赤ちゃんの気になるせき:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

赤ちゃんの気になるせき

子育てをしていて、赤ちゃんがよくせき込むことに気がかりです。赤ちゃんは呼吸器官が未発達なので、これは体の反応で、肺や気管に入った異物を排出しようとするためのせきです。

子育てをしていて、赤ちゃんのせきの症状によって病院に行く、行かないかをお母さんが判断する目安です。

■そのまま自宅で赤ちゃんの様態を見守るせきの症状
軽いせきが続く程度の状態。

■診察時間内に受診する段階のせきの症状
時間と共にせきをする状態がひどくなってきている。
コンコンと乾いた音の咳から、ゴホゴホと湿った音の咳に変わった。
呼吸が速くなってきて、発熱がある。

普段から、体重の増えが少なく、生まれたときから呼吸が速めの場合も医師に相談しておくと良いですね。

■診察時間外でも、受診をしなければならないせきの症状
赤ちゃんがぐったりとし、小鼻を動かすようにあえぐ状態。
せきが治まっているのに、肩で息をしている。
呼吸したときに胸がへこんでいて苦しそう。
ミルクを吐いてぐったりしている。
ヒューヒュー、ゼーゼー、というせきをする。
夜中に犬の鳴き声のようなせきをしている。
激しくせき込んでいる。

■救急車を呼ぶ咳の症状
顔や唇の色が変わってきて紫色になってきた。呼吸困難になっているなど。

赤ちゃんのせきの仕方でも、様々な症状があります。
軽いせき程度であっても、赤ちゃんの様態の変化には注意深く見守っていて、異変に気がついたら、早めに医師に見てもらうようにしてください。

赤ちゃんの風邪の症状としては、発熱、鼻水、鼻づまり、せきなどの症状が見られます。

風邪にかかりやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、季節を問わず風邪にかかることを子育てをする上で知っておいてください。
風邪の原因の多くはウイルスで、その種類は200とも言われています。

子育てで赤ちゃんの風邪からの予防は、風邪がはやっているときの外出を避けることです。
ウイルスに対する抗体が一度感染して出来ても、別のウイルスに感染することがあるので子育てをする上で認識しておかなければなりません。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

posted by white33 at 09:48 | 子育て|乳幼児の病気>せき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。