子育て赤ちゃんの鼻水や鼻づまり:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て赤ちゃんの鼻水や鼻づまり

子育て中の赤ちゃんが鼻水や鼻づまりになっている時の対処です。
大体は赤ちゃんは、気管が狭いのが原因で、鼻水がつまりやすいものです。鼻がつまっていると呼吸だけでなく、ミルクが飲みづらいので、子育てのお母さんも気がかりです。お母さんは鼻づまりをこまめに取り除いてあげる必要があります。

赤ちゃんが鼻水・鼻づまりがあっても機嫌がよくて、よく眠るような症状の場合は、家で様子を見守っていて大丈夫です。

でも、赤ちゃんが呼吸するのがつらそうだったり、鼻水が緑色や黄色の場合には医師に診察を受けて欲しい症状です。
そして鼻がつまってなかなか眠れなかったり、おっぱいが飲みにくそうな場合も、受診してもらってください。

赤ちゃんに発熱があったり、せき、呼吸が荒いときなどの症状の場合は、診察時間外でも医師の診断を受けるようにしてください。

赤ちゃんの急性鼻炎の主な症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどです。

子育てで気をつけたいのは、かかりやすい年齢の誕生6カ月以降です。冬にかかりやすい傾向にあります。

子育てで病気の予防としては、 部屋の空気を乾燥させないことです。
空気が乾燥している場所は、ウイルスや細菌が粘膜で繁殖しやすい環境になってしまいます。

赤ちゃんの副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は、黄色く粘り気のある鼻水と鼻づまりです。

子育てで気をつけたいのは、かかりやすい年齢の6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。

この副鼻腔炎の原因は、鼻の奥の空洞が細菌感染し、かぜなどの感染症のあとに起こります。
鼻水、鼻づまりだけでなく、頭痛もあります。抗生物質で治りますが、髄膜炎、中耳炎に発展することもあるので子育てのお母さんの注意が必要になります。

子育て中の赤ちゃんに風邪をひかせないことが1番の予防になりますが、お母さんとしては赤ちゃんの鼻の中を清潔に保ち、たまった鼻水や鼻くそを、綺麗に、こまめに掃除してあげる子育てが要ります。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif



posted by white33 at 09:57 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。