子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(2、離乳食前期):子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(2、離乳食前期)

離乳食の前期(誕生から5ヶ月ごろ)
離乳食前期は離乳食の開始時期になります。離乳食の開始はポタージュ状の食べ物から始めます。まだ授乳をしていますから、授乳の時に、初めは1品を1さじずつ与え、上手に飲み込めるようになったら、翌日はそれを2さじ3さじと増やしていきます。1週間ほどで、あらたに別の食品を1さじ加えて慣らしていきます。それにはつぶし粥が良いでしょう。

つぶし粥なら6さじ〜8さじ(30g〜40g)を目安に与えます。
このようなつぶし粥の離乳食の後は母乳やミルクを与えます。
赤ちゃんはまだ、母乳やミルク以外の味には慣れていませんから、おかゆを与えても舌で押し出してしまう赤ちゃんもいます。
そんなときは、無理強いしないで、赤ちゃんが喜んで食べるまで待ちます。気長に離乳を進めることが大事です。

栄養の大部分が母乳やミルク以外の食べ物からとれるようになったときが離乳の完了になりますから、約1年をかけて離乳を進めていくようになります。

今日がだめでも翌日は食べることもあるかもしれませんから、ゆったり構えて根気よく続けて行く気持ちが良いでしょうね。

初めての離乳食で、赤ちゃんがなかなか食べてくれず、悩んでいるお母さんもおられるでしょう。赤ちゃんはつぶし粥がびっくりするほどスムーズに馴染んでくれます。
【つぶし粥】
離乳食初期 ( 誕生5〜6ヶ月の乳児1人分 )
米(白米) 大さじ1、水 200cc 、水(2回目の分) 大さじ2
@洗ったお米と水200ccを小さな鍋に入れ、蓋をして加熱します。すぐ沸騰しますので沸騰したらすごく弱火にして20分。

Aここで大さじ2杯の水をすばやく入れ、再び蓋をして10分。火加減はそのままです。

B10分経ったら蓋を取らずに火を止めて15分蒸らします。15分後、蓋を開けて☆OK☆

C再度点火して中火で全体的に少しとろみがつくまでぐつぐつ。とろみがついたら火を止めて冷まします。

D鍋の中身を茶こしでこします。この液体が「お米スープ」です。
☆お米スープはここで完成☆

次は茶こしに入ってるお粥の調理。

E茶こしに入ったまま、小さいすりこぎでお粥をこします。こした物を器でうけます。半分ぐらいこせたら、残りもなめらかなので器に入れます。
☆つぶし粥のできあがり☆

F乾燥するにつれ粘り気も増すので、必ず[お米のスープ]でのばしながら食べさせてあげてください。

G両方冷ましたらこれで完成です。

[食べさせ方]
まずお米のスープをスプーンで少しずつ。上手にできたらお粥をスープでのばしながらあげたてください。徐々に様子を見て2皿を使って配合を変えて行きます。(2皿あるのがポイント)スープの延長でお粥を食べられた感じで、抵抗なく慣れてくれます。完全に慣れたら普通のつぶし粥で大丈夫です。
【つづく】


posted by white33 at 09:11 | 子育て|食育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。