子育てとしての学資保険の加入:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育てとしての学資保険の加入

子育ての中で学資保険は、子供の教育資金をためるためには、大変ありがたく感じます。
子供の教育資金をこの学資保険に頼らず、自分の意思だけで貯めていこうとするのは、なかなか難しいものがあります。
その点、学資保険は、その目的が教育資金ということなので、子育ての思いから、途中で解約することなく、ほとんど計画通りに貯めることが出来ます。
その上、子供あるいは保険契約者に万が一のことがあっても、安心してお金を受け取ることが出来る保証がありますので、安心できる教育資金作りの手段になります。

学資保険の加入は0歳から加入可能となっています。また、逆に、0歳でなくても加入することが出来ると言うより、いつからでも加入が出来るということなのです。
ただ、加入するのが、子供の年齢が上がるにつれてというと、その分加入年数が減ってしまうことになって、月々の掛け金は高くなってしまいます。理想は子供の誕生とともに子育てと一緒にスタートすれば、掛け金は少なくてすみます。
学資保険には、注意するポイントがあります。
加入年数によって左右されてくる問題で、加入年数が少ないと、月々の保険料が高くなるだけでなく、元本割れあるいは低金利しかつかないといった事態が生じてきてしまうことがあります。
それと、学資保険を簡単に考えて加入してしまっても、途中で解約することになってしまっては、加入年数の少なさのデメリットで、せっかくの積み立てが何もなりません。
加入年数を長くしようとあせって加入することがないように注意が必要でもあります。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:49 | 子育て|学資保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。