七五三について:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

七五三について

子育てでの行事に七五三があります。お彼岸過ぎから、七五三のことが気に懸かります。
七五三とは、元来、子供の成長を祝い、今後、子供が健やかに成長をしてくれることを祈願するために神社に詣でる行事のことを言います。

七五三というのは、言葉通りに子供が7,5,3歳にまで成長してくれたお祝いをします。
七五三の3歳の祝いは、「髪置のお祝い」と言います。昔の子供はは男女共に3歳までは髪の毛を伸ばさずに剃っていましたので、髪を伸ばし始めるお祝いになります。
七五三の5歳の祝いは、「袴着のお祝い」といいます。男の子が子供用の着物から初めて袴を着るためのお祝いになります。
そして、七五三の7歳の祝いは、女の子が今まで着物は紐で着ていたのですが、その時から帯を締めて着物を着るようになる「帯解きのお祝い」になります。
このように、七五三は子供が3,5,7歳の祝いをするまでに成長できたことを喜び、みんなでお祝いをする日なのです。
また、子供は7歳までは人間でなく神様からの預かり物だと考えられていたことから、七五三のお祝いをする行事が生まれたきたものとも考えられています。
現在と違って、日本も近世までは、貧困や栄養不足などが原因で子供が成人に達するまで生存している確率はかなり低いものでした。
それだけに、子供の成長は喜ばしいことだったのでしょう。

七五三は、昔は数え年の7,5,3歳の時に11月15日に神社へ行き祝詞をあげてもらっていましたが、現在では満年齢でお祝いをする人も増えているようです。
posted by white33 at 08:18 | 子育て|七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。