に手をかざすだけでしてしまいます。

赤ちゃんは炊飯器や、電気ポット、やかんから出る蒸気をのぞき込んだりして、顔や手にやけどを負うことがあります。

熱い物を、赤ちゃんの手の届きそうな、床に近い場所に置くことは避けなければいけないです。

実際、赤ちゃんのやけどは炊きたてのご飯やお茶の湯気でもすることがあります。

赤ちゃんは熱いものに直接触れてやけどをします。

暖房器具、アイロン、ドライヤー、ホットプレートには当然ながら十分注意しないといけないです。

赤ちゃんはテーブルのみそ汁やカップめんをひっくり返して体に浴びることもあります。

冬の時期はストーブやファンヒーターにガードをつけて、赤ちゃんが近寄れないようにしてください。

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚に比べて、薄くて弱いので、すぐに水ぶくれを作ってしまいます。

食事の支度をするのに、目を放すことが出来ない赤ちゃんをキッチンに入れなければならないのは大変です。

調理中は油がはねたりする危険がありますし、赤ちゃんの動きが気になってそれでいて調理の手元も気になるしで大変です。

キッチンに赤ちゃんを入れないような工夫が必要です。

子育ての事故・幼児のやけど

幼児のやけどの事故も、親の不注意からなるものだと考えるべきです。

幼児のやけども体が小さいぶん、やけどの範囲が広がってしまいがちです。

炊飯器の湯気を触ってしまったり、熱湯の入ったコップを触ってしまったり・・・。

でも幼児となれば、子育てとして何が熱く、どれが熱いものだと教えもしなければいけないでしょう。

赤ちゃんや、幼児のやけどは、軽いやけど でもどんどん進行します。先ずは十分に冷やすようにしてください。

流水で20分以上冷やします。5分程度で冷やすことをやめないようにしてください。

直接水をかけられない顔などのやけどは、ぬれタオルを小まめに変え、冷やし続けるようにしてください。

市販で売っている、冷えるシートはやけどには適さないので使用しないこと。

服を着たまま、湯船に落っこちてしまい、やけどをした場合は、服を着せたまま冷やす方が良いです。

服を着ていてやけどをしてしまい、無理に脱がせてしまうと、皮膚が一緒に剥がれてしまう場合もあるからです。

赤ちゃんや、幼児の鼻、口、頭、目、手や足の指全体、陰部、関節、肛門部などのやけどや、500円玉以上の大きさのやけどの時はすぐに病院に連れて行かなければいけないです。

やけどの範囲が大きい場合や、皮膚が白くなった場合・黒くなった場合は、すぐに病院へ行かなければならないです。

時間がたつにつれ、酷くなる場合もありますが、自己判断で処置はしない方が良いでしょう。

水ぶくれができてしまった時は、絶対に潰さしたはいけないです。
潰した部分から、ばい菌が入り化膿してしまいます。

よく民間療法で、「やけどにはアロエを塗ると良い」といわれていますが、子供にはよくありません。

馬油も良いと言われますが、子育て中の感染や皮膚炎を起こす原因となってしまいます。

やけどは、跡が残ってしまう場合があります。水で冷やすのは取敢えずの対処で直ぐに病院へ行くべきです。

そして、予め、やけどを専科にしている病院を調べておくといいでしょう。

私の娘も2歳の時にストーブの上にかけてあったヤカンをひっくり返しました。

腕にケロイドを残しています。二軒隣の外科、内科を持つ病院へ行ったのですが、傷が残ってしまいました。

子供の皮膚は、大人の皮膚に比べて薄くできていますから、ホッカイロや湯たんぽでもやけどをしてしまいます。

子育ては、気にかけて注意すること。教えること。準備しておくこと。予防しておくこと。沢山あります。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 17:32 | 子育て|乳幼児の怪我
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。