子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(4、離乳食・中期):子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(4、離乳食・中期)

子育て離乳食・中期(誕生7〜8ヶ月)
子育ての赤ちゃんも7〜8ヶ月ごろでは、離乳食を与えると舌を上下に動かして、上あごと舌で食べ物をつぶすように、モグモグするようになります。食べ物の固さは、豆腐ぐらいの固さで簡単に舌でつぶせる固さが目安になります。
食事回数は1日2回食を順調にこなすようにし、離乳食を規則的にあげるようします。

1回の食事量の目安として

主食(炭水化物)    全がゆで50g(お茶碗半分くらい)

主菜(タンパク質)   卵なら全卵1/2 、
            魚なら13gから15g(3さじ)

副菜(ビタミン・ミネラル)緑黄色野菜で325g(5さじ)

子育て離乳食・中期(誕生9ヶ月)

子育ての赤ちゃんも9ヶ月ころからは食ベ物をカミつぶすようにする練習をして、丸飲みを予防します。食べ物の固さは、歯ぐきでつぶせるくらいの固さが目安になります。
授乳と離乳食を徐々に切り離し、1日3回の離乳食をあげるようにします。
このころから赤ちゃんは味覚が発達してきますので、食品の種類を増やして、毎食の栄養バランスをとるとともに子育てで大事な偏食の予防にも気を配り、いろんな食べ物の味に慣れさせていくようにします。

1回の量の目安として、

主食(炭水化物)    全がゆ〜軟らかいごはんで約お茶碗1杯              (80g)

主菜(タンパク質)   卵なら全卵1/2 、
            魚や肉なら、15g〜18g(4さじ)
            魚なら13gから15g(3さじ)

副菜(ビタミン・ミネラル)緑黄色野菜で30g〜40g(6さじ)

1日2〜3回のバラエティーに富んだ離乳食をつくるのは子育ても大変です。まとめて作って、1回分づつ、小分けにして冷凍して保存したり、また、家族の食事を取り分けるなどの工夫も必要です。

赤ちゃんが食べることに集中しないときは、時間を決めて食事を切り上げてもいいでしょう。




posted by white33 at 09:31 | 子育て|食育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。