出産を知らせる痛み:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

出産を知らせる痛み

出産が始まる痛みを、陣痛と言います。陣痛は、出産が近づくと赤ちゃんを外へ出そうと子宮が収縮する為に起こる痛みで、陣痛の痛みは個人個人で違います。そのまま出産になる人もいますし、陣痛の強さが弱まってしまう人もいます。

痛みが規則的に30分間隔から15分間隔へ…と徐々に間隔が短くなっていき、間隔が10分になればいよいよ出産間近です!
出産の時に陣痛が弱まってしまう事を、陣痛微弱と言います。陣痛が長時間続いて、母体が疲労して子宮の収縮する力が弱くなってしまった状態で、多胎妊娠・羊水過多・胎児の廻旋異常のほかに若年出産と高齢出産があげられます。
陣痛微弱の場合は、赤ちゃんが出て来やすいように、陣痛促進剤を使用したりします。子宮口が既に10センチ開ききっている場合には、吸引やかん子分娩になる事もあります。
医師や助産士さんは陣痛がはじまってから長時間が経過し、出産時間が長くなった時には、母体に負担が掛かるので、出産の方法を判断します。
分娩時間も個人によって様々ですが、出産を初めて経験する方で大体約10時間掛かる人もいますし、6時間弱でお産される方もいます。

陣痛の痛みが約1日続く方も多くいて、出産に関しては何が起こるか分らないので、助産士さんや医師は臨機応変に対処をしなければなりません。

また、出産までに至らない陣痛を、前駆陣痛とも言います。前駆陣痛は、痛みが不規則で痛くなったり治まったりの繰り返しで最終的には痛みが遠のいてしまうので、出産にはならない事が多いのです。

出産が初めての方で、もし自分で前駆陣痛か陣痛かがわからなくて不安なときは、早めに病院に連絡しておく事が大事です。
a_btn099.gif
posted by white33 at 08:55 | 出産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。