赤ちゃんのぜんそくや肺炎:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

赤ちゃんのぜんそくや肺炎

子育て中のお母さんは赤ちゃんの咳が気になります。
赤ちゃんのぜんそくや気管支炎の症状は、たんのからんだ咳が続きます。赤ちゃんがぜんそくや気管支炎にかかりやすい年齢は1〜2才頃で、季節の変わり目にかかりやすくなり、子育てに注意が必要です。
原因となるものは、長引いた風邪により、咳とヒューヒューと言うぜんそくのような呼吸をするようになります。

赤ちゃんの症状を悪化させないためには、部屋からペットの毛やほこりなどを取り除いて、赤ちゃんのまわりを清潔にしてください。
赤ちゃんがぜんそくや気管支炎に一度かかると気管支が敏感になるので注意が必要です。もちろん赤ちゃんの近くでタバコも厳禁で、子育てのほうが大事です。

細気管支炎の症状は、湿ったせきです。呼吸困難になることもあります。かかりやすい年齢は1才未満の赤ちゃんで、冬にかかりやすいと言えるでしょう。

原因はRSウイルスが気管支の末端に炎症を起こし、かぜの症状が急変して呼吸困難になります。
RSウィルスにかかり細気管支炎になったお子さんはほぼ喘息になってしまいます。命に関わることもあるので、風邪と診断されても、呼吸が苦しそうになったら、すぐに医師の診断を受けてください。

赤ちゃんの肺炎の症状は、かぜが長引き、発熱と湿ったせきが特徴です。かかりやすい年齢は3才までで、冬の季節に起こりやすいので子育てに注意してください。

幼い子供の命を守る子育ては、親の責任です。赤ちゃんは、泣いたり、ぐずったりして、お母さんに何らかのサインを出して苦しいことを訴えています。子育て中のお母さんは普段から子供をよく観察し、異変に気がついたら、迷わず医師に診てもらうようにしてください。

赤ちゃんのぜんそくや肺炎はタバコの煙が大敵です。子育て中の家庭にタバコを吸う人がいるならば、よく換気をし、空気清浄機を用意するなどして、赤ちゃんが居心地のいい環境を作る子育ても大切です。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。