子育て・薬の使用期限:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・薬の使用期限

薬にも必ず、使用期限があります。
子育てをしていて、子供の急な発熱に対応するのに、冷蔵庫にあった座薬を使おうとします。

が、しかし、何年も前の座薬を使うのは危険です。

子育ての知識として、座薬や飲み薬、注射薬にも使用期限があることを知っておいてください。

薬の使用期限は、保存の状態にもよりますが、未開封の場合、製造してから数年程度のものが多いようです。

座薬の場合、家庭で保管する期限は、約半年程度だと思ってください。
薬が処方される段階では、薬が残ることを意識していません。たまたま残った薬を処分せずに保管していたのですから、残りの有効期間がどれくらいかは、わからないことがあります。

はっきりと有効期間を確認するのなら、薬をもらうときに、薬局で確認して、もらうと良いですね。

錠剤や座薬は、家庭でも比較的長い間、保管しておくことができます。

目薬やシロップは、2〜4週間程度が期限だと認識しておいてください。

また、薬を保管する場所は、温度変化の少ない冷暗所が良いでしょう。
直射日光に当たったり、湿度が高い状態にあると、薬が変性してしまうことがあります。くれぐれも注意が必要です。

保管場所に最適なのは、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中などです。

薬自体はある程度保管ができますが、症状にあわせて薬を服用することことの方が一番大事なことで、処方された通りに薬を服用し、薬を残さないようにするのが本来です。

むしろ、薬が残ったら、その都度処分したほうが、間違えて服用することがなく安心、安全です、そのあたりからも子育てを考えたいですね。

特に子供の場合は、年齢や体重によって、処方する量が大きく変わってくるので、子育てで気を付けたいのですが、子供の薬の服用は、都度医師の処方によったほうが良いのではと思います。
a_btn099.gif
posted by white33 at 10:18 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。