七五三の祈祷料:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の祈祷料

七五三で神社へ参拝して、お祓いしてもらう場合には事前に社務所へ予約をしておきます。そして当日は、七五三のご祈祷のお礼にいくらか祈祷料として包むようになっています。
最近では神社で一人当たり祈祷料がいくらと決まっている場合が多いので、七五三の祈祷を予約する際に聞いておくと良いでしょう。
祈祷料の相場としては、3,000円〜10,000円ぐらいまでの範囲です。
七五三の祈祷料は紅白蝶結びの祝儀袋を用意し、「御初穂料」や「御玉串料」と表書きします。
名前は、七五三を迎えた子供の名前を書き、年齢も書き添えましょう。

そもそも「御初穂」とは、その年の豊作を感謝してに、その年に初めて収穫された稲穂を、神社に奉納されたものです。この豊作のお礼のお供え物が時代とともに、稲穂からお金に置き代わってきたものです。
ですから、本来は七五三のご祈祷のお礼にお金がいくらですよと料金設定されているのはおかしい話しではあります。
お参りする人の神様へのお礼の気持ちが「御初穂」であったので、その人の価値観によって奉納する量も違っていたようです。

そうなると七五三を含めて神社へ支払う「御初穂料」「御玉串料」もお礼の気持ちによって金額が異なってくるのが本来です。しかしながら、現在では多くの神社が事務的に一人いくらと祈祷料を設定して七五三の祈祷をするようになりました。
これも神社に祈祷料がいくらですかと、聞く人が多くて、そのため、事務的に神社がわから、祈祷料の金額が提示されるようになったのでしょうか?これはこれで、金額が決まっていた方があれこれ悩まなくて良いという人もたくさんいるようにも思います。
a_btn099.gif

posted by white33 at 10:15 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。