赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

子育てしていて赤ちゃんのインフルエンザには心配です。脅威の強毒性の新型インフルエンザの流行が取り沙汰されているから余計に気に懸かります。
赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、せきも激しいのが特徴です。インフルエンザに罹りやすい年齢は6カ月以降で、季節的には冬に罹りやすく、長引きます。

インフルエンザの原因はウイルスです。インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、ウイルスの種類もいくつかに分かれます。脅威の強毒性の新型インフルエンザが流行すれば、感染力が強く学校は勿論、会社も閉鎖され、日常生活が麻痺するのが必至とまで言われています。

インフルエンザはかぜに似た症状が強く出て、一冬に何度もかかるということもあります。
このインフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重症化するだけでなく、肺炎や脳症などの合併症を起こす危険性もあるので注意しなければなりません。
赤ちゃんの急な高熱は真っ先に医師に診てもらわなければならないでしょう。

予防としては、予防接種が有効です。インフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けることができます。
赤ちゃんに感染させないために、子育てとして赤ちゃんだけでなく、パパもママも一緒に接種するのがいいでしょう。
しかし、新型ウイルスには対応できません。新型ウイルスの情報を得て知識を蓄積し、予防と対策をしなければなりません。

急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと3日以上の発熱です。罹りやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、冬に掛かりやすくなります。

原因は、かぜの延長戦で始まることが多く、気管支にウイルス感染します。原因の大半はインフルエンザウィルスや、RSウイルスと言われています。

肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので気をつけてください。食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給をしてください。
子育てで冬の時期に赤ちゃんが罹りやすい病気は早めのチエックが必要です。
最近のサイト「審美歯科編」「出張編」「プエラリア(バストアップ)編」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。