葉酸のサプリメントと薬の飲み合わせ:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

葉酸のサプリメントと薬の飲み合わせ

葉酸やビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を、普段からサプリメントを利用して摂取している人も多くいますが、手軽に不足しがちな栄養素を摂取できるサプリメントとの飲み合わせに気をつけなければいけない薬があります。サプリメントで葉酸などの栄養素を健康維持のために飲んでいる人でも、そのサプリメントの特性について認識している人は少ないでしょう。
サプリメントは飲んでいる薬の作用を強めたり弱めたりするなど,思わぬトラブルの起こるケースが稀にあるからです。

ビタミンB群の水溶性ビタミンである葉酸は、細胞分裂やDNAの合成に必要なビタミンで、心筋梗塞や肺がん、子宮頸がん、直腸がんの予防に役立つとされていますが、ある特定の薬を服用している人には健康維持のために葉酸のサプリメントを飲むことが推奨されていません。
それは、てんかんの治療でフェニトン(アレビアチン、ヒダントール)という抗てんかん薬を飲んでいる人で、葉酸のサプリメントを摂取することによりフェニトインの代謝が促進されてしまい、てんかん薬の作用が弱まってしまうことがあるためです。サプリメントとは健康な状態の人が健康維持のための補助的な役割として摂取するものですから、葉酸が不足しがちな場合でも抗てんかん薬を飲んでいる人はサプリメントを摂るのをやめておくほうがいいでしょう。
また、納豆やブロッコリー,パセリやホウレンソウなどの緑黄色野菜。これらの中にはビタミンKが入っていますので血液凝固防止薬の作用を弱めます。
グレープフルーツは高血圧や狭心症などの治療薬であるカルシウム拮抗薬などの作用を強めることがわかっています。

このようなことから,薬を飲んでいる人がサプリメントを使用される場合には,前もってサプリメントの成分と量を細かくメモしておき,病院の担当医か薬剤師に必ず伝えるようにしましょう。

a_btn099.gif

posted by white33 at 09:37 | 子育てと葉酸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。