七五三参りに行く神社:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三参りに行く神社

七五三 猿田神社


七五三は、子供が7、5、3歳という節目を迎えられる年齢まで、健やかに成長できた事を神様に感謝し、今後のご加護をお願いする日です。ですから、七五三の本来の意味を考えると、七五三のお参りに行くのは近くの氏神様へお参りに行くのが本当です。ところが、近くに神社がない場合があります。そのような時には、子供が生まれた土地の神社や、お宮参りに行った神社へ七五三参りに行くと良いでしょう。
七五三では、子供に綺麗な着物を着せ、髪をセットして、メイクもかわいらしく施し、神社へお参りをした後は記念写真を撮って、外食やご馳走で盛大にお祝いしたいと考えるのが親心です。
それに合わせて、七五三参りに行く神社も有名な由緒ある神社へ行きたいと考える人が増えてきています。例えば、東京なら明治神宮、名古屋なら熱田神宮、奈良なら春日大社という具合です。
大きくて有名な神社へ七五三参りに行くのも良いのですが、子供にとって堅苦しい着物姿や、履き慣れない草履で遠くの神社へ行くのはかなり辛いスケジュールになります。子供のことを考えると、できる事なら近くの神社で、七五三の本来の意味合いどおりに、氏神様に我が子のすこやかな成長を感謝し、祈願したいものです。
近くの神社で七五三の祝詞をあげてもらえば、神主さんが我が子のためだけに時間をかけて祈願してくれることもあります。すると、とてもありがたい気持ちになれ、子供にも負担が少ないので、あとでこの七五三のお参りが良かったねと得心すると、思いますよ。
a_btn099.gif

posted by white33 at 18:56 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。