子育て・幼児のインフルエンザ:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・幼児のインフルエンザ

子育てで秋から冬にかけて毎年流行しているインフルエンザが子供に感染するのが心配です。
子供は大人と比べて体も小さいですから、最悪の場合、死に至るケースも少なくありません。子育てをしていれば、子供がインフルエンザに罹る機会があるのは間違いないので気がかりです。

インフルエンザというのは、感染力が非常に強く、潜伏期間も3日〜5日かかる場合もあります。インフルエンザに感染してしまうと、急激な発熱をおこします。高熱はだいたい、5日ほど続きます。
小さい子供が5日間も高熱が続くと、やはり合併症も起こしかねません。多くは、肺炎、そして他には中耳炎や気管支炎になる可能性があります。

そこで、このような合併症を起こさないために、またインフルエンザにかからないために予防注射をする事で子供の身体に免疫力を付けることが必要です。インフルエンザの予防注射は、生後6ヶ月から受けることができます。
予防注射をしたから、インフルエンザに絶対感染しない!というわけではありません。予防注射をしたことによって、感染しにくくなりますし、たとえ感染しても軽症で済みます。

子供がインフルエンザに感染してしまったときは、とにかく休養させることですね。感染してしまったら、抗生物質はもちろん効きません。
子育てでは、子供には水分をこまめに取るようにし、消化の良い物を食べさせるようにすると良いでしょう。

インフルエンザの予防接種は、毎年同じ型のインフルエンザが流行するわけではないので、毎年一回、予防接種しなければ効果がありません。1年に1回インフルエンザの予防接種するようにしたほうが良いでしょう。また、家族の方も同じように、インフルエンザの予防接種をするのが大事です。

お母さんがもしインフルエンザに感染してしまった場合は、子育てを誰かに任せてゆっくり休養をとることをお勧めします。
最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。