妊娠前後の葉酸の1日の必要摂取量:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

妊娠前後の葉酸の1日の必要摂取量

葉酸はDNAを構成する核酸の合成や赤血球を作るという働きがあり、妊娠前後はともかく、子育て母体にも非常に重要な栄養素です。この葉酸が不足すると貧血を起こしたり、胎内にいる赤ちゃんに神経管閉鎖障害というトラブルが発生したりしてしまいます。
葉酸の不足によってこのようなトラブルが起こらないようにするには、妊娠可能な年齢の女性では1日400μg(マイクログラム)の葉酸を摂取するのが良く、妊娠中の女性では1日600μg、授乳中には500μg摂取することが必要になります。
もちろん、葉酸は女性だけに必要な栄養素ではなく、同じように男性も積極的に摂取しておくことが望ましいものです。妊娠出産に関係しない成人男女に1日に必要な葉酸の摂取量は200μgで、1日の許容上限摂取量は1,000μgです。一応、葉酸の1日の許容上限摂取量が1,000μgと定められていますが、葉酸は水溶性のビタミンなので過剰に摂取された葉酸は腎臓から尿として体外に排出され、多少であればあまり過剰摂取ということにはこだわらなくても大丈夫です。

葉酸は妊娠女性を対象にするだけでなく、心疾患やアルツハイマーの予防にも効果があり、中高年の心臓発作や脳卒中が心配になる年齢の人にもとても必要な栄養素です。
必要になった時にだけあわてて葉酸を摂取するのではなく、日々の生活の食事や栄養を補うサプリメントを利用して葉酸不足にならないように気をつけましょう。
a_btn099.gif


posted by white33 at 09:02 | 子育てと葉酸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。