関東と関西で異なる七五三:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

関東と関西で異なる七五三

関東地区と関西地区では様々な文化・行事に違いがあります。七五三においても関東と関西では赴きが違うようです。
七五三の行事は子供の成長の節目になる年齢にあわせての儀式を行っていたものです。もともと、平安期に公家の間で行われていた儀式が、時を経て、江戸期に庶民の間にも行われるようになったと言われています。
現代行われているような七五三は、江戸期後半に江戸(東京)で始まったとされています。関西には当初、このような行事はなかったようです。現在ほど貸衣装の利用が一般的でなく、七五三では着物を新調する必要があるため、江戸の呉服屋が商売繁盛のために七五三を宣伝し、広めていったという説もあるようです。
七五三が今のように全国的に広まり、関西でも行われるようになったのは、昭和期に入ってからと言われております。
実際に今でも関西より関東の方が、七五三には家族の行事として、力が入っているようです。

関東と関西での七五三参りの違いは、七五三のお参りの仕方にはっきりとした違いがあるようです。関東では七五三の参拝は子供のご祈祷をお願いする人が多いようです。ところが、関西ではお賽銭をいれてお参りして、千歳飴だけを買って帰る人が多いという話も聞きます。

他に関東と関西の違いは、関西では七五三の3歳は男女ともお祝いしますが、関東では女の子のみしかお祝いしないという地域もあるそうです。また、神社で七五三のご祈祷をしてもらう際にお礼を入れる祝儀袋ですが、一般的には蝶結びの水引を用いますが、関西では鮑結びにするそうです。

これ以外にも、七五三の儀式は、地域によってお祝いする年齢や日付などにも、様々な風習の違いがあるようです。
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:24 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。