子育て|乳幼児の病気>乳幼児の病気:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・1歳3ヶ月の赤ちゃんの成長

★子育て・1歳3ヶ月の赤ちゃんの身長・体重(もちろん目安で個人差があります)

男の子の赤ちゃんの平均体重は約9〜12kg、身長は約74〜83cmぐらい。女の子の赤ちゃんの平均体重は約8〜11kg、身長は約73〜81cmぐらい。
多くの赤ちゃんがひとり立ちし、ヨチヨチ歩きを始めます。もちろん個人差があり、これは赤ちゃんの性格によって歩きを始める時期が違ってきます。赤ちゃんがヨチヨチ歩きを始めのする気が出るまでは、気長に待ってください。

★子育て・赤ちゃんの状態
奥歯が生えてきます
多くの赤ちゃんに奥歯が生えてきますので、食後はきちんと歯磨きをさせてください。オムツからトイレトレーニングを始めます。食事の前におまるに連れて行くなど、習慣づけを始めます。

★この頃の赤ちゃんのできること
言葉の意味を理解し始めます。「笑って。」というと笑ったり、言われた言葉の意味を理解するようになります。しかし、まだ、気持ちを言葉で表現することは困難で、思い通りにならずにかんしゃくを起こす場合があります。


最近のサイトを見る「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」「マネー(電子マネー・おサイフケイタイ)編」「クレジットカードの用途とグレード」「育児と養育」「成人式のスーツと振袖」



btn115c.gif

子育て・赤ちゃんの成長7ヶ月

★子育て・7ヶ月の赤ちゃんの身長・体重(もちろん目安で個人差があります)

男の子の赤ちゃんの平均体重は約7〜10kg、身長は約65〜74cmぐらい。女の子の赤ちゃんの平均体重は約6〜10kg、身長は約64〜72cmぐらい。
7ヶ月の赤ちゃんの発育の状況は少しゆるやかになっていきます。体重、身長ともわずかずつの伸びになります。

★子育て・赤ちゃんの状態
6カ月のころの多くの赤ちゃんには、いつもそばにいるお母さんやお父さんと他の人との違いがわかってきています。お母さんやお父さんなど身近な人の顔を見るとにっこり笑ったり、「アーアー」など一語を発して、うれしそうな表情を見せますが、見慣れない人が来るとじっと見つめたり、何となく表情が固くなります。だんだん赤ちゃんの周りの見慣れた人とそうでない人との 区分が出来てきているのでしょうね。

★この頃の赤ちゃんのできること
7カ月の赤ちゃんは、おすわりしながら遊べるようになります。目で見て興味を引かれた物には、何でも手を伸ばすようになります。それでもまだ5本の指は使えず、指はそろえたまま手のひらで玩具などをつかみますが、すぐに玩具を落として、自分で取れないとかんしゃくを起こすこともあります。


最近のサイトを見る「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」「クリスマスプレゼント編」「プロペシア(飲む発毛剤)編」「マネー(電子マネー・おサイフケイタイ)編」「クレジットカードの用途とグレード」「育児と養育」「成人式のスーツと振袖」



btn115c.gif

子育て・赤ちゃんの体温調節

お母さんのおなかの中に居るときの赤ちゃんは、37度くらいの温度の羊水に包まれています。赤ちゃんの誕生はたちまち、乾燥した温度差の激しい部屋で産まれてきます。
産まれたばかりの赤ちゃんは体温の調節機能がまだ十分に発達していません。そのため、生まれてすぐの時は室温は25〜26度の新生児室で保温され、体温調節がされています。

また、赤ちゃんは新陳代謝が盛んです。そのエネルギーの量は(体重1kgに対し)大人の約2.5倍といわれ、体温は大人より高めで、汗もかきやすいのです。平熱の目安は37度くらいですが、季節によって少し変わります。

子育てスタートの赤ちゃんは、温度の影響を受けやすいので、風邪をひかないように、充分に気遣って、着る肌着など季節によって組み合わせを変えてあげてください。

新生児の赤ちゃんは、昼夜を区別せずに、1日の多くの時間を寝て過ごします。そんな赤ちゃんにとって、過ごす環境はとても重要です。赤ちゃんの快適で安全な赤ちゃんがおれる空間を作ってあげてください。
加湿器や、部屋の温度を一定に保てる暖房器具などがあると、とても便利です。子育てには赤ちゃんの体温調節の為にも、室温には気を配っていないといけません。

安らげるオルゴールの音楽や、肌触りのいい布団なども用意してあげましょう。

赤ちゃんの子育てはとても大変ですが、この子育てが出来るのは今だけです。たくさんの愛で赤ちゃんを包んであげて欲しいと思います。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」

a_btn099.gif

子育て・赤ちゃんの肺炎

子育てで赤ちゃんの「風邪ですね」という病気の言い方はかなり「あいまい」なようです。呼吸器系の病気には、肺炎や気管支炎などがあって、さらに、肺炎にもいろいろ種類があり、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎のほか、嚥下(えんげ)性肺炎などがあります。その肺炎を引き起こしている原因によって、病名がつけられています。
次のような症状があったら、「風邪!」でなく、肺炎や気管支炎を疑ってください。
・せきがひどく、小鼻をぴくぴくさせる。
・あえぐように呼吸をしている。
・痰がからみ、呼吸困難を起こす。
・風邪の熱がなかなか下がらない。あるいは、上がってきた。
・高熱にかかわらず、顔色が青ざめている。
・はしかの発疹が消えたのに、高熱が続く。
・嘔吐が続く。

肺炎の種類と症状

肺炎は、風邪やはしかなどで赤ちゃんの体力や抵抗力が落ちたときに罹りやすいようです。最も一般的なのがウイルス性肺炎、今でもかかると症状が重いのが細菌性肺炎、特徴的な流行のパターンがあって、せきの症状がしつこく続くのがマイコプラズマ肺炎です。
肺炎にかかりやすい年齢は3才ぐらいまでで、冬の季節に起こりやすく、赤ちゃんの子育てで「風邪」には注意が必要です。

■ウィルス性肺炎
はしかや水ぼうそう、インフルエンザが長引いているうちに、ウイルスによる発症が肺まで広がってしまった肺炎です。肺に炎症を起こし、呼吸困難からチアノーゼ(酸素不足になり、顔や手足が紫色になる)を起こすこともあります。特に、乳児期の肺炎の原因としてRSウイルスが話題になっています。

■細菌性肺炎の症状
高熱、痰がからんだ激しいせき、呼吸困難、下痢や嘔吐など全身症状があらわれます。赤ちゃんや小さい幼児ほど重症になりやすく、急激に悪化する場合も多いので、顔色が悪く、呼吸が荒くなったら、できるだけ早く受診してください。

■マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマという微生物によっておこります。痰のからんだせきが長く続きますが、熱はさほど高くなりません。

幼い子供の命を守るのは、大事な子育てで親の責任です。赤ちゃんは、泣いたり、ぐずったり、苦しいときはお母さんに何らかのサインを出しているはずです。普段から子育ては赤ちゃんをよく観察し、異変に気がついたら、迷わず医師の診察を受けてください。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」

a_btn099.gif

子育て・赤ちゃんのぜんそく様気管支炎

空気が乾燥しはじめる冬の季節には、「冬の風邪」が増えはじめます。
子育ての赤ちゃんが、ゼーゼーとたんのからんだ咳が続きますと心配です。生後6か月〜2歳くらいまでの赤ちゃんの気管支は、短くて太く、さらに気管支をきれいにする働きが弱いので、ウイルスや細菌が入り込みやすくなっています。気管支炎は、のどと肺をつなぐ気管支が炎症をおこしてはれる病気です。
赤ちゃんの気管支炎は最初38度くらいの熱がでて、コンコンと乾いたせきをしますが、しだいに炎症が進んでくると、ゼロゼロ、ゴホゴホとたんのからんだせきに変わっていきます。赤ちゃんは、せきがひどくて夜眠れない、不機嫌になって、食欲がない、吐くなどの症状がでてくるようになります。熱は2〜4日くらいで下がりますが、気管支の炎症が落ちつくのに時間がかかるため、せきは1〜2週間ほど残ります。治るまでの期間は発病してから大体1〜2週間ほどです。

子育てには赤ちゃんの症状を悪化させないためにも、部屋からペットの毛やほこりなどを取り除いて清潔にしてください。病気の赤ちゃんのいる部屋での喫煙はもちろん、ホコリをたてたり、赤ちゃんのそばで掃除機を使うようなことは厳禁です。また、1時間に1度くらいは、数分間の換気をしてください。赤ちゃんが気管支炎に一度かかると気管支が敏感になりますので子育てにも注意が必要です。

細気管支炎は気管支よりさらに奥の、肺に近い細気管支が炎症をおこして狭くなり、呼吸困難になる病気です。細気管支炎の症状は、はじめは鼻水や軽いせきが1〜2日出ていたのが、夜中に突然「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」と呼吸するたびに音がするようになり、「ウーンウーン」とうなったり、呼吸のたびに小鼻をピクピクさせたり、ろっ骨の下がへこんだりする症状がみられます。呼吸困難の症状です。
子育ての赤ちゃんを夜中や休日でも大至急病院で医師に診てもらってください。

気管支炎のような喉から肺にかけての病気にはタバコの煙が大敵です。家庭でタバコを吸う人がいるならば、よく換気をし、空気清浄機を用意するなどして、赤ちゃんが居心地のいい環境を作ることが大事な子育てです。
最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」

相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策

おすすめサイト、リンク集71

自動メール配信,web予約システム,予約管理システム

紹介予定派遣 ランキング

カジノ

錦鯉総合情報サイト・Search錦鯉

キャッシング

消費者金融 消費者金融比較

仕事依頼ドットコム

広島 賃貸

広島市 賃貸

相互リンクふぉーらむ

レイキ、気功、気、奇跡、ヒ−リング、癒し、瞑想、幸せ

矯正歯科

矯正歯科

歯科 歯医者 武蔵野市 吉祥寺 八木歯科 審美歯科 予防歯科

移動動物園・ふれあい動物園

FX予想配信

廃車 廃車埼玉 廃車東京 廃車千葉 廃車買取

不動産担保ローン

不動産担保ローン

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

板金塗装,板金塗装 横浜,板金塗装 神奈川

過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 借金相談 サラ金問題

過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 破産手続 大阪

結婚相談所

副業

水 ダイエット

パチンコ冬のソナタ

カジノオンネット

インペリアルカジノ

審美歯科

矯正歯科

東淀川マップ

稼ぐ、儲かる

楽天市場のショッピングで通販

恋愛成功法則

ナンパスポットとは?

激安家電通販の【価格破壊】

RSS Keyword Blog

産業・木工機械の小川テクニクス

野菜、カット野菜のふぁいんふぁいん

ダホン自転車通販nav

緑のカーテン作り方で省エネ計画

マッチョ★のレシピ

自動車保険

れいんぼーびれっじ

ダイエットサプリ通販

ファイヤーキングはアンティク

がまかつの釣具で大物をゲット

ナンパ研究会の未来

炎の芸術 備前焼作家 花岡 勉

亜紀のパンスト日記

ホームページ作成 サーバーの選び方

歯列矯正

音楽情報館

個人旅行のお手伝い

黒兎音楽館

テレビや雑誌で話題の本

ゲームチャンネル24

悪質競馬情報会社にだまされるな!

RRS速読スクール

私的・・お気に入りgoods☆

Google Mapストリートビューを極める!

懐メロダウンロードDE懐メロ

PositiveMind

SEKENKOKE

sakurahana人気ブランド・スクウェア

神石高原町へようこそ

稼ぐマニュアル情報局

ガソリン200円時代の燃費対策

自転車キャンパーのセコロジーな生活

ペット用品ぐれーど わんわん

ハイアットリージェンシーグアム

那須ガーデンアウトレットとリゾレット

ハワイアンソング

dam採点と高得点獲得法

ヘ-ベルハウスと二世帯家族

ニッサンGTR

キャシング初めて講座

MIUMIU神戸

ダイエット方法いろいろ百科事典

再生倶楽部

名古屋市名東区の税理士寺西利夫

30箇所のバイト経験語ります

永作博美ブログ芸能ニュース

一過性脳虚血発作について

涼宮ハルヒぶろぐ


a_btn099.gif



子育て・幼児のインフルエンザ

子育てで秋から冬にかけて毎年流行しているインフルエンザが子供に感染するのが心配です。
子供は大人と比べて体も小さいですから、最悪の場合、死に至るケースも少なくありません。子育てをしていれば、子供がインフルエンザに罹る機会があるのは間違いないので気がかりです。

インフルエンザというのは、感染力が非常に強く、潜伏期間も3日〜5日かかる場合もあります。インフルエンザに感染してしまうと、急激な発熱をおこします。高熱はだいたい、5日ほど続きます。
小さい子供が5日間も高熱が続くと、やはり合併症も起こしかねません。多くは、肺炎、そして他には中耳炎や気管支炎になる可能性があります。

そこで、このような合併症を起こさないために、またインフルエンザにかからないために予防注射をする事で子供の身体に免疫力を付けることが必要です。インフルエンザの予防注射は、生後6ヶ月から受けることができます。
予防注射をしたから、インフルエンザに絶対感染しない!というわけではありません。予防注射をしたことによって、感染しにくくなりますし、たとえ感染しても軽症で済みます。

子供がインフルエンザに感染してしまったときは、とにかく休養させることですね。感染してしまったら、抗生物質はもちろん効きません。
子育てでは、子供には水分をこまめに取るようにし、消化の良い物を食べさせるようにすると良いでしょう。

インフルエンザの予防接種は、毎年同じ型のインフルエンザが流行するわけではないので、毎年一回、予防接種しなければ効果がありません。1年に1回インフルエンザの予防接種するようにしたほうが良いでしょう。また、家族の方も同じように、インフルエンザの予防接種をするのが大事です。

お母さんがもしインフルエンザに感染してしまった場合は、子育てを誰かに任せてゆっくり休養をとることをお勧めします。
最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」
a_btn099.gif

赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

子育てしていて赤ちゃんのインフルエンザには心配です。脅威の強毒性の新型インフルエンザの流行が取り沙汰されているから余計に気に懸かります。
赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、せきも激しいのが特徴です。インフルエンザに罹りやすい年齢は6カ月以降で、季節的には冬に罹りやすく、長引きます。

インフルエンザの原因はウイルスです。インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、ウイルスの種類もいくつかに分かれます。脅威の強毒性の新型インフルエンザが流行すれば、感染力が強く学校は勿論、会社も閉鎖され、日常生活が麻痺するのが必至とまで言われています。

インフルエンザはかぜに似た症状が強く出て、一冬に何度もかかるということもあります。
このインフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重症化するだけでなく、肺炎や脳症などの合併症を起こす危険性もあるので注意しなければなりません。
赤ちゃんの急な高熱は真っ先に医師に診てもらわなければならないでしょう。

予防としては、予防接種が有効です。インフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けることができます。
赤ちゃんに感染させないために、子育てとして赤ちゃんだけでなく、パパもママも一緒に接種するのがいいでしょう。
しかし、新型ウイルスには対応できません。新型ウイルスの情報を得て知識を蓄積し、予防と対策をしなければなりません。

急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと3日以上の発熱です。罹りやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、冬に掛かりやすくなります。

原因は、かぜの延長戦で始まることが多く、気管支にウイルス感染します。原因の大半はインフルエンザウィルスや、RSウイルスと言われています。

肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので気をつけてください。食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給をしてください。
子育てで冬の時期に赤ちゃんが罹りやすい病気は早めのチエックが必要です。
最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」

出産祝い

出産祝いとしてもらったら嬉しいベビー用品は何なのでしょう。
多くのお母さんが、出産祝いは実用的な物が良いとアンケートに答えるようです。出産祝いのプレゼントは選ぶ時に迷いますし、悩みますが、大切な誕生記念になる様な物が好まれます。

チャイルドブレインのネットショップでは、誕生した赤ちゃんが主役のオリジナル絵本を作ってくれます。世界で一冊の絵本となりますから、出産祝いとして大変喜ばれます。また、女の子が産まれたお母さんに喜ばれる小物は、オムツやガーゼ・タオル等が本物のケーキの様に包装されていたり折りたたんであったりしています。そのような出産祝いは見た目も可愛らしい、プレゼントです。

他にも、出産祝いで喜ばれるのが赤ちゃんの名前が刺繍してあるベビー用品で、タオルや哺乳瓶入れとかです。スタイ等に名前を入れる事が出来ます。

最近では海外の玩具が売られているお店もあります。ベビーブランドのセレクトショップ・ストンプスタンプでも、出産祝いにも使用できるギフトセットが販売されています。
出産祝いを渡すのは赤ちゃんが誕生してから約2週間以内が良いとされていて、出産祝いを受け取った方は御返しとして、赤ちゃんが生後約1ヶ月になった頃に、内祝いとしてお菓子等を送ります。
a_btn099.gif


赤ちゃんのぜんそくや肺炎

子育て中のお母さんは赤ちゃんの咳が気になります。
赤ちゃんのぜんそくや気管支炎の症状は、たんのからんだ咳が続きます。赤ちゃんがぜんそくや気管支炎にかかりやすい年齢は1〜2才頃で、季節の変わり目にかかりやすくなり、子育てに注意が必要です。
原因となるものは、長引いた風邪により、咳とヒューヒューと言うぜんそくのような呼吸をするようになります。

赤ちゃんの症状を悪化させないためには、部屋からペットの毛やほこりなどを取り除いて、赤ちゃんのまわりを清潔にしてください。
赤ちゃんがぜんそくや気管支炎に一度かかると気管支が敏感になるので注意が必要です。もちろん赤ちゃんの近くでタバコも厳禁で、子育てのほうが大事です。

細気管支炎の症状は、湿ったせきです。呼吸困難になることもあります。かかりやすい年齢は1才未満の赤ちゃんで、冬にかかりやすいと言えるでしょう。

原因はRSウイルスが気管支の末端に炎症を起こし、かぜの症状が急変して呼吸困難になります。
RSウィルスにかかり細気管支炎になったお子さんはほぼ喘息になってしまいます。命に関わることもあるので、風邪と診断されても、呼吸が苦しそうになったら、すぐに医師の診断を受けてください。

赤ちゃんの肺炎の症状は、かぜが長引き、発熱と湿ったせきが特徴です。かかりやすい年齢は3才までで、冬の季節に起こりやすいので子育てに注意してください。

幼い子供の命を守る子育ては、親の責任です。赤ちゃんは、泣いたり、ぐずったりして、お母さんに何らかのサインを出して苦しいことを訴えています。子育て中のお母さんは普段から子供をよく観察し、異変に気がついたら、迷わず医師に診てもらうようにしてください。

赤ちゃんのぜんそくや肺炎はタバコの煙が大敵です。子育て中の家庭にタバコを吸う人がいるならば、よく換気をし、空気清浄機を用意するなどして、赤ちゃんが居心地のいい環境を作る子育ても大切です。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

母乳子育てグッズ

母乳子育てには、授乳時に使用するクッションがあればいいですね。
Uの字型になっていて、母乳をあげる体勢(立て抱きや横抱きなど)によってどんな方向にでも調節が出来ます。
お母さんにとっても赤ちゃんにとっても楽に母乳をあげることが出来ます。
母乳子育てでは下着や洋服の選び方も重要です。
なるべく締め付け感のない楽なものを選ぶことと、授乳時に乳房が出し入れしやすいということがポイントです。
母乳子育ての際には、乳房を締め付けてしまうと、それだけで気分が悪くなってしまうこともあります。
よく母乳が出るという人は、母乳パッドも必要になってきます。母乳パッドにも、2つで1パックになったものと1つずつ個別にパックされている2種類があるので、母乳の出方によって選ぶようにすると良いでしょう。
母乳子育てグッズにはとてもたくさんの種類があります。
搾乳機や、冷凍保存が出来る母乳パック、乳首の傷に塗る馬油、ノンカフェインのたんぽぽ珈琲、たんぽぽ茶、外出先での授乳用ケープなどいろいろと母乳子育てのグッズが市販されています。
一口に母乳子育てといっても、人によって必要になるグッズもそれぞれで、自分の授乳スタイルに合ったグッズを探して上手に利用すればいいと思います。お母さんにとっても赤ちゃんにとっても楽しい母乳子育てが出来れば良いのですから。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

子育て・弟か妹が誕生した時

弟や妹が生まれて、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる、という経験は、子供にとってどのように受け止めるのでしょうか?

お母さんにとっても上の子の子育てに大事な経験を迎えることと思います。

まず、上の子は母親の胎内に赤ちゃんが存在することを教えられます。
母親のおなかをさわらせてもらったり、耳を当てたりして、赤ちゃんが母親のお腹に居ることを体感します。そして赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている気持ちを現すようになります。

しかしそこには、子供にとって、複雑な気持ちを抱くことの始まりでもあります。

下の子が誕生することは、徐々に自分だけの大事なお母さんでなくなることが分かってくるにつれて、不安な気持ちが増していきます。

その不安な気持ちを直接お母さんに向けて、はっきりと表現できる子の方が、素直に下の子の誕生を喜べるというものです。

だから下の子の誕生に対して、ぐずったりわがままになることは、心の中にたまった不安を吐き出すという、子供にとってのストレスの発散になっています。

世話がかかるようですが、しっかりぐずれるような子供は、弟や妹というライバルが現れても、少し時間はかかるかもしれませんが、きちんとその不安を乗り越えてくれるので助かります。

逆に、下の子が誕生した時、まったくお母さんに甘えず、あっさりしていた子は、その後、行動面で心配なことが現れる場合があります。

このような子は、誕生した時、うまくストレスを吐き出すことができていなくて、あとあとずっと尾を引いているようです。

子供は、自分は疎外され、愛されていないんだ、と感じているかもしれません。子育てのピンチです。

下の子供の誕生で、上の子供の子育てが終わったのではないのです。
誕生の子供には手がかかりますが、上の子への気配りをする子育てに、手を抜く訳にはいきません。少し子供の行動がおかしいなと思ったときは、思いっきり愛情を与える慰めをしてあげてください。

お母さんの愛情を肌で感じたとき、下の子の存在を認め、お兄ちゃんおねえちゃんらしく、下の子供をかわいがってくれることができると思います。子育ては気配り、気遣いです。
a_btn099.gif

子育て・赤ちゃんの頭の怪我の対応

子育てで、赤ちゃんが頭に怪我をしたとき、私たちは吃驚して慌ててしまいます。

子育てで大事なことで、出血量が多くても慌てずに処置をします。

頭やおでこの怪我は、特に、出血量が多く、傷がそれほど深くなくても、出血はします。

まず、清潔なタオルなどで血が止まるまで、しっかり傷口をおさえてください。

かすり傷よりも大きい怪我の場合は、必ず外科へ行くようにしてください。

汚れたガラス片や、さびた金属などで切った場合はすぐに病院に連れて行き、消毒し、治療してもらいます。ます。

出血が多く血が止まらない時や 傷口が深く大きい場合、傷口に異物が入り取れない時、治りが悪く膿んできている時はすぐに病院に連れて行き、受診するようにしてください。

他の部位の怪我ですが、唇や口の中の怪我は、汚れを取り除いてから止血をしてください。

唇からの出血は、ガーゼなどで唇をつまむようにして止血します。

舌からの出血は、舌をガーゼで左右から圧迫してください。

口の中や歯ぐきの怪我は、清浄綿やぬらしたガーゼで、口の中を綺麗にし、うがいができる年齢であれば、うがいをさせます。

その後、出血している部分をガーゼやタオルなどでしっかりおさえ、歯科か口腔外科へ連れて行ってください。

赤ちゃんや子どもの事故は、顔面をぶつけた時に歯や口のけがをすることが多く、衝撃で歯がグラグラになったりします。

すぐに歯科医院へ連れて行き、受診してください。


赤ちゃんが頭に怪我をし、出血したら、大人の誰もが動揺してしまうと思います。

子育てとは、慌てずに対処し、傷が深いときは、救急車を呼ぶ落ち着きが必要です。
勿論、怪我をさせないように、周りがきちんと赤ちゃんを見守ってあげるのが1番の安全策で子育てです。
a_btn099.gif

子育て・子供がコップを使い出す時

哺乳瓶からストローを使ったり、飲み物をコップで飲ませる時、うまくいかないことが多いですよね。
子育てとしては、哺乳瓶・マグ・ストロー・コップの順で夫々使うものの練習をさせていってください。
マグやストローは、吸って飲むので、子供も飲みやすいのですが、コップについては吸って飲んでくれないのでなかなかうまく飲ますことが出来ません。

コップを使い始めた頃は、みんなうまく飲むことが出来ないので、やはり飲み物を床にこぼして、汚してしまったりします。

コップで飲ませるのは、子供のコップを使う練習しかないようです。

周りが汚れるので、コップを使い始めたばかりの時は風呂に入っているときに、コップで飲む練習をするといいでしょう。
風呂場で練習をすれば、こぼしても掃除する手間もかからないのでお母さんも気持ち的に子育てに余裕できます。

また、お母さんがコップで飲ませてあげるときはコップのふちを子供の下の前歯より奥に入れないようにします。
そして、コップを傾けて飲み物が子供の上唇に少し触れる感じで飲ませます。
子供は、上唇に飲み物などの液体が触れると自然に上唇を開閉して口に入る量を調節します。

子供の顔が上を向いてたり、コップのふちが奥に入りすぎているとうまく飲めませんのでよく見てあげてください。

そして、1人でコップを持たせて飲ませるときは、飲み物を1センチくらい入れるようにします。
あまり最初から入れすぎてしまうと、子供は量の感覚がまだわからないので顔に飲み物がかかってしまい、ビックリしてしまいます。

そして、子供の好きな飲み物を入れてあげて1人で飲ませると、意外とうまく飲んでくれるようになります。

大人用のコップではなくて、子供用の小さめなコップがこぼさなくて良いでしょう。

飲み物をコップで飲めるようになったら、徐々にコップを大きくして、飲み物を飲む練習をさせてあげます。それから、飲み物を入れる量も増やしていきます。

最初からうまく飲むことが出来る子供はもちろんいるわけでないので、
少しずつ練習をしていって、焦らずにコップの練習を子供にさせてあげる子育てになります。

子供が成長していくにつれ、自分でコップを持って飲みたがるようになるので、それを待って、それから1人で持たせても良いのではと思います。
子供の成長を見守る子育てになります。

a_btn099.gif

子育て・乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群(またの名はSIDS)というのは、寝ている赤ちゃんがいきなり死亡してしまうものです。
この病気は、生後4ヶ月〜5ヶ月くらいの赤ちゃんに多く見られます。
子育てをしているお母さんなら、誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。
乳幼児突然死症候群になってしまう原因は、脳における呼吸循環調節機能不全が考えられています。

しかし、確実な原因は未だ不明のままなのです。

乳幼児突然死症候群を予防するためには、うつ伏せで寝かせないことです。うつぶせ寝は「頭の形がよくなる」と言われてますが、親が積極的にさせるのは避けたほうがよいようです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の死亡例を見てみますと、うつぶせ寝にしていた赤ちゃんのほうが多かったという数字が出ているようです。

仰向けで寝かせるよりも、うつ伏せ寝をする方が赤ちゃんは深い眠りに入ってしまいます。

また、両親の喫煙でも乳幼児突然死症候群になりやすいと言われています。
妊娠期間中・子育て中は吸わないことが大事です。

出産してから吸う場合は、外に出て吸うか子供のいないところで喫煙するかしなければならないでしょう。

また、母乳をあげて育てるのと粉ミルクで育てるの違いにも突然死の原因があるようです。

母乳は、赤ちゃんにとって1番栄養があるので、ずっと粉ミルクで育てるよりも、やはり母乳育児の方が良いようです。

母乳には、乳幼児突然死症候群を抑える効果があるようです。

母乳が出るお母さんで、粉ミルクで育てようと思わないことです。
母乳が出るなら、母乳育児をした方が良いですね。

万が一、子供が呼吸をしていないことに気づいたら、すぐに背中を叩いて刺激し救急車を呼び医師の診断をうけてください。

乳幼児突然死症候群のほかの予防例です。

@1歳以下の子供には、枕を使用するのを避けます。

A子供が寝ているすぐ傍にフワフワした毛布や、タオルなどは絶対に置かないことです。
子供がタオルなどを顔の上にのせてしまったらとても危険です。

Bあまり部屋を暖めすぎたり、着せすぎたりするのも、乳幼児突然死症候群の原因になるとも考えられています。

両親が日々よく赤ちゃんを注意しながら見守って、子育てをしていってください。
1歳以下の死亡例は全て親の不注意、子育ての失敗ですから。
a_btn099.gif

子育て・赤ちゃんに薬の飲ませ方

子供は、薬を飲むのを嫌がってなかなか飲んでくれなくて、子育て中のお母さんも困っています。

市販で、薬を飲ませる赤ちゃん用のスポイトなどが売っているのをよく見かけます。

シロップなどの液状薬の飲ませ方としては、小さなスポイトやスプーンを使うと飲ませ易いでしょう。

また、哺乳瓶の乳首をくわえさせて、その中へシロップを垂らして飲ませるという方法もあります。
そうすれば、子供も嫌がることはなく、子育ても少しは楽になることでしょう。

粉薬や、ドライシロップなどは、一口で飲みきれるくらいの少量の湯冷ましで溶かして飲ませてあげても良いですね。
口の内側に薬を塗って、タオルに水を含ませて飲ませる方法もあります。

坐薬の場合は、先端にごく少量の水をつけ、ティッシュをあてて肛門の奥まで入れてあげてください。
入れたら、しばらく抑えてあげてあげましょう。

子育てで薬の種類について知っておきたいこと。

まず抗生物質とは、細菌をやっつける薬です。
「細菌をやっつける」=「良い菌もやっつける」ことになって、
その為、腸内の良い菌もやっつけてしまいます。
下痢を起こしたりする症状が出る、抗生物質の副作用があります。ですから、乳幼児にはあまり向かない薬だと思っても良いでしょう。

解熱鎮痛剤というのは、熱が38度5分以上ある時に熱を下げるための薬です。
頭痛や歯痛にも効果はありますが、たいていは熱を下げる時に使われます。
副作用としては、安易に使用してしまうと、かえって熱が長引いてしまう場合もあります。
本来熱は、風邪のウィルスと戦っていますので医師との相談の上での使用でなければいけません。
子育ては落ち着いた対応が必要です。
a_btn099.gif

子育て・赤ちゃんの熱でのお母さんの判断の基準

子育てで赤ちゃんが熱をだせば、本当に心配です。
赤ちゃんは大人より新陳代謝が盛んですので、平熱が高いので、普段から熱が上がりやすい体質にあります。

体の中にウイルスや細菌が入ると、抵抗してその増殖を防ぐために発熱の症状がでます。

お母さんは赤ちゃんに熱がでたら、どうしたら良いのでしょうか?

@ 自宅で様子を見る程度の発熱

赤ちゃんは多少熱っぽいのですが、機嫌がよくて食欲もあります。ぐっすりと良く眠ってくれます。このような症状のときは、赤ちゃんの様子を見守ってあげてください。

A 病院の診察時間内の間に受診

赤ちゃんの熱が普段より上がっているが、水分の補給はできています。
赤ちゃんの脇の下や、おでこを冷やすてあげると、眠ってくれる。
赤ちゃんは熱はあるが機嫌がいい。このような時は、救急ではなく開院されている時間に医師に診てもらうと良いでしょう。

B 診察時間外でも受診

赤ちゃんが熱が下がらずにぐったりしている。それも高熱です。水分もミルクも飲んでくれません。このような症状のときは、診察時間外でも
医師に診てもらってください。

C 大至急、救急車を呼んで受診

赤ちゃんの意識がない。ひきつけを起こしている。
39度以上の熱。立て続けにいつも吐く。
生後2カ月までの赤ちゃんで38度以上の熱があり下がらない。
嘔吐、激しい下痢があり、おしっこが出ない。このような症状は緊急の状況です。救急車を呼んで、医師に診てもらってください。

赤ちゃんの発熱は子育てのなかでも、気がかりな子育てです。手遅れがないようにお母さんも赤ちゃんを見守ってあげることが大事です。

また、発熱にもいろいろな症状があります。
すぐに下がるような微熱であれば、それほど心配することもありませんが、赤ちゃんの様態は急変しやすいので、発熱は危険シグナルです。
熱がでた場合は、医師の診断を受けてください。
様態が急変したときが夜中でも気後れせず、夜間の病院で診断をしてもらってください。気後れ、手遅れは子育てには危険です。

発熱から考えられるものは、おたふくかぜ、髄膜炎、尿路感染症、急性中耳炎、ヘルパンギーナ、突発性発疹などもあります。

肺炎になったり、症状が悪化し、様態が変化することが怖いです。自己判断は絶対にしないように、そして医師の診断を受けるのが子育てでしょう。
a_btn099.gif

子育て・心配な赤ちゃんの炎症

子育てでの心配な赤ちゃんの炎症についてです。

■急性中耳炎

症状は、軽い熱を伴った風邪の後に耳の痛みがあり、耳だれの症状があります。

かかりやすい年齢は6カ月〜3才ぐらいまでで、冬に急性中耳炎になりやすいと言われています。

急性中耳炎の原因は、細菌が、のどから耳管を通って炎症を起こして、それが 急性中耳炎になるとして考えられます。
赤ちゃんの耳管は、太くて短く、水平なので細菌が入りやすい状態にあります。
母親が赤ちゃんに耳だれが出ているのを見て、病気に気づくことも少なくありません。
子育ては赤ちゃんの症状から目を離せません。

急性中耳炎の予防や悪化をさせないためには、あまり熱がなくても、鼻水がひどい症状のときは耳鼻科へ連れて行って受診してください。
また熱が下がらない、耳だれ、耳に手をやって泣くときも医師の診断を受けてください。


■尿路感染症

症状は、突然高熱になり、嘔吐や下痢の症状が見られます。

かかりやすい年齢は、女の子は新生児の赤ちゃんの時、男の子は1才以降です。

かかりやすい季節はなく、1年を通してかかるので注意が必要です。

原因として考えられることは、尿路(おしっこの通り道)に細菌が侵入し炎症を起こしていることなどによります

赤ちゃんの尿が停滞したり、尿が逆流したりすることを繰り返していると、細菌が侵入して繁殖しやすくなります。

赤ちゃんの排尿の回数が増えたり、排尿のときに痛がるなどの場合は、尿路感染症の疑いが強いでしょう。

尿路感染症は、せきや鼻水のように、現象が現れないので、38度以上の高熱が出て母親が初めて気づくことがほとんどです。

予防や悪化させないためのケアは、大腸菌などの感染を防ぐ為、陰部の清潔を普段から心がける子育てが必要です。

再発の可能性があるので注意しなければいけません。


■ヘルパンギーナ

症状は、突然の高熱。のどに水疱ができるなどの症状がでます。

かかりやすい年齢は1〜3才で、季節は夏にかかりやすくなります。

原因は夏かぜの一種ですが、冬にも見られることがあります。
ヘルパンギーナは感染力が強く、突然高熱から始まり、喉の奥に水疱ができます。
喉の奥に水疱が痛みを伴い、赤ちゃんの食欲が落ちることもあります。
症状は1週間ほどで治ります。

予防や悪化させないためのケアとして、 おむつ替えのときにはきっちりと手洗いをすることが大事です。

細菌が手について、他の子供に感染することもあります。子育てで一番避けなければいけないことです。



■突発性発疹

症状はお腹を中心に発疹がでます。生後初めての発熱後に見られます。

かかりやすい年齢は4カ月以降で、ウイルスが原因です。
突発性発疹は2回以上かかることもあり、高熱が続いて、熱が下がると同時に赤い小さな発疹が現れます。
発疹の跡は残りません。2〜3日で自然に消えるでしょう。

初めての発熱は、必ず受診してください。心配なことについては医師になんでも質問して聞くようにしてください。
子育ての学習です。
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。