子育て第一歩|赤ちゃんの泣きかたで赤ちゃんの気持ちをわかる:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て第一歩|赤ちゃんの泣きかたで赤ちゃんの気持ちをわかる

子育ての第一歩は赤ちゃんの泣きかたで赤ちゃんがどうして欲しいのか
が分かります。

「おぎゃー」という産声で産まれたばかりの赤ちゃんは、その後、泣くことで自分の意思表示をします。

この時期の赤ちゃんは、泣いて、お乳を飲んで眠るのが毎日の生活です。

生後1〜2ヶ月くらいまでの赤ちゃんの泣くことでの意思表示は、生理的なことによっています。

お腹がすいた、暑い、寒い、おむつがぬれた等でお母さんに意思表示をしています。

やがて泣くことでの意思表示は抱っこしてほしい時や、甘えたい時に気持ちを伝えるようになります。

でも、毎日赤ちゃんと一緒に居ても、泣いている理由がわからないことがあります。

そんな時は、「どうしたの?」と優しく声をかけてあげるのがいいです。

赤ちゃんを抱いて、抱っこしてほしい、甘えたい気持ちを受け止めてあげると泣き止むこともあります。

「抱きぐせ」がつくと言うことがよく言われますが、たくさん抱っこしてあげていいのです。

抱き癖を気にせずに抱いてあげられる時は抱っこしてあげてください。

赤ちゃんの泣きかたには赤ちゃんそれぞれに個性があります。

よく泣く赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんがいますが、これは生まれつきなんでしょう。

泣く、泣かないは関係なく、赤ちゃんを放っておくことはよくないでしょう。

赤ちゃんの泣きかたで赤ちゃんの気持ちを分かってあげれば・・・

●お腹が空いている時の赤ちゃん

激しく泣いたり、穏やかになったりを繰り返します。穏やかになった後に、赤ちゃんの口に触れる物を吸うようならお腹が空いています。

●眠いときの赤ちゃん

赤ちゃんは布団やママの服などに顔をこすりつけます。ちょっとぐずることもあります。

●どこかが痛いときの赤ちゃん

痛いときは激しく泣きます。この場合はおっぱいを飲ませても泣き止まないので、どこが痛いのか慎重に見てください。

おなかが痛いときは、赤ちゃんの両足が縮まります。

●不安、不快なときの赤ちゃん

思い出したよう泣くことがあります。おむつが汚れていないか、体が虫に刺されていないかなど、赤ちゃんを裸にして見てあげます。

異常がないときは、不安になったり、驚いたりしたのかもしれません。

お母さんがしっかり抱いてあげれば赤ちゃんは安心するでしょう。

子供の習い事|早期教育


相互リンク募集 検索エンジン登録 アクセスアップ SEO対策


a_btn099.gif
posted by white33 at 18:07 | 子育て|乳幼児の病気>泣きかた
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。