子育てでの学資保険の必要性:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育てでの学資保険の必要性

子育てで子供の教育費のために学資保険加入する人が多いようです。この学資保険jがいかに役立つかですが・・・。


子育てで子供の教育費は、小学校・中学校・高校そして大学までを考えた場合、実に1000万を超えるほどの大金となってきます。それも自宅から通えない学校となるとさらに、負担が増します。

一度にポンと出せるくらいの収入があるなら、それほど考えなくてもいいのですが、多くの家庭においてはそうは出来ません。
学資保険、あるいは子供の小さい頃から計画的にコツコツお金を貯めて、子育てのために子供の教育資金を作っていかなければなりません。
単に教育資金を貯めるだけなら学資保険でなくても、定期積金などを利用して貯金していくことで大丈夫なはずです。

しかし、学資保険の保険要素に定期積金との違いがあります。

その中でも一番大きな違いの保険の要素は、万が一の保障です。
学資保険では、保険契約者に万が一の場合が起こったとしても、その時点で契約が終了ということはほとんどありません。
契約者に万が一のことが起こった場合、保険料の支払いは免除となり、満期金あるいは御祝い金などを受け取ることができるといった商品が多くなっています。

何があっても子供の教育資金の確保を考えるという主旨からすると、
学資保険の必要性が出てきますし、定期積金の利息と保険の金額メリットをチエックしておきたいです。


最近のサイトを見る「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」


btn115c.gif


posted by white33 at 10:30 | 子育て|学資保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。