子育て・赤ちゃんの体温調節:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんの体温調節

お母さんのおなかの中に居るときの赤ちゃんは、37度くらいの温度の羊水に包まれています。赤ちゃんの誕生はたちまち、乾燥した温度差の激しい部屋で産まれてきます。
産まれたばかりの赤ちゃんは体温の調節機能がまだ十分に発達していません。そのため、生まれてすぐの時は室温は25〜26度の新生児室で保温され、体温調節がされています。

また、赤ちゃんは新陳代謝が盛んです。そのエネルギーの量は(体重1kgに対し)大人の約2.5倍といわれ、体温は大人より高めで、汗もかきやすいのです。平熱の目安は37度くらいですが、季節によって少し変わります。

子育てスタートの赤ちゃんは、温度の影響を受けやすいので、風邪をひかないように、充分に気遣って、着る肌着など季節によって組み合わせを変えてあげてください。

新生児の赤ちゃんは、昼夜を区別せずに、1日の多くの時間を寝て過ごします。そんな赤ちゃんにとって、過ごす環境はとても重要です。赤ちゃんの快適で安全な赤ちゃんがおれる空間を作ってあげてください。
加湿器や、部屋の温度を一定に保てる暖房器具などがあると、とても便利です。子育てには赤ちゃんの体温調節の為にも、室温には気を配っていないといけません。

安らげるオルゴールの音楽や、肌触りのいい布団なども用意してあげましょう。

赤ちゃんの子育てはとても大変ですが、この子育てが出来るのは今だけです。たくさんの愛で赤ちゃんを包んであげて欲しいと思います。

最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」「プロバイダ編」

a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。