子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月))(5、離乳食・後期):子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月))(5、離乳食・後期)

子育て離乳食・後期(10ヶ月〜1歳)
このころの赤ちゃんの食事における子育ては、あごと舌を上下に動かし、歯ぐきでものをつぶす練習をはじめます。
離乳食にはバナナやにんじんの煮物くらいの固さを目安にいろいろなものをあげてください。この頃の赤ちゃんは自立心が芽生えてきて、一人で食べようという意欲が現われてきます。手の動きもしっかりしてきて、なんでも手を出しては自分でやろうとしはじめます。

赤ちゃんは、毎回、食べる量が違ったり、まわりを汚すのでお母さんも子育てには大変な頃になります。でも手づかみで食べたりや遊び食べをしたりするのは赤ちゃんの成長の大切な一課程なので、自分で食べようとする意欲を大切に考えて、子育てしてあげてください。

この時期の赤ちゃんの子育てに食べ物をまる飲みさせないために気遣いが必要ます。
食べ物が固すぎたり、逆に柔らかすぎたりしてしまうと丸飲みの習慣をつけてしまいます。

咀嚼の能力はこの時期に出来てしまうので、かみつぶしやすい食材で十分練習させてあげることが大事です。

また、この時期の赤ちゃんには、手づかみ食べやコップ飲みの練習をさせてあげてください。

食べ物を手でつかんで口にもっていくことができないと、スプーンやおハシを使って食べるようになるまで、時間がかかります。今の時期、赤ちゃんの食べたい意欲を優先にして、手づかみで食べやすいメニューを加えてみてください。
コップを使う練習は、入浴の時なら濡れても構わないので、その時にコップを使う楽しさを覚えるように仕向けてください。





posted by white33 at 10:08 | 子育て|食育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。