七五三の着物:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の着物

七五三での子供の着物姿は、女の子はとてもかわいらしく、男の子は凛々しくて見ていて微笑ましいものです。

七五三のそれぞれの年齢での正式な衣装です。

まず、3歳の男の子の七五三では、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(もんつきにまいがさね)にへこ帯、袖なし羽織を着せてあげます。一般的に、この時には、お宮参りのときの「のしめ」を転用する場合がおおいです。一方、3歳の女の子も七五三の時にはお宮参りの着物を仕立て直して利用するのが多いです。晴れ着に帯を結ばずに苦しくないようにひもで軽く着せてあげ、被布を着せます。髪飾りをつけてかわいらしくしてあげると、七五三を迎える本人も喜ぶ事でしょう。

七五三の5歳をお祝いするのは男の子のみです。日本古来の風習で初めて袴を身につける儀式の日である七五三の5歳は、紋付羽織袴を身につけます。長着は、羽二重の五つ紋付熨斗目模様や色紋付で、揃いの羽織を合わせ、下着は白羽二重の比翼仕立てにします。袴をはかせ、畳表の草履と扇子を身につけると、男の子らしい姿となる事でしょう。

七五三の7歳は女の子のみで、帯解の祝いですから、大人の女性と同様に帯を締めて着物を着るようになります。友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様がお勧めです。襲は、縮緬や綸子の赤やピンクの紋織り無地か鹿の子絞りの無垢仕立てにしてそろえるのが正式です。帯は丸帯を用いてかわいらしく着付けてあげましょう。
草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のものになります。
a_btn099.gif
posted by white33 at 18:54 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。