バイオリン:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

バイオリン

子供 4歳 バイオリン 4ヶ月

バイオリンは弦楽器の仲間で、4本の弦を弓でこすることで音を出します。
バイオリンは実際のところはわかっていませんが16世紀中頃、ポルトガルからの修道士によって日本に伝えられたといわれているようです。

しかし、日本人は明治以降になりようやく本格的にバイオリンを扱うようになりました。

子育てにバイオリンを習わせる人も多く、バイオリンの人気はピアノの次に高く、世界で活躍する日本人も多くいます。

子育てとしてバイオリンを習うなかで身に付くことはいろいろあります。
子育てで音楽の才能を伸ばせることはもちろんのこと、ピアノとはまた違う音感を養います。
また集中力がつき、豊かな創造性・感受性を育むことができます。

目標を持ち、練習をつみ満足感・充実感を積み重ねることにより、自信もついてくるので、理想的な子育てになるのではないでしょうか。

またあるバイオリン教室では、環境づくりは生まれる前から、受けることよりも与えることを喜びとする子になるようにと言う教え方をしています。

その主旨に基づいて、その活動はバイオリンの発表会としてではなく、音楽の喜びを分かち合い、与えたいという態度を養うために老人ホームや病院などでの奉仕としての演奏会が行なわれます。

心の柔らかい子供の頃から音楽を通して人間性を養い、子供たちの人格形成に音楽を役立てることに最大の価値を置く教え方をしてくれるので子育てには有効です。

バイオリンだからこそ、子供の頃からバイオリンを始める場合は初めから繊細な配慮をもって正しい奏法を身につけることが大切なんでしょうね。

子育てとして小さなうちから習うことでたくさんのことを覚えることができます。

大人になっても趣味で続けている人はなんだか素敵ですよね。

バイオリンの音色は人の心を和ませる効果があるので子育てばかりでなく、情緒の安定やストレス解消にも効果を発揮してくれそうです。
関連ブログ
出産に必要なこころとものの準備
七五三を祝う
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。