子育て中の赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て中の赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

子育て中のお母さんの悩みは、秋口から冬にかけて、赤ちゃんの咳、や熱です。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、せきも激しいのが特徴になっています。子育て中の赤ちゃんが咳こんだりすると、赤ちゃんがインフルエンザに罹ったのかなと心配になります。

赤ちゃんがインフルエンザにかかりやすい年齢は誕生後6カ月以降です。罹ると病気は長引きます。季節は大方、冬にかかりやすく、インフルエンザの原因はウイルスの感染です。
インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、ウイルスの種類もいくつかに分かれます。風邪に似た症状が強く出て、ひと冬に何度もかかるということもあります。子育てには赤ちゃんのまわりの感染環境に気にかけないといけません。

インフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重くなって、肺炎や脳症などの合併症を起こす危険性もあるので子育てでも、最も注意してあげないといけません。

インフルエンザ予防としては、予防接種が有効だと言えるでしょう。
インフルエンザの予防接種は、誕生後6カ月から受けることができます。
赤ちゃんに感染させないためには、子育てのためにも。赤ちゃんだけでなく、父親、母親も揃って一緒に接種するのがいいと思います。

急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと3日以上の発熱です。
かかりやすい赤ちゃんの年齢はやはり、誕生後6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。原因は、風邪の延長上で始まることが多く、気管支にウイルスが感染します。
原因の大半はインフルエンザウィルスや、RSウイルスと言われています。肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので、充分に気をつけてあげてください。

風邪をこじらす子育てではいけません。早め、早目の手立てが子育てです。
赤ちゃんに食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給が必要です。
子育てに大事なのは、いつも、注意深く赤ちゃんの状態を見守ってあげることだと思います。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:08 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。