七五三の3歳の祝い:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三の3歳の祝い

七五三の着付け
七五三の三歳の祝いは「髪置きのお祝い」と言い、男女ともに祝います。 平安時代の風習では、誕生7日目に産毛を剃ってしまい、3歳までは男女とも坊主でおります。3歳から髪を伸ばし始めました。この儀式が「髪置きのお祝い」ということで、この儀式に因んで七五三の3歳のお祝いが行なわれます。 頭を剃髪するのは、昔は病気が髪の毛から入ってくると考えられており、若年での死亡率が高かったので、3歳まで坊主にしていて、3歳まで子供が病気にならず元気に育ったら、そこから髪を伸ばす事にしたそうです。そこで子供の3歳までの成長をみんなでお祝いする習わしが、七五三の3歳の「髪置きのお祝い」なのです。 3歳の七五三参りでは、子供の成長はまだ充分でないので、子供の様子によっては、体調や機嫌の良い日や時間帯を選んでお参りするのが無難でしょうね。無理のない日程で行くようにしないと、子供が愚図って大変になります。 七五三の衣装は、男の子は羽二重熨斗目模様の紋付二枚重ねに兵児帯と袖なし羽織が正式衣装になっています。 女の子は、手早く着せられる被布姿が良いようですね。 着物は綸子や縮緬の型友禅の小紋柄や縮緬の無地、綸子地の絞りなどが被布と合わせやすいでしょう。 七五三の3歳は数え年でお祝いする時や、子供が早生まれの場合は体が小さいため、無理せず楽に着られて、動きやすい服装でお祝いするのが良いと思います。また、写真撮影と七五三のお参りが同じ日だと子供は大変疲れてしまいますので、特に3歳の七五三の時はお参りと、写真撮影の日とを別々の日にすることも「有り」だと思います。 a_btn099.gif
posted by white33 at 11:36 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。