子供の虐待:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子供の虐待

現代では子育てを放棄することような子供の虐待がとても深刻な社会問題になっています。

虐待は、子供にとって、肉体的・精神的に傷を残す行為であり、何もプラスになることはない叱り方です。

「しつけだから」と言って行われる虐待が特に多いのですが、それは親の感情を一方的に子供にぶつけているだけだと思われます。
虐待は子供の身体を傷つけるだけでなく、無視したり、子育てを放棄することも虐待の一種です。
子供の心に、傷を一生残してしまうことが虐待の一番の問題なのです。

昔は虐待が全くなかったわけではないのですが、とりわけ最近では新聞テレビなどで子育てとは無縁の虐待が報じられます。

その原因は、少子化の時代で、長時間母親と子どもが一緒にいることに関係しているようだとも言われています。
昔は、子供の数が多く家事に時間がかかり、虐待する暇などなかったのかもしれません。

最近では、子供を虐待している母親自身が、自分で虐待防止センターなどへ、助けを求めて電話をしてくるケースが非常に多いようです。
このような場合は、母親ひとりが解決できる状況にはないので、精神科の病院や保健所などに連絡をとる必要があります。
そのまま放置すれば、この母親も子供も双方とも、大きな傷を負う危険性があるからです。子育てどころの話ではありません。

親が虐待してしまう原因は様々ですが、最も深刻なのが、親自身が小さいときに虐待を受けて育ってきたことで、トラウマとなっていることが、無意識のうちに自分の子への虐待となってしまうのです。
このようなケースが非常に多いのが現状なのです。

人間なら誰でも、感情が高ぶってしまって、思いがけず相手に強く当たってしまうことは、よくあることだと思います。

ただ、それが同じ子に対して、習慣的に何度も行われるようなら、それはもはや深刻な問題です。

自分でやってはいけないと認識しているのに、止められない場合は、専門家や施設などに助けを求める必要があります。

自分自身と大切な子供のために、決して放置するものではありません。
a_btn099.gif
子供の習い事|早期教育
posted by white33 at 11:57 | 子育て|子供の教育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。