七五三の5歳のお祝い:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の5歳のお祝い

七五三の祝いで、5歳の時に祝うのは男の子だけになります。
七五三の5歳は「袴着の祝い」と言います。
昔、男の子が5歳になると初めて袴をつけることの祝いの儀式から来ています。
袴着の祝いの儀式は、5歳の男の子を基盤の上に立たせ、恵方を向いて袴を着ける儀式です。七五三が11月15日に行われるようになったのは、江戸時代の徳川5代将軍の綱吉(犬将軍)の息子である徳松の七五三の祝いを11月15日にした事によるとされています。
それまでは、吉日を選んで袴着の儀式を行っていたそうです。

現代でも宮中の儀式として「着袴の儀」が行われています。
七五三の5歳の正式の衣装は、袴を身につけるのはもちろんで、紋付羽織袴が正装になっています。羽二重の五つ紋付熨斗目模様や色紋付の表着とそろいの羽織を合わせます。下着は白羽二重の比翼仕立てで、袴は黒、紺、茶などの無地から選ぶのが良いでしょうね。

子供が羽織袴で正装すると、是非とも、白い扇子、懐剣を持たせて記念写真を撮っておきたいですね。子供の七五三の良い記念となる事でしょう。

最近の男の子の七五三では、3歳は神社へお参りせず、5歳の時だけお祝いをするという家庭も増えているようです。

男の子が晴れ着を着て、家族そろって神社へ行き、子供の成長の感謝と更に、健やかに育ってくれる祈願に、お参りをする七五三は、これからも大切にしたい日本古来の風習ではないでしょうか。
活発で遊びたい盛りの5歳の男の子も、七五三で袴を着けると誇らしく、りりしい顔になっています。

家族そろって神様に子供の成長を感謝し、ご加護をお祈りしましょう。
a_btn099.gif

posted by white33 at 10:05 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。