子育て|風呂が嫌いな子供:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て|風呂が嫌いな子供

子育ての毎日でいろいろなことがあります。
子供がお風呂が嫌いで、湯船にちゃんと浸かっていられないということはありませんか。
子供がしかし、湯船にちゃんと浸かっていられなくても、無理やり湯船の中に入れる必要はないです。子供からすれば、湯船は深くて、熱過ぎるときもあって、怖いものと思っているのかもしれません。

ほかの国を見ても、湯船に入る習慣のある国は、あまり多くはありません。湯船に入らなければいけない、と決め付けることはないかもしれません。

洗い場で身体をよく洗って、その後はシャワーを浴びて出ても、全く問題はないと思います。
入浴とは、身体をきれいにすることと考えればいいと思います。
そうしているうちに、湯船に浸かることができるようになるかもしれません。

しかし、子育てとして子供の身体を考えて冬はやはり湯船に浸からないと、身体が温まらないんじゃないか、と心配に思うかもしれません。
そういうときは、冷たい水と温かいお湯とを、別々に洗面器に入れて用意してください。

そして、足をお湯と水を交互に繰り返し入れてあげます。
このような冷水浴と温水浴を何度も繰り返すことで、自律神経の機能を活発にします。
そして、血行がとても良くなり、湯船に入ったときと同じような効果があります。これによって湯冷めすることもなく、よく眠れるでしょう。

子育てに関しては、どんなこともそうですが、強制することは必ずと言っていいほどうまくいきません。

だから、お風呂が好きになるのに時間がかかっても、決して怒らず長い目で見てあげるといいと思います。

お風呂が嫌いな子供の中には、頭を洗うのを嫌がる子も多いようです。

これは、目にシャンプーが入って痛い経験をした、頭から湯をかけられて圧迫感を感じたという場合が多いようです。

こういう子の場合は、頭を洗うことが必要だということを、まず理解してもらうことが必要で、シャワーでゆっくりシャンプーを洗い流すことだと思います。

特に小さい子供にとって理解し納得することは、重要なプロセスです。
そうすることで、嫌だと思ったことでも、納得してできるもので、子育てのポイントになると思います。
子供の習い事|早期教育
a_btn099.gif
posted by white33 at 11:28 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。