赤ちゃんの咳と出来るホームケア:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

赤ちゃんの咳と出来るホームケア

赤ちゃんが咳をしたときに家庭で出来る子育てケアは何があるでしょう。赤ちゃんの咳が出る状態のときは、食欲が落ちたり、睡眠が浅くなったりします。
まず家庭で出来るケアは、室内を加湿し、赤ちゃんの呼吸を楽にしてあげることです。

咳をしている赤ちゃんを抱きあげて、立てに抱いて、背中をトントンしてあげましょう。これだけでも結構、赤ちゃんは呼吸が楽になります。

赤ちゃんがせきで寝つけない時の子育てケアは、上半身の下に座布団などを入れて、寝かせた姿勢から少し背中を立てるようにします。

赤ちゃんの咳が、コンコンと乾いたような咳の場合は、洗濯物を室内に干して、部屋に湿気を与えることもいいでしょう。
子育ての知識として、部屋の湿度の目安は50〜60%と覚えておいてください。お湯を張った洗面器を置いたりして、室内の空気の状態を変えてください。子育てには湿度計や加湿器があれば都合がいいのですが・・・
それでも、一向に赤ちゃんの咳が治まらない時は、赤ちゃんに水分を補給してください。炎症を起こしているのどが楽になります。脱水症状を防ぐためにも水分補給はまめにしてあげてください。

赤ちゃんが咳をしたときの子育てのケアを知っておくことで、自宅でも慌てずに赤ちゃんの子育てケアが出来ます。
私たち大人が咳をしたら苦しいように、赤ちゃんも同じように苦しいのです。

まだ体が充分に発達してない、小さい赤ちゃんの咳は、赤ちゃんの体にも大きな負担がかかります。
子育てとして、当然、自宅で出来ることはしてあげるのですが、それでも、早めに医師に診てもらうことも大事です。

赤ちゃんの咳が風邪だとして、風邪をこじらせると、さらに大きな病気に発展することも考えられます。咳を安易に考えず、赤ちゃんの子育てでの健康管理をしっかりとしてあげてください。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif


posted by white33 at 09:47 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。