子育て|子供の車酔いの対処法:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て|子供の車酔いの対処法

子育ての課題は子供の体質にもあります。子供と一緒に車で出かける時に子供が車によく酔うということがあります。ここにも子育ての一つがあります。

子供の乗物酔いに対しての気づかい方があります。
車の運転で急な加速や減速のスピードの変動が、なるべく少ないほうが車酔いをしにくくなります。車の発進は、アクセルをゆっくりと踏みます。スピードを落とす時も急ブレーキをかけるのではなく、
早めに減速します。出来るだけ、一定のスピードで走行し、発進や停車をゆっくりとするという、安全運転を心がけることが、
車酔いがしにくいということです。

また、車に特有の臭いによって車酔いを引き起こします。
換気をこまめにしたり、子供が気に入った香りの芳香剤などを使って車内の臭いに気を配ります。車での道中は、気を紛らせるように、歌をうたったり、しりとり遊びなどをするといいかもしれません。
絵本や漫画など、絵や字を見るのは、酔いやすいので止めるのがいいでしょう。
炭酸飲料や飴、ガムなども、気分転換に役立つ場合もあります。
そのほかには、みかんなどの柑橘類も良いようです。

車酔いになってしまったら、車を停めて、車から降りて、新鮮な空気を吸うことで、気分転換になります。
このときも、炭酸飲料などを飲むと、すっきりとした気持ちになるでしょう。

車中の臭いなどで、以前に車酔いや嘔吐したことを思い出し、そのトラウマから再び車酔いを起こしてしまうこともあります。
何度か「車酔いしなかった」という回数を重ねてトラウマを払拭することも子育てだろうと思います。
事前に酔い止めの薬を使用する方法もあります。かかりつけの病院で相談してみると良いと思います。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 17:09 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。