妊娠に必要な葉酸:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

妊娠に必要な葉酸

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、ほうれん草などに多く含まれています。葉酸という名前だけを見ると野菜類にのみ含まれているような印象を持ちますが、ほうれん草の抽出物から発見されたためこの名前がついているだけで、レバーなどの動物性の食品にも含まれている栄養素です。
葉酸という名前をあまり耳にすることがないかもしれません。しかし、妊娠中のお母さんにとってはきわめて重要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんが成長していくのに必要な遺伝物質のDNAが造られていく時に働くもので、正常な細胞分裂を行なう際になくてはならないものです。葉酸が不足してしまうと細胞分裂が上手くいかなくなり、DNAが造られる時に親から子供に受け継がれることにミスが起こりやすくなるというリスクが発生します。

妊娠初期の2週間〜4週間くらいに一番細胞分裂が活発に行なわれるために、この時に葉酸が不足すると無脳症や神経管閉鎖障害という病気が起こる確率が高くなってしまいます。ところが、通常2〜4週間はお母さんもまだ妊娠には気づいていることは少なく、気がついた頃には葉酸が一番必要な時期を過ぎてしまっているということになります。
ほとんどのお母さんは妊娠に気づいて、産婦人科などで葉酸のことを知って、それから栄養管理を始めるのが現状です
そこで、神経系障害のリスクを少なくするためには、少なくとも妊娠する1ヶ月前から葉酸を摂取しておくことが望ましいので、妊娠を望んでいる女性は積極的に葉酸を摂るように意識したほうがいいですね。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:53 | 子育てと葉酸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。