七五三の日程:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の日程

七五三で神社へお参りに行く日といえば、一応11月15日を思い浮かべます。
七五三の風習は、鎌倉時代に公家や武家の子供がそれまで着物を紐で着付けていたものを、帯で着付けるようにする儀式があり、それが室町時代、江戸時代と時を経て大衆文化に広がって、お参りする日付が11月15日と定まったと言われています。
11月15日は、徳川5代将軍の綱吉の息子である徳松の袴着の祝いがこの日に行われたため、七五三が現在でもこの日になったと言われています。
また、七五三の11月15日のお参りの日にちについては、別の設もあります。15日は、28宿の鬼宿日に当たり、鬼が家にいて出歩かない日で何かをするには吉日とされていました。そして旧暦の11月は、穀物の収穫を終え、その実りを祝し、神様に感謝してお祭りする月でもあります。そこで、11月15日に、氏神様へ子供の成長の感謝も併せて、今後のご加護を祈るようになったと言われています。
最近では、七五三も特に11月15日にこだわらず、秋に入って家庭の都合の良い日を選んでお参りする人も多くなってきています。また、地方によっては旧暦の11月15日は今の10月15日に当たるため、1ヶ月早めて七五三参りをするところもあるようです。近ごろ一般的には、七五三参りに行く日付として、10月末から11月末ぐらいまでの土日祝日が最も多いようです。
a_btn099.gif
posted by white33 at 18:52 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。