子育てで赤ちゃんの鼻づまりにしてあげること:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育てで赤ちゃんの鼻づまりにしてあげること

子育て中のお母さんが赤ちゃんの鼻つまりに家でしてあげること。

赤ちゃんの鼻づまりのケアでは、まず部屋の乾燥を防ぐことと、鼻の下の肌荒れをケアしてあげることが大切です。赤ちゃんの周りの状態によってケアすることは大事な子育てです。

赤ちゃんの鼻がすっきりしないときは、蒸しタオルを鼻の下に当ててください。タオルが熱すぎるとやけどをしてしまうので、タオルの温度には気をつけてください。
赤ちゃんの鼻に、鼻くそがつまって指ではなかなか取れないときは、綿棒などを使います。無理に取ると鼻の中に怪我をさせることもあり、赤ちゃんもいやがります。そこで、綿棒や、こよりで鼻の入口を刺激させることで、くしゃみを出させます赤ちゃんは動くので、綿棒やこよりを鼻の奥に入らないように気をつけ、特に、目などに入らないように注意してください。赤ちゃんへの気配りが大切な子育てです。

赤ちゃんの鼻水が治まらないときは鼻吸い器を使います。
鼻の中にたまった鼻水は、きれいに取れるので赤ちゃんもすっきりしますね。鼻吸い器は、急に吸うのではなく、少しずつ加減して吸いましょう。

もう一つ、赤ちゃんの鼻の下はこすりすぎないように注意して下さい。
鼻水は、赤ちゃんの敏感な肌がかぶれる原因になるので、こまめにふき取って子育てに手を尽くしてあげてください。
柔らかい布やガーゼをぬるま湯でぬらし、そっとふき取ります。その後乾いた布などで拭いてあげてください。
最後に保湿クリームで肌を保護し、乾燥から守ってあげてください。

子育て中のお母さんが自宅で出来るホームケアを知っておけば、赤ちゃんの鼻が詰まって苦しい状態の時でも、楽にしてあげられます。子育てにはケアのこころでしょうね。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif
posted by white33 at 08:54 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。