子育て・弟か妹が誕生した時:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・弟か妹が誕生した時

弟や妹が生まれて、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる、という経験は、子供にとってどのように受け止めるのでしょうか?

お母さんにとっても上の子の子育てに大事な経験を迎えることと思います。

まず、上の子は母親の胎内に赤ちゃんが存在することを教えられます。
母親のおなかをさわらせてもらったり、耳を当てたりして、赤ちゃんが母親のお腹に居ることを体感します。そして赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている気持ちを現すようになります。

しかしそこには、子供にとって、複雑な気持ちを抱くことの始まりでもあります。

下の子が誕生することは、徐々に自分だけの大事なお母さんでなくなることが分かってくるにつれて、不安な気持ちが増していきます。

その不安な気持ちを直接お母さんに向けて、はっきりと表現できる子の方が、素直に下の子の誕生を喜べるというものです。

だから下の子の誕生に対して、ぐずったりわがままになることは、心の中にたまった不安を吐き出すという、子供にとってのストレスの発散になっています。

世話がかかるようですが、しっかりぐずれるような子供は、弟や妹というライバルが現れても、少し時間はかかるかもしれませんが、きちんとその不安を乗り越えてくれるので助かります。

逆に、下の子が誕生した時、まったくお母さんに甘えず、あっさりしていた子は、その後、行動面で心配なことが現れる場合があります。

このような子は、誕生した時、うまくストレスを吐き出すことができていなくて、あとあとずっと尾を引いているようです。

子供は、自分は疎外され、愛されていないんだ、と感じているかもしれません。子育てのピンチです。

下の子供の誕生で、上の子供の子育てが終わったのではないのです。
誕生の子供には手がかかりますが、上の子への気配りをする子育てに、手を抜く訳にはいきません。少し子供の行動がおかしいなと思ったときは、思いっきり愛情を与える慰めをしてあげてください。

お母さんの愛情を肌で感じたとき、下の子の存在を認め、お兄ちゃんおねえちゃんらしく、下の子供をかわいがってくれることができると思います。子育ては気配り、気遣いです。
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。